メルセデス新型GLAドライブフィールレポート!

2020マイナーチェンジ【ホンダS660】改良内容と変更点、見積もり紹介

2020マイナーチェンジ【ホンダS660】改良内容と変更点、見積もり紹介

ホンダS660の2020年マイナーチェンジ内容と見積もりの紹介

 

https://www.honda.co.jp/S660/

 

ホンダの人気軽スポーツS660がマイナーチェンジしました!

軽自動車でありながら、本格的なスポーツカーとしての要素を持つ面白味が深いクルマだと思っています。

私はスバル・レヴォーグとホンダ・N-ONE RSに乗っていますが、こういう軽スポーツもプラス出来ると嬉しいなぁとか妄想しちゃいますねw

S660もですけど、ダイハツ・コペンとか軽スポーツは日本ならではセグメントですし、維持費も少なくて済むのが有り難いです。

メーカー的にはあまりメリット無さそうですけど、こういうの造ってくれるホンダやダイハツには感謝!

 

コペンGRも試乗させて貰いましたが、良い仕上がりでした!

 

 

今回はS660の改良前後比較と、私がS660購入するなら?という妄想見積もりを作成して頂いたのでご紹介します。

S660をご検討中の方の参考になれば幸いです。

まずはグレードと価格です。

 

ホンダS660グレード・価格

 

S660は軽自動車なので排気量は660ccターボ、トランスミッションは6MT/CVTが採用されています。

 

β 6MT/CVT ¥2,031,700

カタログ撮影

α 6MT/CVT ¥2,321,000

https://www.honda.co.jp/S660/

Modulo X 6MT/CVT ¥3,042,600

https://www.honda.co.jp/S660/

 

廉価グレードのβ(ベータ)、上級α(アルファ)、そしてコンプリートカーのModulo Xというラインナップ。

単純に走りだけを求めるならβでも充分だと思います。

しかし、クルマを選ぶならボディーカラーも拘りたいかな?と思いますが、グレードで選べるカラー制限があるのは少し残念ではあります。

βだと少ないんですよね。

 

βとαで内装の違いもあります。

https://www.honda.co.jp/S660/

左がα、右がβです。

後程もう少し細かく紹介します。

 

グレード別のボディーカラー設定を一覧にしておきます。

 

グレード・ボディーカラー組み合わせ

※ModuloXはXで記載

ボディーカラー・

採用グレード

カラー画像

モデルはα( S660公式HPより )

フレンチブルーパール

α・X

ナイトホークブラックパール

β・α

アクティブグリーンパール

α

アラバスタ―シルバーメタリック

β・α・X

プレミアムスターホワイトパール

β・α・X

フレームレッド

α

カーニバルイエロー

α・X

 

αでは全カラーセレクトできるんですが、βでは3色、ModuloXでは4色という内容です。

今回新色で登場したアクティブグリーンパールが凄く発色良くてかっこいい。

この色はαでのみセレクト可能です。

 

では改良内容と変更点の紹介に移ります。

 

ホンダS660マイナーチェンジ改良内容

 

改良後のS660をチラッと見ることが出来ましたが、カッコよかったです(^^♪

 

改良・変更内容

 

改良・変更内容を箇条書きしていきます。

エクステリア

●フロントピラーをボディーカラーと同色

●新デザインのアルミホイール採用

●ヘッドライト、サブリフレクターの色変更

●リヤコンビネーションランプの色変更

●フロントグリルデザイン変更

●アクセサリーライト追加(α)

 

インテリア

●ステアリングホイール・シフトノブにアルカンターラを採用(α)

●シートヒーターの採用(α・ModuloX)

●シートアクセントの変更(α)

 

このようになっています。

改良前のS660と比較してみます。

 

●フロントピラーをボディーカラーと同色
●フロントグリルデザイン変更

 

https://www.honda.co.jp/S660/

改良前はピラー部分がブラックでしたが、改良後はぼでぃーカラーと同色になっています。

細かい改良ですね。

フロントグリルも変わってるらしんですが、画像だとわかりませんでした。

 

●新デザインのアルミホイール採用

https://www.honda.co.jp/S660/

 

改良前はホンダらしい手裏剣デザインでしたが、ガラッと雰囲気変えてきました。

デザインはどっちもカッコいいですが、新色のグリーンには新デザインが似合ってますねー。

S660は前後異径タイヤを採用していますが、そこは踏襲されています。

 

 

フロント165/55R15、リヤ195/45R16というサイズ。

YOKOHAMAのADVAN NEOVA、このタイヤはグリップ性能が高いタイヤで乗るとびっくりするくらいのコーナリング性能なんです。

軽スポーツでもMR(ミドシップ、リアドライブ)と本格スポーツのレイアウトを実現しており、タイヤのサイズも拘りを持った設定にされています。

 

●ヘッドライト、サブリフレクターの色変更
●アクセサリーライト追加(αのみ)

https://www.honda.co.jp/S660/

 

ヘッドライトはクリアで統一されましたね。

αのみですが、フォグライトの位置にアクセサリーランプが追加、黒のパネルがボディー同色になってより塊感が演出されている印象。

 

●リヤコンビネーションランプの色変更

https://www.honda.co.jp/S660/

 

改良前は赤色でしたが、フロント同様にリヤのコンビネーションランプがクリアになっています。

https://www.honda.co.jp/S660/

 

こうやって並べてみるとどっちもアリですねー。

もともとかなり完成されたデザインですが、マイナーチェンジ後は少し未来感もプラスされた印象もあります。

しかし、かっこえーな!

 

インテリアですが、

 

●シートヒーターの採用(α・ModuloX)
●シートアクセントの変更(α)

 

 

改良前はステッチでのアクセントでしたが、ファブリックテープに変更されました。

αはコンビシートですが、βはファブリックシートです。

あとは、シートヒーターですね。

私は新潟に住んでますが、シートヒーターよりステアリングヒーターを付けて欲しいと思っちゃいます。

めちゃ寒い時に一番つらいのはステアリングの冷たさなので・・

個人的な感覚かもですが。

 

 

βのファブリックシート、カタログを撮影したんですが結構質感伝わる感じに撮れた気がw

目の粗いファブリックとジャージのコンビになっているみたいです。

βってあまり走ってるのも見ないので、売れ筋はαなんでしょうね。

 

●ステアリングホイール・シフトノブにアルカンターラを採用(α)

 

https://www.honda.co.jp/S660/

 

改良前のパンチングレザーとスムースレザーのコンビから、アルカンターラとスムースレザーのコンビに変更。

 

 

6MT仕様のシフトレバーもアルカンターラが採用されているそうです。

スポーティな演出に力が入ってますね。

 

改良内容紹介でした。

では見積もり紹介です。

 

ホンダS660見積もり紹介

 

私がS660購入するならこんな感じにしたいという希望的観測全開の見積もりを作成して貰いました。

グレードはα、6MTで車両価格は¥2,321,000。

 

α、6MTの見積り

 

 

支払総額は黄色で囲んだ¥3,063,975

かなりオプション追加しているので大台に乗ってしまいましたw

実際はもっと削るわなぁ。

ではいっぱいつけたオプション紹介です。

見積りの工賃込価格とカタログ価格を並べて記載しておきます。

 

オプション紹介

 

 

※( )内の価格はカタログ記載の価格

●フロアマットプレミアム ¥19,690(¥17,600)

●ディスクローター1台分 ¥82,720(¥66,000)

ちょっとこのディスクローターに関しては数が間違ってるのか、1台分の工賃が¥16,500なのか?な部分があるので参考程度でお願いします。

●フューエルリッド ¥29,590(¥27,500)

●7インチギャザズナビVXU192SSI ¥229,295(¥222,200)

●ナビアタッチメント ¥4,400(¥4,400)

●ETC音声ガイドタイプ ¥11,000(¥11,000)

●ETCアタッチメント ¥19,085(¥5,500)

●ETCセットアップ ¥2,200

●ライセンスフレームフロント ¥5,995(¥4,950)

●ライセンスフレームリヤ ¥5,995(¥4,950)

●Moduloスポーツブレーキパッド ¥38,500(¥38,500)

●Moduloサスペンション ¥160,655(¥140,800)

 

このようになりました。

こうやってよくよく見ると、工賃反映されたりされてなかったり?するようにも見えますが・・・

参考程度という事でお願いします(^_^;)

 

 

見積り紹介以上です。

 

今回はS660の2020年マイナーチェンジの改良内容と見積もり紹介でした。

試乗車が配備されるのか微妙なラインですが、試乗出来ましたらレポートもしたいと思います。

最後までご覧頂きましてありがとうございました!

 

 

S660の公式HPです。

 

 

改良前S660ギャラリー

 

カッコいいS660の画像良かったら見て行って下さい。

1家に1台S660あったら皆クルマ好きになるんじゃないかなぁ!なんて(^^♪

 

 

S660 スペック一覧

 

※( )内はCVTモデルの数値です。

駆動方式2WD / MR
トランスミッション6MT(CVT)
ボディーサイズ全長3,395×全幅1,475×全高1,180
車体重量830(850)㎏
ホイールベース2,285㎜
JC08モード燃費16.0(15.2)km/L
最低地上高125㎜
サスペンション 前/後マクファーソン
総排気量658cc
燃料タンク容量25ℓ レギュラー
エンジン最高出力64PS 6,000rpm
エンジン最大トルク104N・m 2,600rpm
最小回転半径4.8m

 

S660 2020 マイナーカテゴリの最新記事