レクサスIS見積もり紹介!

日産新型キックス(Kicks)【グレード・価格判明!】先行情報と画像から内容を考察

日産新型キックス(Kicks)【グレード・価格判明!】先行情報と画像から内容を考察

日産新型キックスの価格やメーカーオプション、ボディーカラー紹介

※2020.5更新・・・色々ご指摘頂いて訂正です。

https://www.netcarshow.com/

 

日産新型キックスの価格と、簡単な先行情報を入手したので報告です!

新型キックスはすでに海外ではデビューしており各国にあったパワートレーンで販売されています。

国内では同社ノートに採用されている1.2ℓNAエンジン+2モーターの「e-POWER」を搭載して登場。

 

 

 

新型キックスの発売日

 

新型キックスは発表が2020.5.18発売が2020.6.3の予定です。

記事書いてる4月上旬段階では見積もりは作成できませんでした。

ベストカー情報ですと、キックスの生産はタイで行われるそうで、タイで製造後国内に輸入するみたいです。

こういうモデルである程度売れてるのってシビックハッチバック位しか思いつきません (^_^;)

 

新型キックス ボディーサイズ・パワートレーン

 

新型キックスのボディーサイズ

 

https://www.netcarshow.com/

 

新型キックスのボディサイズは全長4,295㎜、全幅1,760㎜、全高1,585㎜、ホイールベースは2,620㎜

ジュークのボディサイズが全長4,135㎜、全幅1,765㎜、全高1,565㎜、ホイールベース2,530㎜

全長はプラス160mmホイールベースも90㎜伸びたことで室内空間も拡大しています。

 

他メーカーのライバルとサイズを一覧にしてみました。

他メーカーモデルとのボディーサイズ比較

 

モデル全長全幅全高ラゲッジ容量
日産・キックス4,2951,7601,585400ℓ位?
マツダ・CX-304,3951,7951,540420ℓ
ホンダ・ヴェゼル4,3301,7701,605393ℓ
トヨタ・C-HR4,3851,7951,550315ℓ
フォルクスワーゲン・T-ROC4,2351,8201,575445ℓ
プジョー・20084,3001,7701,540360ℓ

 

キックスのボディーサイズはライバルの中ではコンパクトにまとまっていますが、全高が1,550㎜を超えているので機械式駐車場ではNGになる場面が出てきそうです。

ラゲッジ容量は400ℓ前後が確保できているみたいなんですが、正確な数値は不明。

サイズ感としては、プジョー・2008と近いですね。

2008もFFのみの設定になっています。(アドバンスドグリップコントロールという疑似四駆機能は付いている)

 

https://www.netcarshow.com/

 

新型キックス パワートレーン

 

同社のノートやセレナに搭載されている「e-POWER」を採用して登場。

エンジンの静粛性や振動の低減といったブラッシュアップを施してくるそうです。

ノートe-POWERのスペックを参考までに掲載しておきます。

 

1.2ℓNAエンジンを発電専用として使用し、フロント・リアに設置された2基のモーターで駆動させます。

 

エンジン最高出力79PS 5,400rpm
エンジン最大トルク103N・m 3,600-5,200rpm
フロント モーター最高出力109PS 3,008-10,000rpm
フロント モーター最大トルク254N・m 0-3,008rpm
リア モーター最高出力48PS 4,000rpm
リア モーター最大トルク15N・m 1,200rpm

 

4WDの設定がない!

 

e-POWERは良いのですが、問題はFFの設定しかない事です。

このクラスのコンパクトSUVであれば他メーカーでは4WDが設定されているのが殆どなんですが、キックスには今のところ設定なし。

これでかなりのユーザーが見送ることになりそうです。

 

新型キックス グレード構成価格

 

新型キックスのグレードは2種類。

ベースの「 X 」

内装が上質になり、先進装備が追加できる「 X 2トンインテリアエディション 」

 

それぞれ価格が

X ¥2,759,900!

X 2トンインテリアエディション ¥2,869,900!

このようになっています。

高いのか?安いのか?

 

他メーカーのライバルと価格帯比較

 

他メーカーのライバルとキックスの価格帯を一覧にしました。

 

モデル価格帯・駆動方式
日産・キックス

e-POWER

275~287 万円

FFのみ

トヨタ・C-HR

ハイブリッドモデル

273~299万円

FFのみ

ホンダ・ヴェゼル

ハイブリッドモデル

250~298万円

FF/4WD

マツダ・CX-30

2.0NAエンジンモデル

239~303万円

FF/4WD

スバル・XV

2.0 e-BOXERモデル

265~292万円

4WDのみ

 

価格帯としてもほぼ同じ感じですね。

C-HRもハイブリッドではFFのみですが、ガソリンには4WDの設定があります。

 

装備を簡単にチェック

 

マツダ・CX-30

 

価格帯としては他のライバルと同等なんですが、海外画像を見る限り電子パーキング+オートホールドが付いてなさそう?です。

もしそうであれば、ここは大きなマイナスポイントかも・・・(‘Д’)

 

 

訂正

電子パーキング+オートホールドの装備はあるみたいです!

確かに軽自動車のデイズにも装備されているので新型にも対応させてきますよね。

 

https://www.netcarshow.com/

 

全体的な内装の雰囲気は大きく変わらないと思います。

メーターは一部デジタルで、右側はアナログに見えますね。

 

ホンダ・アコードのメーター

 

ホンダのアコードや、インサイトのような雰囲気。

 

https://www.netcarshow.com/

 

タイで発売されるモデル画像から見ても分かりますが、ヘッドライトはフルLEDにパワーアップさせてくるとの事。

 

 

ディテールが変わっても基本的なデザインは同じなのでどこまで新型感が出るのか、楽しみです。

 

先進・安全装備はエクストレイル並?

 

先進装備ですが、スカイラインのプロパイロット2.0程の機能ではありませんが、エクストレイル並みの先進・安全機能は備えているようです。

 

 

エクストレイルにはパーキングアシストも装備があるみたいですが、キックスはどうでしょうか?

 

新型キックス メーカーオプション・装備関係

 

メーカーオプションについて

 

キックスのメーカーオプションは2種類と分かりやすいです。

A:前席シートヒーター、ステアリングヒーター、寒冷地仕様(ヒ―テッドドアミラー、リアヒーターダクト、PTC素子ヒーター、高濃度不凍液)

税込み¥55,000

B:インテリジェントアラウンドビューモニター、インテリジェントルームミラー

税込み¥69,300

 

この装備のグレードでのオプション設定ですが、

「X」 : A、Bともにオプション

「X 2トンインテリアエディション」 : Aは標準、Bはオプション

になっています。

セットオプションではありますが、ステアリングヒーターが設定できるのは嬉しい!

 

X 2トンインテリアエディションはオレンジタンカラー

 

2トンインテリアエディションにはオレンジタンカラー内装が設定されています。

 

 

先ほども画像でてますが、このようなインテリアになるのではないでしょうか?

この色味は個人的にかなり好きです。

 

新型キックス ボディーカラー

 

キックスのボディーカラーラインナップと価格設定を一覧にしました。

 

ボディーカラー一覧

 

ボディーカラーはどちらのグレードも全てのカラーがセレクト出来ます!

カラータイプカラー名価格10%税込み
2トーンプレミアムコロナオレンジ

× ピュアブラック

¥82,500
ブリリアントホワイトパール

× ピュアブラック

¥71,500
ラディアントレッド

× ピュアブラック

¥55,000
ダークメタルグレー

× ピュアブラック

モノトーンプレミアムコロナオレンジ¥49,500
サンライトイエロー¥38,500
チタニウムカーキ
ブリリアントホワイトパール
ナイトベールパープル
ダークブルー
ラディアントレッド
ブリリアントシルバー
ピュアブラック

 

2トンが4種類、モノトーンが9色で全部で13色の豊富なラインナップですね。

ジュークの時にも設定のあった色が見られます。

 

https://www.netcarshow.com/

 

最後に

 

新型キックスの価格やオプション関連のレポートでした。

海外仕様からレベルアップして、電子パーキング+オートホールド等の先進装備を充実させての登場となるようです。

 

以上です。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

日産新型キックス スペック一覧

 

※パワートレーンの数値は同社ノートePOWERの数値です。

駆動方式2WD/FF
トランスミッション電気式無段変速機
ボディーサイズ全長4,295×全幅1,760×全高1,585
車体重量
ホイールベース2,620㎜
WLTCモード燃費― km/L レギュラー
最低地上高― ㎜
サスペンション 前/後マクファーソン / トーションビーム
総排気量1,198cc
燃料タンク容量― ℓ
エンジン最高出力79PS 5,400rpm
エンジン最大トルク103N・m 3,600-5,200rpm
フロント モーター最高出力109PS 3,008-10,000rpm
フロント モーター最大トルク254N・m 0-3,008rpm
リア モーター最高出力48PS 4,000rpm
リア モーター最大トルク15N・m 1,200rpm
最小回転半径― m

 

 

キックス 2020カテゴリの最新記事