ランドローバー【ディフェンダーX-DINAMICの納車】にお邪魔してきました♪

ランドローバー・ディフェンダーディーゼルマイルドハイブリッドモデルの納車を拝見

 

 

どうもUUです。

今回はクルマ好き繋がりの方の納車にお邪魔してきました!

その方はちょくちょく試乗を一緒にさせて貰っている

「よこてぃんさん」 ←ツイッターリンクになっています。

よこてぃんさん、ディフェンダーご納車おめでとうございます♪

そして今回も取材させて頂きましてありがとうございました!

 

 

よこてぃんさんのディフェンダーは3.0ℓ直6+MHV(マイルドハイブリッド)仕様。

グレードは「X-Dynamic SE」ですね。

ディフェンダーには「5ドアの110(ワンテン)」と「3ドアの90(ナインティ)」が存在しています。

 

ディフェンダー110 全長4,945(スペアタイヤ含まず)
ディフェンダー90 全長4,510㎜(スペアタイヤ含まず)

 

90の方にはディーゼルエンジンのモデルは設定がないので、ディーゼルが欲しい方は110をセレクトする必要があります。

110のディーゼルモデルは人気が高いとの事で、納期が21.6月現在注文で1年近く待つみたいです(^_^;)

その中でこれだけ早い納車って、いつから注文確定してたんです??

新潟では21.6月末にディーゼルモデルのフェアを実施されるそうですが、もし試乗車が配備されるのであれば私も試乗させて頂きたいなと思っていますが・・できるかな?

 

 

 

ディフェンダー2.0ℓガソリンターボモデルのドライブフィールや内外装に関しては以前レポートしているので詳しくはこちらも確認してみて下さい。

ゴツイ見た目に反した素晴らしい乗り心地を体感させてくれました。

 

関連記事

ランドローバー新型ディフェンダー試乗レビュー、内外装レポート  ランドローバーの新型ディフェンダーに試乗させて頂きました!新しいディフェンダー、見た目が凄く良いですよね。未来感[…]

 

ではよこてぃんさんのランドローバーディフェンダー納車模様をレポートしていきます。

ディフェンダー・X-Dynamicの納車を拝見

 

21.6.19(土)この日は朝から雨でした。

新型ゴルフ8の試乗を終えて、新潟のランドローバーへ向かいます。

ディーラーに到着したのが10時過ぎ。

 

 

店舗前にはディフェンダーの90が鎮座しています。

相変わらず良い雰囲気あるなぁ。

 

駐車場で迎えてくれた営業さんに来店の旨を伝えて、店舗内に入ると一番良さげなソファー席へ案内されます。

 

写真はイメージです

 

「めちゃめちゃ居心地悪いやん」と思いながらスマホを見ると、よこてぃんさんからDM。

「今から出発するので店舗到着は10時半過ぎになります」との事。

私が興味があって取材お願いしてるだけなのに、到着時間をちゃんと教えてくれる丁寧な方。

 

お茶を頂きながら暫く待っていると受け付けの方が「よこてぃんさん(勿論よこてぃんさんとは言わないが)あちらの席に来られました」とのことで、合流します。

よこてぃんさんには小さな娘さんがいらっしゃるのですが、その娘さんとお二人で来られていました。

 

よこてぃんさんはジャガーF-typeも乗られてます

 

少しクルマの事や、お子さんの事を話したりして時間を過ごします。

よこてぃんさんは物静かにお話をされる方で、私と同い年なんですが「自分ももっと大人にならないと」って感じます(笑)

 

担当営業さんが来られて別棟の納車スペースへ案内されます。いよいよ納車タイム。

新潟のランドローバーはBMWや併設するポルシェセンターをSKYグループという企業が運営しているのですが、その別棟はBMWがメイン管理している感じですね。

私は何回かBMWにもお邪魔していますが、この建屋に入るのは初めて。

 

その建屋玄関の右側に納車スペースがあり、そこにでっかいディフェンダーが鎮座してるのが見えます。

屋内の入り口から納車スペースに案内されるとそこはクルマが2台位駐車できるようになっており、その手前に車両説明コーナー。

テーブルにはスマートキーや取説が並んでいます。

 

 

ではディフェンダー・X-Dynamicを拝見していきましょう。

 

 

ドーン。

画像では伝わり辛いんですが、ホントにデカいです。

この存在感がディフェンダーなんですよね。

全幅は2,008㎜!!なんと2mを超えてます(^_^;)街乗りには気を使いそうですが、以前レンジローバーの大きなモデルにも乗られていたので運転は問題無さげ。

ボディーカラーはフジホワイトです。

 

 

私身長175センチなのですが、大体のクルマが背伸びするとルーフが覗けます。

でもディフェンダーでは出来ませんでした(笑)

全高も約2mの1,967㎜。

 

 

タイヤはグッドイヤーのオールテレインタイヤ。

ホイール小さく見えますが、これ20インチですからね。

 

 

サイズが255/60R20。

 

 

「サテンダークグレイ」のホイールが武骨感を演出しています。

オフロードなディフェンダーのイメージにピッタリ。

 

 

それにしてもフロントブレーキのディスクとキャリパーが大きいですね。

20インチホイールの内側にパンパンに詰まっております。

これガソリンモデルよりキャリパーが大きい。よりパワフルなディーゼルだからでしょうね。

カタログにはガソリンが「ツインピストンスライディングフィストキャリパー」

ディーゼルが「4ピストン対向2ピースキャリパー」となっていました。

 

 

X-Dynamicになるとホイールアーチモール・ボンネットフード加飾、がピアノブラックに変化します。

 

 

武骨感もあるけど、少し洗練されて都会的なイメージも付加される感じですよね。

ディフェンダーはトヨタのランクルとも肩を並べる本格オフローダーですが、オシャレ感と武骨感の極みミックスで唯一無二かなと。

このグレードはそれをより助長させる装備とオプションが設定されています。

 

 

ホイールアーチモールがピアノブラックなのでボディカラーのフジホワイトとのコントラストが素晴らしい仕上がりでした。

 

 

そこにマットブラックのホイールで質感も抜群に良くなります。

 

 

このクルマのリアデザインも良くて特に、テールライトがめちゃくちゃオシャレ。

 

 

左の2つがウィンカーなんです。

曲がる時これが2つ点いてるのカワイイかった。

バックドアは重いんですが、開閉している時も任意の角度でしっかりストップしてくれるので開き過ぎるとかありません。

閉まる時はイージークローザーで楽々です♪

 

 

ゴツイ牽引フックが左右についています。

牽引は3,500kgまで可能。

 

 

X-Dynamicは黄色矢印部のロアバンパーの色がガンメタになっていますね。

内装にもこのガンメタが取り入れられています。

ピアノブラック部やガンメタ部に穴が空いているんですが、車体下部側に繋がって抜けるようになっています。

最大渡河深度が900㎜あるので、機能性も最大限考慮されています。

 

 

ガソリンのベースグレードではアルミ調シルバーになっています。

拝見中は気付きませんでしたが、「DEFENDER」のロゴもガンメタに変わってそうですね。

 

 

サイド下部には「X-DYNAMIC」のエンブレム。

さり気無く特別感が演出されます。

 

 

外装を拝見していると、スマートキーの受け渡しが始まります。

 

 

ランドローバーのスマートキーごつくてカッコいい!

質感も高いですね。

今回ディフェンダーの納車を拝見して私もがっつり興味が出てきました♪

買えるモデルがあるかどうかは別ですが(笑)

 

 

きれいな花束も用意されています。

そして驚いたのがこちら。

 

 

ディフェンダーみたいにデカいディフェンダーの本!

初回の方の生産分でしか用意されていないそうです。

中身が気になるので拝見したかったー。

ラッピングされていたので流石に見せてくれとはいえませんでした(^_^;)

 

 

私もいつかここで納車されてみたいぞー。

色々頑張ろ。

あと、拝見してて思ったのが、よこてぃんさん淡々と納車の流れをこなされてるなぁと。

かなり色々乗り継がれてきていますし、ジャガーランドローバーのクルマも所有、試乗をされているので説明関係もかなり省略されていました。

これだけの高額車両なので、私だったら浮き足立っちゃうなぁ(笑)

 

 

インテリアも少し拝見。

インテリアはブラック基調でコーディネートされています。

小さいお子様がいらっしゃる事もありますから、普段使い仕様になっているそうです。

 

 

オプションのフィックスサイドステップ(約20万円)が付いているので2歳の娘さんがよじ登って乗車されていました。

「これは大物になる予感」

 

 

ボルトオンされたワイルド感がありながら、細かく見ると数多くのマテリアルで構成された贅沢なドアトリム。

アームレスト部は柔らかいファブリック。ボルトが付いている周りはラバー調の樹脂。

そしてボディーパネルと同等の金属パネル。

中と外の堺が曖昧な感じでラグジュアリーとワイルドさが両立しています。

 

 

外装と同じくドアグリップの加飾がガンメタ仕様になるのがX-Dynamicの特徴。

 

 

ルーフサイドに設けられた天窓が良い感じですよね♪

 

 

プレミアムサウンドシステムは「MERIDIANメリディアン」の物が搭載されています。

後席のスピーカーカバーも専用のメッキカバーにパワーアップ。

 

 

レザーシートのオプションが設定されていますが、このシートが3つのマテリアルで構成された。撥水処理された面白いレザーシートです。

リアシートにもベンチレーションが付いているのでパンチングレザーもあり、型押しレザー、ハニカム柄の型押しレザーで構成され見るからに質感の高い仕立てになってます。

これで耐久性も良いとか反則みたいな良さやん?

 

 

ステアリングのスポーク部に使用される樹脂パーツもブラック。

あと、助手席前に「DEFENDER」ロゴの入ったマグネシウムパネルが付いていますが、それもブラックですね。

 

 

外観同様に内装もメリハリが効いていますね。

 

 

よこてぃんさんが運転席に乗り込みいよいよ出発です。

お子様のチャイルドシートも取り付けて一気にファミリー仕様になります。

ステアリングのパワー調整はX-Dynamicでは標準装備。

 

 

新開発の3ℓ直6ディーゼルターボ。

300PS 650Nmを発揮。

今回の改良で48VのMHEVが採用されています。

この日試乗したゴルフ8も48VのMHEVが1.5ℓガソリンターボと組合わせられていましたが、初期加速のモーターアシストによる上質感の演出がされていました。

 

 

このディフェンダーの直6ディーゼルはMHEVとの組み合わせでどのような走りなのか?めちゃくちゃ気になります!

 

 

納車スペースのシャッターがゆっくりと開きます。

 

 

やっと正面から撮影できましたw

ポジションランプもまたお洒落だ。

 

 

ゆっくりとディフェンダーX Dynamicが前進します。

 

 

外に出ると改めてその迫力が分かりますね。

そして王者感が半端ないです。

 

 

これは所有満足度が相当高そうですな。

 

 

最後に挨拶して下さり出発されました。

 

 

しかしデカいw

駐車場に停まるすべてのクルマが小さく見えます。

 

 

よこてぃんさん、ディフェンダーご納車おめでとうございます。

そしてありがとうございました。

良きディフェンダーライフをお過ごし下さい。

また機会ありましたら乗せて下さいw

 

 

以上ランドローバーディフェンダーの納車にお邪魔してきたお話でした。

素晴らしいクルマの納車を拝見すると自分も頑張ろうと改めて思えます。

ではまた!