VW新型T-Roc価格・装備差紹介!

BMW 新型 3シリーズ 320iMSport 試乗しました。FRセダンの醍醐味を体感!!

BMW 新型 3シリーズ 320iMSport 試乗しました。FRセダンの醍醐味を体感!!

新型3シリーズ グレードや装備 エクステリア ドライブフィールをレポート

 

となりに現行のツーリングが並んでいたので撮影させてもらいました。こうやって見ると結構変わってますね。

 

新型の3シリーズに試乗させて頂きました!

今回は320iの装備紹介やエクステリアやドライブフィールのレビューをしていきます!!

 

 

試乗車は320iのM Sport 価格¥5,830,000の車両です。

これに

デビューパッケージ ¥306,000

コンフォートパッケージ ¥114,000

BMWジェスチャーコントロール ¥69,000

が付いた車両となっています。

BMWは安全装備が標準装備なのでそれらのオプションが必要ないのが良いですね!

でも、ヘッドアップディスプレイはオプション¥132,000でした。ちょっと高額です^_^;

 

 

グレード構成と価格紹介

 

とてもシンプルな構成となっています。

320iSE(受注生産)8速AT¥4,520,000
Standard¥5,230,000
M Sport 今回の試乗グレード8速スポーツAT¥5,830,000
330iM Sport8速スポーツAT¥6,320,000

こんな感じですね。

330iはエンジンスペックが高出力なものになっています。

 

 

今回の試乗車320i MSportのコミコミ価格で約¥650万円程となるそうです。

高いですが素晴らしいクルマでしたので、ブランド価値含めて納得できますね。

この320iのエンジンスペックは日本専用とのこと(゜o゜)

 

 

パッケージ内容の詳細です。

 

デビューパッケージ¥306,000

 

●19インチMライト・アロイ・ホイール・ダブルスポーク・スタイリング791Mバイ・カラー(ジェット・ブラック)

フロント・225/40R19タイヤ、リヤ255/35R19タイヤ

●センサテック・インスツルメント・パネル

●アッシュ・グレーブラウン・ファインウッド・インテリア・トリム / パール・クローム・ハイライト

●ヴァーネスカ・レザー・シート(ブラック、ブルー・ステッチ付)通常はブラックステッチ

このような内容になっています。

内容を画像で確認します。

●19インチホイールがかっこいい!

 

 

この19インチのホイールはめちゃかっこいいですね)^o^(

シンプルですがしっかりと高い質感と存在感が感じられます。

●本杢パネルが選択できる

 

 

通常はアルミニウム・テトラゴン・トリム / パール・クローム・ハイライトとなります。

今回の新型3シリーズはラグジュアリーな路線に振っているとの事なので本杢をMSportでも採用してきています。

先代では設定のあったラグジュアリーグレードは、出るとするとシートと見た目だけの差になるのでしょうか?

●ヴァーネスカ・レザー・シート通常はブラックステッチ

 

通常はブラックステッチだそうですが、初期のデビューパッケージ付車ではブルーステッチとなるそうです。

 

■コンフォート・パッケージ¥114,000

●オートマチック・トランク・リッド・オペレーション(オープン/クローズ)

●ストレージ・パッケージ

12V電源ソケット(センターコンソール後端、トランク・ルーム内、2.1A USBソケット、シートバック収納、収納ネット、荷物用フック)

●HiFiスピーカー・システム(205W、10スピーカー)

このようになっています。

●ハンズフリー トランクリッド

 

 

スマートキーを携帯した状態で、リヤのロアバンパー下で足を軽く動かすだけでハンズフリーでトランクリッドの開閉が可能です。

●ストレージ・パッケージ

 

センターコンソール後端、トランク・ルーム内、2.1A USBソケット、シートバック収納、収納ネット、荷物用フック

 

●HiFiスピーカー・システム(205W、10スピーカー)

 

 

通常のスピーカー数は6つとなっています。

オーディオシステムはサウンド・パッケージでharman/kardonサラウンド・サウンド・システム16スピーカーを選択することも可能です。

サウンドパッケージはM sportのみで設定できるようになっています。

 

次はスペックを紹介します。

 

試乗車のスペック

 

今回の試乗車320i MSportのスペック一覧です。

 

燃費はJC08で15.2km/Lとの事です。

全長が70㎜伸びた

 

全長が先代の4,645㎜から約70㎜延長されホイールベースで40㎜ほど大きくなっています。

この恩恵は後席の居住空間に大きく寄与されていました。

 

 

身長175センチの私のドラポジに合わせて膝前空間がコブシ2つ分ほどありました。

ゆったりとくつろげる感じになっていて、セダンらしいおもてなしの部分もレベルがあがっているようです。

全幅は25㎜プラス

 

 

全幅は大きくなりましたが、25㎜なので取り回しに苦労が出るといった印象はなかったです。

エクステリアでレビューしますが、リヤビューはこの25㎜の恩恵を大きく受けていると感じました。

日本専用の320iエンジンスペックがちょうど良い

 

一番上のグレード、330iのエンジンスペックは最高出力190PS、最大トルク400N・mとなっています。

320iは国内でのストップ&ゴーが多い環境速度制限を考慮して専用チューニングされたものになっていてBMWの力の入れようが分かりますね。

 

 

実際街中を走らせると、必要充分プラス・αなパワーで全く不満は無かったです。

 

続いてエクステリアのレビューに移ります。

 

新型 320i エクステリア レビュー

 

ボディーカラーはポルマティオ・ブルー¥90,000の有償メタリックペイントのエクステリアをチェックしていきましょう。

 

フロントビュー

 

 

パッと見て思うのはかっこいい!っていうのと、グリルが大きくなったな!ですね(^^)

キドニーグリルと呼ばれるBMW伝統のグリル形状ですが、キドニーは腎臓という意味です。

以前は真ん中で分かれて2つの穴だったので今の状態は完全に腎臓ではなくなったかもしれませんw

現行のツーリング(ワゴン)とフロントを比較してみました。

 

 

グリルを縁取るメッキパーツも大きくなり、スポーティーな印象を与えるボンネットフードの処理も廃した現行は、少しラグジュアリー路線に振った感じですね。

グリル内部の縦縞の本数も決まっているのでしょうか。どちらも8本になっていますね。

 

 

現行のグリルから中が全く見えなくなりましたね。

グリルの中が見えすぎという意見はチラホラ見ていましたし、メーカーもユーザーの意見を汲んだ形でしょうか。

どちらも新旧それぞれ良いなと思いますね。

ヘッドライトにアダプティブLEDヘッドライト(ALH)が採用

 

 

3シリーズにも※ALHが付きました(^^)

※ALH・・・対向車や障害物を検知して部分的に照度を自動調整する機能の付いたLEDヘッドライト

イカリングと言われたリング形状のデザインではなくなりましたが、このヘッドライトもかっこいいです。

リングではなく、半円形状くらいでしょうか。

下部の切り欠いたようなデザインは最近流行ですね。アウディでも採用されていました。

 

ヘッドライト後端にロゴ入り

 

ALHはベースグレードのSE以外で標準装備となっています。

しかし、ヘッドライトに先進感が出るほど重厚感が薄れていくと感じてるのは私だけでしょうか?

デジタル感強いとどうも趣きが無くなっていく気がして寂しさがありますね。

330iにはレーザーライトも設定可能

 

https://www.netcarshow.com/より

 

330iのみではありますが、※1 イノベーションパッケージ¥223,000を付けると※2 BMWレーザーライトに変更できます。

ヘッドライト内部に青いラインが入るのが特徴的ですね!先進感が出てます。

※1・・・■BMWレーザーライト■BMWヘッドアップ・ディスプレイ■BMWジェスチャーコントロール のセット

※2・・・レーザーモジュール付LEDハイ / ロービーム、LEDフロント・ターン・インジケータ、BMWセレクティブ・ビーム、LEDコーナリング・ライト、ハイビーム・アシスタント

 

 

フォグライトユニットの周辺もしっかりと塗装され質感の高さを確保しています。

バンパーの形状なんかも凝っていて細かいラインがありますね。

 

 

ロアグリルにに設定されている丸に近い形状のこの物体はセンサーのユニットだと思われますが、鏡面仕上げのようになっていて結構目立ちます。

若干気になりますね。

 

 

サイドビュー

 

 

FRセダンならではのスタイリングが全開ですね!

シャープなサイドのプレスラインと、ボディーパネルの抑揚の組み合わせですごくメリハリが感じられます(^^)

 

 

スタイリッシュでスポーティー。

引き締まったボディーで、無駄な肉のないアスリートのようなサイドビューに惚れ惚れします。

フロントサイド

 

 

FRセダンらしくフロントのオーバーハングは短く動力性能の高さが滲み出てます。

ノーマルでタイヤハウスの隙間が狭いのが良いですよね。

欧州のメーカーはこういうところも魅力的です。

 

 

M Sportの18・19インチのタイヤですと冬場のチェーンは装着できないそうです。

 

 

M Sportのロゴがカッケーw

リヤサイド

 

 

ルーフラインがリアの短いデッキラインを経てトランクスポイラーになっていくんですが、このR具合が素晴らしいなと感じますね。

めっちゃ風が切れそうです)^o^(

サイドスカートの前後方の終わり方なんですが、少しねじりが加えてあるデザインとか、拘ってるなぁ。

 

 

スポイラー無でこの反り返り形状です。製造技術の高さもうかがえます。

あとサイドから見てもわかるリヤのコンビネーションランプの立体感が面白い。

 

リヤビュー

 

 

リヤビューも秀逸ですね。

全体のフォルムが台形形状になっていてドッシリ感の表現が素晴らしいです。

最後地面と接地するリヤタイヤの幅が255㎜だという事も効いていますね。

 

 

先代と大きく違うなと感じたのがこのドッシリ感で、全幅が少し大きくなった効果を最大限に利用出来ているように思います。

一クラス車格が上がったような風格を感じられるリヤビューではないでしょうか。

 

 

かっこえーな!!

スバル・レガシィB4の国内撤退のニュースがありましたが、このデザインを見るだけで厳しいなと感じちゃいます。

 

 

是非トヨタ・クラウンには頑張ってもらいたいです。

同じFRセダンとして3シリーズはかなりガチンコライバルですし、意識してると思います。

クラウンのRSグレードではウィンドウモールもブラックアウトするところなど、明らかにBMWの感じですよね。

 

 

サイドでも書きましたがこの立体感w チューブ形状にリヤからサイドまでグルッと巻くようになっていますね。

 

 

左右2本だしマフラーのフィニッシャーも質感高いです。

ロアバンパーもガンメタカラーの塗装が施され外観では無塗装の部分がほとんどないですね。

 

 

黒いボディーカラーが見てみたいですね(^^♪

このリアのコンビネーションランプと相性がすごく良さそうです。

 

 

エクステリアのレビューは以上です!

 

続いて動的質感のレビューです。

 

新型 3シリーズ ドライブフィールをレビュー

 

今回の試乗コースは一般道を割と長めに走れるコースで起伏も体感できるコースになっていました。

途中で大き目の橋を渡るシーンもあり、気持ちの良いドライブコースでした(^^♪

 

 

 

気持ち良く決まるドライブポジション

 

 

新型の3シリーズはシートの着座感がめちゃ良い!Msport専用のスポーツシートの形状が良く出来ています!

シートは低い着座位置が可能になっていて、Msportなのでシートバック、クッションともにサイドサポートの張り出しもあり、リラックスできながらもきっちりとした体勢が取れる感覚がありました。

点ではなく面で受け止めるシートになっています。

スポーティなセダンとして申し分ないですね)^o^(

 

 

それに加えて足元のレイアウトもカンペキと言って良い仕上がりだと思いました。

アクセルペダルは勿論オルガン式で、個人的にトータルの着座感で1番良いと思っていたマツダ・アテンザと同等もしくはそれ以上ではないかと思います。

今回の試乗車320iのエンジン出力は日本のストップ&ゴーの多い運転環境に合わせてチューニングしてきたというだけのことはあり、ペダルレイアウト等の最適化も高次元で対応しているんだなと感服しました(^^♪

 

 

ドライブポジションはいつもここで終わりなんですが、今回はステアリングも入れさせてくださいw

 

BMWのMSportで採用されている専用のステアリングのレザーの質感、握り心地が最高です\(^o^)/

クッションがたっぷり入ってる感じでグリップした時に手に馴染むというか、こっちが握ってるんですけど、吸い付いてくるような感覚があって素晴らしいステアリングです。

エクステリアもMSportがかっこ良いんですが、「シート形状とステアリングだけでも新型3シリーズを買うならMSportではないか」と思いましたねw

 

BMW X2 MSportのステアリング

 

ステアリングデザインは新型3シリーズから?なのか、変更になっていました。

ここは”旧デザインの方が洗練された美しさを感じられた”のでちょっと残念なポイントです。

質感は新デザインの方が良いですね(^^)

 

FRセダン代表のドライブフィールは秀逸

 

 

センターコンソールに移動したエンジンスタートボタンを押して2.0ターボエンジンを始動します。

始動音、アイドリング音は少し聞こえますが、こもった感じもありませんしクリアな音質で聞こえてくるので不快感はありませんでした。

シフトレバー横のスイッチを解除して8速ATを操作するシフトレバーをドライブに入れます。

素晴らしいグリップ感のステアリングを握って試乗に出発です!

 

 

ディーラー駐車場を出るためにステアリングを左に切ります。

これだけで新型3シリーズの良さがかなり分かります。

FRのクルマは少ない舵角でクルマがスッと向きを変えます。

 

 

これは勿論後輪駆動の恩恵なんですが、新型3シリーズはその良さをものすごく感じさせてくれます。

今回の試乗車はオプションの19インチを履いていたので余計かもしれませんが、回頭性の高さが低速だからこそ感じ取れる部分もあってこれはレベルがかなり高いと出足から思いました。

 

 

一般道に出て前に車もいなかったので、加速していきますがアクセルレスポンスの良さも際立ちます。

アクセルに足を置いて「少し加速したいな」と思って踏むと間髪入れずにポンと車が前にグイッと出ますね)^o^(

 

 

320iのエンジンスペックでトルクが300N・mを超えてきましたが、この体感は数値以上のものがあるように思います。

ZF社製8速ATとの躾は素晴らしいです。

非常に低い回転域でもアクセルの踏み込みも少なく、ステアリングの操舵量も少なく、でもクルマは思ったように扱える、そんな感じです。

スゴイですよ、新型3シリーズ(^^)

 

 

乗り心地は?

 

乗り心地は基本的には悪く無いですね。

新潟の道は割と荒れた路面が多く、細かい凹凸もあるので、常に凹凸を拾っている感覚はあります。

しかし揺すられることはなくフラットライドを感じられます。

でもさすがに19インチは少し硬く感じる方もいらっしゃいそう^_^;

 

 

おしりに軽くノックされてる程度で疲れる所まではいきませんが、コンコンと言った感じでショックは伝えてきます。

車体剛性がしっかりしていることが前提になりますが、シートが体をホールドしていること、座面部分のクッションが最適に出来ているのでしょうね(^^♪

ロングドライブを下道でするとさすがにしんどいとは思いますw

標準の18インチになれば激変して良くなりそう?な乗り心地の感覚でした。

 

19インチはちょっと硬いで

 

今回は前回レビューした1シリーズの営業さんとは違う入社1年の若い方でした。

その方とお話しながら試乗していると同乗試乗アルアルから3シリーズの凄さが体感できました!

交差点にさしかかる寸前で「あ!ここ曲がって下さい!」と言われて左折。

これはお話しながら試乗していると良くアル事です。

 

 

さっと左にウィンカーを出し(間違えてワイパー操作しませんでしたw)、左にステアリングを切るクイックなハンドリングに車両は苦しげもなく回頭、高い一体感と自分が中心で回転している感覚をロール感なし!でこなせてしまいました )^o^(

これはFFのクルマではなかなか体感できない感覚です。

さすがBMW\(^o^)/

 

 

少し上り坂になってアクセルをさらに踏みますがエンジンがうなる事もありません。

トルクフルというかほんとスムーズに加速します。

 

乗り味が少し薄くなった?

 

素晴らしい切れのハンドリング・加速なのですが、試乗中盤から感じてきたのが ”乗り味の濃さ” までスッキリしてしまっているかな?ということです(゜-゜)

素晴らしいクルマである事は間違いないのですが、接地感なのか?何か薄いように思います。

標準の18インチになると印象はまた違うかもしれません。

 

 

ドライブモードはエコタイプを少し試しましたが、メーターの色が変更になる感じで特に走りの印象が強く変わるといった感じではなかったですね^_^;

 

 

新型の3シリーズの動的質感がしっかりと感じられて良い試乗になりました。

 

まとめ

 

新型3シリーズのエクステリアと試乗のレポートをご覧頂きました。

 

 

やはり良く出来たFRの車のハンドリングは気持ち良いです )^o^(

スパッと交差点を曲がっていくときや、緩い長いカーブを曲がっていくときに感じる独特のフィーリングが素晴らしいですね!

FRである事、車体の重量バランス・剛性の高さ、ホールド性の高いシート、これらが全て揃っていないと実現できないドライブフィールが新型3シリーズにはある!と感じました。

 

 

一方でもっと運転したい!と感じる高揚感があまり出てこなかったですね(・・?

これは完全に好みだと思いますが、道路との接地感が少し薄く感じて”濃い”乗り味ではないような気がしました。

普段何を乗っているかで変わってくる感覚だとも思います。

どちらにしても新型3シリーズ、すごく良いクルマですので是非試乗して頂きたいですね \(^o^)/

 

 

買える、買えないもありますが、良いモノを知っておくというのは自分の価値観を育ててくれます

クルマは高い買い物です。

いつもの自分の価値観だけで選択するとそれ以上に良い、自分に合っているクルマに気づくことが出来ないかもしれません。

このブログが後悔の少ないクルマ選びの一助になると嬉しいなと思います。

 

しかし後ろ姿かっこいいわ

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

次回も読んで貰えると嬉しいです。

 

BMW3シリーズの公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

 

3シリーズ 2019カテゴリの最新記事