プジョー新型2008発売!

【比較レビュー Part2】選ぶなら三菱ekクロス?日産デイズ?お奨めのモデルや装備はこれ!

【比較レビュー Part2】選ぶなら三菱ekクロス?日産デイズ?お奨めのモデルや装備はこれ!

三菱 ekクロス・日産 デイズ エクステリア・インテリアレビュー

 

 

三菱ekクロス・日産デイズを試乗してきました!

試乗車紹介

 

車名グレード・エンジン駆動方式リアサスペンション
日産デイズ
X・NA2WD・FFトーションビーム式
三菱ekクロス
T・ターボ4WDトルクアーム式3リンク

この2台に乗ってきました。

 

先回は安全・先進装備の比較や、ドライブフィールのターボとノンターボでの違いなどレビューしました。

前回のレビューです。別ウィンドウで開きます。

 

 

安全装備ではホンダのN-BOXとの比較では若干の見劣りはありますが、軽自動車としては充実した内容です。

走りは、やはりターボですね。NAエンジンはトルク感が乏しくエンジン音も大きかったのでお奨めするならターボかなと思っています。

 

 

今回はエクステリア・インテリア比較です!

ekクロスとデイズの見た目の比較として分かりやすい画像も用意してレビューしていきますよー)^o^(

まとめとしてお奨めのグレードや装備をご紹介しますね。

 

途中で辛口レビューが入るので、ご理解頂ける方はご覧になって下さい。

 

三菱 ekクロス 日産 デイズ エクステリアの違い・共通点は?

 

三菱ekクロスと日産デイズではエクステリアにどのような違いがあるのか比較してみました。

同じ生産ラインで製造されるので共通点も多くコストを抑えるメリットがあります、しかしそれ故残念なポイントもあります。

 

デイズでお奨めであるターボエンジン搭載のモデルは、ハイウェイスターと呼ばれるスタイリッシュなグレードになるので、そのモデルとekクロスとを比較してみましょう。

 

フロントビュー比較

 

注※画像は完全に同じ比率ではありません。

 

三菱ekクロスと日産デイズで一番大きく違うのがこのフロントフェイスです。

ボンネットフードまでは共通のように見えますが、微妙にちがうかな。

その下からはガラッと表情が違います。どちらの顔がお好みですか??

 

ekクロスは三菱のデザインフィロソフィーのダイナミックシールドが採用され先日ビックマイナーチェンジしたデリカD5と良く似ています。

デリカと比較するとこんな感じです。

 

 

薄いヘッドライトや大きなその下のライト関連のユニットなどタフでダイナミックな顔になっていますね。

このekクロスの突き抜けた感じが個人的には良いな!と思います。

 

一方デイズのハイウェイスターですが先代と比較するとよりワイド感が強調されたフロントになりました。

先代ハイウェイスターの画像です。

 

 

こちらが新型。

 

グリルも日産車のデザインが取り入れられています。

ヘッドライトも力強さが増してより高級感も感じられる)^o^(

デイズのXとハイウェイスターも比較しときます。

LEDヘッドライトになると、目力がアップしますね。

 

 

Xの顔も良いんですが、ハイウェイスターでないとインテリアのグレードアップオプションが選択できないので痛い所です。

詳細はインテリアのレビューでお伝えします。

 

サイドビュー比較

 

 

サイドビューを比較してみると、ボディーパネルはほぼ共通です。

下のデイズはノンターボモデルなのでホイールが14インチですね。

ekクロスは15インチのかっこいいホイールになっています。

また、SUV風仕立てとなっているのでサイドスカートが黒い塗装になっていますね。

ここで少し気になるポイントがありました(゜-゜)

 

注意!?ekクロスのホイールアーチモール

 

悲しいことにekクロスのタイヤ上部のモール部分は樹脂パーツではなく、ただのシートになっていました^_^;

 

上手い事貼られてますけどね。

ちょっと表面がザラッとしたシートです。

 

パッと見では分かりにくいですが、一度気づくと萎えてしまう方も多いかもしれません(゜-゜)

デイズと共有部品が多く使われているのと、車体の幅も規格いっぱいなのも原因だと思われます。

同じSUV風でいうとダイハツのキャスト・アクティバはちゃんとした樹脂モールになっています。

 

ダイハツ公式HPより

 

ここはちょっと残念なポイントかなと思いました。

パジェロミニとかそういうクルマじゃないから割り切りがあっても仕方ないでしょうか(^^)

 

 

ekクロスはルーフレールをメーカーオプション¥27,000で装着可能です。

雰囲気が出て良いですね(^^♪

これは勿論デイズでは選択できません。

 

リアビュー比較

 

 

リアはバンパーの形状やシルバーモールが付くなどekクロスの方が密度感を感じられますね。

その他リアのコンビネーションランプ、ルーフスポイラー等も共通です。

 

 

ekクロスのインパクトの強いフロントフェイスですと、もう少しフロントに負けない表現が欲しいですが・・・難しいかな^_^;

 

ではインテリアに移りましょう。

 

日産 デイズ・三菱 ekクロス インテリア紹介

 

標準のインテリアカラーがイマイチ?!

 

今回この2台を見て一番残念に感じたのが、インテリアですね。

個人的な感覚もあるので、あくまで参考程度にお考えください。

 

インテリアはデイズ・ハイウェイスターの標準内装と、ekクロス・Tの標準内装の比較です。

 

内装で大きく違うのはファブリックのパターンのみです。

この色味が先行情報など見ていて不安だったのですが、やっぱりかーという感じですね。

 

ekクロスのインテリア

 

ブラック基調の中に暗いブルーは個人的に合わないと思うし、古臭く見えるんです^_^;

共通モデルならではの難しさでしょうか?

インパネのパーツ等は質感良いモノも採用されているだけに余計勿体ないですね!

ドアトリム

 

 

ドアトリムで違うのもファブリックの部分のみです。

メッキ処理されたインナードアハンドルはグレードで違ってきます。

 

それぞれの前席見え掛かりです。

 

こちらがデイズ・ハイウェイスターの標準インテリア

こちらがekクロス

 

光の当たり方で青さが違って見えますが、実際はデイズの青さはekクロスまで行きませんが、もう少し明るいです。

両車の色味等同じである事を理解して頂いたうえで、インテリアのレビューをしながら違いなどを紹介していきます。

 

フロントシート

 

 

ドライブフィールでも書きましたが、シートの着座感は良かったです。

ファブリックはデイズがブロック・ekクロスは三角パターンのものになっていました。

 

うーーん、古くさい(しつこくてごめんなさい)

 

ステアリングとメーター

 

 

こちらはACC・アラウンドビューモニター付のekクロスのステアリングです。

パドルシフトの設定は両モデルともないそうです。

同じ装備になればデイズのステアリングも同じです。

 

 

こちらはデイズ X グレードのステアリングです。

Xにもプロパイロットエディションはありますので、そのグレードを選択すれば同じステアリングスイッチが右側につきます。

 

 

メーターのデザインも共通です。

中央のインフォメーションディスプレイにACCの作動状況やその他情報が表示されます。

 

ekクロスでのみ選択できる装備がある

 

インテリアではekクロスでのみ選択できる装備があります。

日産ではSOSコールが選択できるのと同じで、ekクロスのみでセレクト可能なものがこちら

デジタル ルームミラーが選択できる!

 

 

これも軽自動車初の装備ということです。確かに見たことありません!

私のレヴォーグも付いてるんですが、それより画面も大きくて高精細w

こちらは、デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)+マルチアラウンドモニター(移動物検知機能付)¥91800のメーカーオプションとしてGグレードから装備できます。

画面の切り替えですが

 

↓↓↓

 

下のツマミを押すと普通のミラーと同じように使えます。

デイズ・ekクロスともに少しずつオリジナルの機能を備えています。

 

インパネの質感は良い

 

デイズのインパネ

 

色味やファブリックは別として、素材の質感は良いですね。

ステッチ風形状付のソフトパッドが助手席前のインパネ全体に使用されています。

 

 

インパネのアップです。軽自動車のインパネでここまで質感追求されたクルマは少ないと思います。

 

 

メーターフードにもソフトパッド、ステアリング右側もしっかりと使用されています。

 

エアコンパネル・シフトレバー周辺

 

ekクロス

シートヒーター、ekクロスは標準

 

エアコンパネルはピアノブラックのタッチパネルで質感は悪くないです。

シフトレバーはウレタンでした。

ここでまたekクロスのみですが、シートヒーターの設定があります。デイズにはメーカーセットオプションで寒冷地仕様¥24,840で選択可能です。

座面のみを温めるタイプですが、ekクロス全グレードで標準装備となっています。これは嬉しいですね。

 

 

軽自動車に電子パーキングブレーキとオートホールドです。

ついに時代もここまできたかw

オートホールドは便利な装備ですので、これが軽自動車にも付いたことは大きなトピックですね)^o^(

 

ホンダN-WGNと少し比較

 

 

エンジンスタートスイッチです。スイッチ周りの波紋のようなデザインが何とも微妙です・・・^_^;

 

N-WGNはかなり質感高いです。

 

こちらはホンダN-WGNカスタムのエンジンスタートスイッチです。

質感や色味でスイッチ周辺はN-WGNの方が質感は高く見えます。

前席全景の比較画像もどうぞ。

 

 

上がekクロス、下がN-WGNです。

内装のソフトパッド使用で質感の高さはekクロスが伝わってきます^_^

N-WGNはピアノブラックパネルや、メッキ加飾の点数が多く上手く見せているなと感じますね。

同じ価格帯でもまた雰囲気が違います。

 

どちらも同じノンスライドドアのハイトワゴンなので、一度比較されてみるのも良いかもしれません。

N-WGNは近々フルモデルチェンジを控えているので選べるグレードは限られそうですが・・

 

 

インパネ画像比較していて気付いたのですが、ホンダのNシリーズには高速充電対応のUSBスロットが付いてくるグレードが多いです。

この高速充電対応のUSBスロットはekクロス、デイズでは設定がありません。普通のUSBスロットはオプションで付けることはできます。

質感だけでなくこういったユーティリティーの面も考慮が必要かもしれませんね。

 

 

こちらはデイズXのシフトレバー下のスペースです。大きなBOXとアクセサリーソケットが付いています。

 

助手席側の収納

 

 

こちらはデイズのXグレードの助手席側のインパネです。

この色ですとより質感が高く感じられます。

 

 

グローブBOXは2段式の収納になっていました。

上が引出タイプのもの。

 

 

その下がガバっと下に開くタイプです。このデイズはここに車検証が入っちゃってましたが・・

 

 

助手席側のドアにも収納が付いていまして、ここに車検証を入れることができます。

これはスゴイw

 

 

助手席下にはトレイもあります!!

デイズ・ekクロス共通ですが、前席の収納の多さは素晴らしいですね\(^o^)/

では後席見てみましょう。

 

後席スペース

 

 

後席のドアはポケットタイプのグリップとドリンクホルダーのみの収納になっています。

軽自動車の後席はドリンクホルダーの方が使い勝手が良さそうな気もします。

 

 

後席の足元スペースはかなり広いですね。

スライド式のシートになっていますが、この状態は一番後ろに引いた状態です。

分割スライド出来るとさらに良かったですね(^^)

 

 

座ってみると果てしなく広がる膝前の空間!!w

めちゃくちゃ広いです。N-BOXに負けてない広さが確保されています。

着座感も悪くはなかったですが、座面が少し短いかもしれません。

 

 

シートバックポケットが運転席、助手席のどちらにも設定がなく助手席の背面上部にメッシュポケットの設定がありました。

ここは少し寂しいですね。

後席に見切りを付けたかな??

 

ラゲッジスペース

 

 

通常のラゲッジスペースはこれくらいの広さが確保されていて、ちょっとした買い物は充分ですね。

ekクロス、デイズは後席がスライドできるので一番前方までスライドすると

 

黄色部のレバーで前後スライドします。

 

これくらいの広さになります。

およそ200㎜くらいでしょうか、かなりスライドしますので容量の確保が可能ですね。

一番前方までスライドした時の後席足元は

 

 

こんな感じになります。これでも充分なスペースがありますので、ラゲッジスペースを最大に使っても後席に人が乗る事も可能です。

 

 

後席背もたれを倒すと荷室床面と100㎜弱の段差が発生します。

黄色○部分は少し気になった部分です。

後席シートを前方にスライドした状態で後席ドアを開けるとこの隙間から車体のパネルがもろ見えです。

細かい所ですので気にされない方には関係ないと思いますが、一応お知らせを^_^;

 

以上でインテリアのレビューを終わります。

 

ekクロス・デイズ 比較レビューまとめ

 

全2回で比較レビューをしてきました。

最終的にどのグレード・装備がお奨めかを決めるという話でやってきましたが、試乗して色々検証した結果を報告します。

 

ekクロスお奨め&オンライン見積もり結果紹介

 

乗り味からターボモデルがお奨めなのと、三菱なので4WDということでw

Tの4WD ¥1,765,800です! )^o^(

公式HPのオンライン見積もりでお奨め装備等もつけて作った見積もりがこちら。

 

三菱公式HPより

 

¥2,425,213!!

たっけー!!

少し解説すると、安全装備は標準なのですが、ACCやオートホールドの先進機能はオプションなのでそれらを全て付けた見積もりとなっています。

これらを省くと¥243,000が引かれますが、内装のプレミアムインテリアパッケージ¥54,000はなるべくおススメしたいですね。

 

三菱公式HPより

 

シートもベージュの合皮コンビシートになりますし、室内の上質感もかなり向上します。

ブラック内装ではデイズとの違いも分かりづらいですので(^^)

ekクロスほど個性の強いエクステリアであれば内装もなるべく上質にした方がバランスも取れるような気がします。

 

デイズお奨め&オンライン見積もり結果紹介

 

ekクロス同様、ターボですが2WDのモデルでACCやオートホールドが標準で付いてくるグレード。

ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディション(2WD)¥1,647,000を選択!

公式HPのオンライン見積もりでお奨め装備等もつけて作った見積もりがこちらです!

 

日産公式HPより

 

¥2,159,694!!

ん?ekクロスより安いな??

ekクロスにはデジタルインナーミラーが別オプションであったり、インテリアのオプションがデイズより高い設定なこともあり少し割高に感じますね。

ターボである事や、装備を考えても実際少し高いのかもしれません。

迫力のあるフロントフェイス分が上乗せになっているでしょうか??

 

日産オリジナルのSOSコール¥32,400・あとekクロス同様インテリアのプレミアムパッケージ¥32,400もお奨めしたい装備ですね。

 

日産公式HPより

 

このようにインテリアが上質になります。

 

最終的に価格を見て思うのは、ACC+電子パーキングブレーキ+オートホールド付きの軽自動車が低い価格で乗れるデイズがお奨めになるような気がしますw

ekクロス、デイズ購入で悩んでいる方の背中を押せるのか、悩ませるのか良く分からない感じになりましたが、色々見て楽しくクルマ選びをして欲しいなという思いです。

以上で三菱ekクロスと日産デイズの色々比較レビューを終ります。

 

最後までお付き合いありがとうございました。

次回も読んで貰えると嬉しいです。

 

デイズの公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

ekクロスの公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

eK クロス 2019カテゴリの最新記事