マツダ・MX-30の最新情報!

【比較レビュー Part1】選ぶなら三菱ekクロス?日産デイズ?それとも?お奨めのモデルや装備を考えてみた。

【比較レビュー Part1】選ぶなら三菱ekクロス?日産デイズ?それとも?お奨めのモデルや装備を考えてみた。

三菱ekクロス 日産デイズ 装備・ドライブフィール比較編

 

三菱ekクロス

日産デイズ

 

2019年3月末に発売された新型三菱ekクロスと、日産デイズに試乗して内外装や走りを確認してきました!

先代までは三菱のekシリーズが日産にOEMされデイズとして販売されていました。

しかし今回は少し開発の内容が変わっています。

 

デイズXのリアビュー

 

生産は先代モデル同様岡山県水島工場で行われるそうですが、エンジンが日産とルノーの0.8ℓのエンジンを660ccの軽自動車規格まで引き下げたものが使われているとの事。

つまり三菱と日産の協業で開発・生産されています。

また内装や装備に関しても日産のノウハウもかなり盛り込まれていると営業さんがおっしゃっていました。

このような違いはありますが、見た目は違っても中身は同じクルマです。

 

デイズ、ekクロスともにマイルドハイブリッド搭載

 

所々で辛口なコメントがありますので、ご了承頂ける方のみ続きをご覧ください<m(__)m>

 

 

三菱 ekクロス 日産 デイズを色々比較してみる

 

今回は日産デイズのNAエンジン・FFのモデルと、三菱ekクロスのターボ・4WDのモデルに試乗させて頂きましたので比較しながらレビューしていこうと思います。

先に結果を言ってしまうと、乗り比べてみてお奨めしたいのはターボエンジンモデル+できれば4WD!です\(^o^)/

もちろん乗り味が良かったからというのが大きい理由です。

ekクロス、デイズには標準装備ではないですが、時速30㌔から対応のACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)やオートホールドという目玉機能もグレード別やオプションで付ける事ができます。

 

 

この2台は先進装備を充実できるのが魅力ですが、他社ライバルと比較すると「どうかな?」というポイントもあるわけです。

単純に新型が気になる方も、見た目・内装の細かい質感を軽自動車でも妥協したくない、という方にも参考にして貰えると嬉しいです。

 

全2回でお届けしますが、最終的にekクロス、デイズでお奨めのグレード・装備等も決定しご紹介しますので是非目を通して、参考にして頂けると嬉しいです。

 

では安全・先進装備の紹介と比較です。

 

ekクロス・デイズの安全・先進装備をライバルと比較

 

今の新型車といえば安全装備がどうか?という所に関心が高い方もいらっしゃると思います。

なので軽自動車で安全装備で先を行く、ホンダN-BOXと一覧にして比較してみました。

安全装備・先進装備 比較一覧

※車線逸脱防止機能等、比較のため細かく類別していません。詳しくはディーラー・HPにて確認をお願いします。

○:標準 △:グレード・オプション ×:設定なし

機能名称ekクロス・デイズN-BOX
衝突被害軽減ブレーキ

自動車 時速10~80㌔で作動

歩行者 時速10~60㌔で作動

 

自動車 時速10~100㌔で作動

歩行者 時速10~100㌔で作動

 

歩行者事故低減ステアリング× 設定なし

時速10~40㌔で作動

前方誤発進抑制機能

時速25㌔以下で作動

歩行者検知付

時速10㌔以下で作動

後方誤発進抑制機能

時速15㌔以下で作動

時速10㌔以下で作動

車線逸脱警報システム

車線逸脱防止支援機能

時速60㌔以上で作動

時速60~65㌔以上で作動

先行車発進お知らせ×設定なし
交通標識認識機能×設定なし
オートハイビーム
ACC

アダプティブ・クルーズ・コントロール

時速30~100㌔で作動

時速30~?㌔で作動

電子パーキングブレーキ×設定なし
ブレーキオートホールド×設定なし

 

このようになっています。

先行車発進お知らせ・交通標識認識機能などが標準装備のN-BOXは、安全装備に関しては分があります。

しかし、電子パーキングブレーキやブレーキのオートホールド機能はN-BOXでは選択できません

グレード別、またはメーカーオプションではありますが、ekクロス・デイズの強みですね!

ではこれらの先進装備を装着する条件を紹介します。

 

三菱 ekクロス にACCやオートホールドを付けるには?

 

三菱ekクロスはGグレードからメーカーオプションの※先進快適パッケージ¥70,200で装備が可能です。

※MI-PILOT+電動パーキングブレーキ+オートホールド+ステアリングスイッチ(MI-PILOT)

Mグレードでは色々なオプションが設定できないので実質購入するならGからが良いと思います。

 

日産 デイズ にACCやオートホールドを付けるには?

 

日産デイズはプロパイロットエディションというパッケージ付のグレードで選択。

もしくはメーカーオプションで、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)+ステアリングスイッチ+電動パーキングブレーキ+オートブレーキホールド+プロパイロット86,400で設定が可能です。

設定できないグレードもありますので細かくはディーラー・HPで確認お願いします。

 

 

ekクロスのオプション価格¥70,200とデイズのオプション価格¥86,400はインテリジェント アラウンドビューモニターの価格分ですね。

 

Xグレードでは防眩ルームミラーですが、

 

プロパイロットエディションや、オプションを付けた場合はアラウンドビューモニター付のルームミラーが設定されます。

日産のディーラーオプションナビを設定すればナビ画面に表示されます。

このような違いですね。

また日産デイズのオリジナルで新しい機能が設定されています。

 

日産 デイズ には専用の SOSコール(ヘルプネット)が設定できる!

 

日産公式HPより

 

これはレクサス筆頭にトヨタや新型MAZDA3でも採用されている、繋がるクルマ一部機能がデイズでも設定できるようになりました!

SOSコールのオプションとして¥32,400で選択できます

体に持病をお持ちの方や、高齢の方には嬉しい機能かと思います。

詳しくは下のリンクの公式HPで記載されていますので参考にしてください。

 

 

ekクロス・デイズの安全・先進装備の紹介でした。

 

続いてターボエンジンとノンターボのドライブフィール比較をしてみます。

結構違いがありました^_^;

 

NAとターボエンジンのドライブフィールの違いは?

 

ではドライブフィールを紹介します。

私は過去にホンダ・N-ONEのNAエンジンモデルを所有していました。

そして現在はN-ONEのターボモデルを所有しています。

なんで続けてN-ONE?という方はこちらをご覧ください。

別ウィンドウで開きます。

 

 

その2台や今まで試乗した他社モデルとの比較等も交えてお伝えします。

 

N-ONE PLEMIUM NAエンジン

N-ONE RS ターボエンジン

試乗車紹介

 

車名グレード・エンジン駆動方式リアサスペンション
日産デイズ
X・NA2WD・FFトーションビーム式
三菱ekクロス
T・ターボ4WDトルクアーム式3リンク

2WDと4WDではリアのサスペンションに少し違いがあります。

日産 新型デイズ X ドライブフィール

 

 

まずはノンターボのデイズXグレードからです。

素直なハンドリング

 

試乗して感じたのは素直なハンドリングだなという事。

思っていたよりも追従性が高く、コーナリングでは素直な挙動を感じさせてくれました。

というのも先代のekワゴンに代車で乗ったことがあるのですが、結構ステアリングが重かったのです^_^;

個人的に重くても良いのですが、それだけではなくアンダーステアが強くて曲がらないw

とても運転がし辛いという先代のイメージは、今回の試乗で覆りました(^^)

 

シートは座面の薄さもなく、ランバー部の適度な張り出しもあって特に不満はありませんでした。

エンジン音が気になる

 

しかし、気になったのがエンジン音です。

軽らしいと言えばそうなのですが、発進加速からブゥィィィンとガサツなエンジン音が結構な音量で聞こえます。

巡航中は落ち着いた音になりますが、再加速・坂道でもその音が発生しあまり好ましいものではありませんでした。

N-ONEのプレミアムも音は大きかったですが、それと大差はないと感じましたね^_^;

パワーも他社と比較しても普通

 

パワー感も普通の軽自動車のNAのもので特別パワフルではありません。

途中坂道でアクセル踏むシーンもありましたが、もっさりしていてスムーズに進まなかったです^_^;

他社のNAエンジンの方がもう少し、静かにパワフルに回ると感じました。

特に同じマイルドハイブリッドを搭載している点ではスズキ・ハスラーはもう少しパワフルでしたね。

 

スズキ・ハスラー特別仕様車ワンダラー

 

ブレーキングは初期制動が軽自動車としては良かったです。

あくまで軽自動車としての範囲内ではという評価です。

 

簡易インプレになりますが、デイズのNAエンジンモデル・FFに乗った感想です。

約10分ほどの試乗でしたが、NAエンジンのモデルに関してはあまり良い印象ではありませんでした。

 

続いて4WD+ターボモデルの三菱ekクロスのドライブフィールです。

NAとは全然違いました^_^;

 

三菱 新型ekクロス T ドライブフィール

 

先代まであったekカスタムが無くなり、ekクロスが誕生しました。

発進加速が良い!

 

NAエンジンでは気になった加速のもっさり感はターボモデルでは皆無でした。

これはかなり大きな差だと思います。

私のN-ONE RSと比較しても遜色のない加速感を得られました)^o^(

マイルドハイブリッドの恩恵かアクセルを踏んだ一踏みでグッと前に出るので街乗りでは有り難いですね!

これにより余計なアクセルの踏み込みが軽減され燃費の良さにもつながりそう(^^)

 

 

加速時のエンジン音は気になる、しかし

 

発進直後の加速時にNA同様のエンジン音が大き目で聞こえます。

しかし、スピードにのってしまえば静かなもので、特に素晴らしいのがロードノイズが小さい事です。

最低地上高が155㎜と若干高めの設定であることも好影響かもしれませんが、ここは感心しました。

NAエンジンでは常にエンジン音が気になってロードノイズに気が回らなかっただけ?^_^;

 

 

乗り心地も良い

 

これはNA・ターボに共通しますが、適度にコシがあってしなやかな足回りの印象で乗り心地が良かったですね。

特に4WDモデルは交差点等でのコーナリングで安定した挙動でロール感が少なく気持ちよく曲がれたのが印象的でした。

 

以上ドライブフィールのレポートでした。

上記ドライブフィールから私のお奨めはターボモデルとさせてもらいました!

 

比較レビューPart1 まとめ

 

新型の三菱ekクロスと日産デイズを色々比較しています。

 

 

先進装備がオプションやグレード別ですが選択できる点はとても良いと思いますね。

電子パーキングブレーキはホンダのN-BOXから派生したモデルのN-スラッシュでは採用されていました。

しかし、ブレーキのオートホールドは軽自動車で初です!

安全装備は現行のN-BOXと比較すると少し物足りないですが、標準で付いてきますしここも評価できると思いました。

 

 

走りはNAとターボでの比較となりましたが、ここはターボがお奨めと思いますね。

金額的に10万円程の差額がありますが、走りの満足度でいくとそれ以上の価格差があるように感じました。

ここは是非乗り比べてもらいたいです。

 

以上でekクロス・デイズの装備・ドライブフィールの比較レビューを終わります。

 

次回はekクロス・デイズのエクステリアとインテリアの比較レビューをします!

インテリアでは少し辛口になりそうですが、見て頂けると嬉しいです。

 

デイズの公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

ekクロスの公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

eK クロス 2019カテゴリの最新記事