レヴォーグ今までありがとう!

新型!!【三菱 エクリプスクロス試乗レビュー】Part3後席・ラゲッジの使い勝手を検証!

新型!!【三菱 エクリプスクロス試乗レビュー】Part3後席・ラゲッジの使い勝手を検証!

※2019.10.29更新

三菱エクリプスクロス 後席・ラゲッジのレポート

 

Part2で三菱新型エクリプスクロスの内装、前席のレビューをしました。

エクリプスクロス関連の記事がこちらです。よろしければご覧ください。

 

 

今回は後席からラゲッジルームまでレビューをしたいと思います。

三菱エクリプスクロスは三菱復活の起爆剤だけに見所がたくさんありますね。

試乗車として用意していただいたのは

4WDG Plus Packageというグレードで現段階では1番上のグレードになります。

車両価格¥3,095,280~となっています。

 

 

エクリプスクロス スペック一覧

 

メーカーHP参照お願いします。

別ウィンドウで開きます。

 

 

三菱 エクリプスクロス インテリア 後席・ラゲッジルーム レビュー

 

それでは後席のドア内側から見ていきます。

 

 

後席上部の材質ですが、ソフトパッドかハードプラか確認し忘れました。

このクラスではリアドアの質感は割り切られていることが多いので、注意が必要です。

中央は前席同様ジャージ素材。ドアアームレストはステッチ付の合成皮革ではなく

やわらかい素材になっていて少し割りきりが見られます。

 

このドアアームレストも前席と同じ仕様にしておいてくれると嬉しかったです。

ピアノブラックのウィンドウスイッチパネルはディーラーオプション¥15,811(工賃込)です。

通常はカーボン調のパネルになります。

 

 

こちらは展示車の前席になりますが、リアドアのウィンドウスイッチパネルもこちらのパターンになります。

このウィンドウスイッチパネルのディーラーオプション¥15,811(工賃込)は個人的には付けたいですね。

ではリアシートを見ていきます。

 

 

リアシートもフロントシート同様ファブリックの表皮です。

シートの座り心地はヴェゼルやCH-Rのライバルと比較しても良好だと思いました。

運転席を身長175センチの私のドライビングポジションに合わせてある状態でシートに座ると

 

 

クリアランスは結構ありますね。こちらはリアシートが1番後ろまでスライドした状態です。

なんと三菱エクリプスクロスリアシートをスライドできるという嬉しい機能が付いています!

ミニバンや7人乗りSUVでは当たり前に付いている機能ですが、5人乗りのSUVでスライドできる車は珍しいのではないでしょうか?(

未確認ですが、確かアウトランダーと共通のプラットフォームだったような気がしたのでその恩恵もあるのかもしれません)

 

ここで少し残念なのが運転席のシートバックにポケットが無い点。

これもささいなことですが、あると嬉しいです。

リアシートは200㎜スライド出来るそうで1番前までスライドさせてみました。

 

 

なかなかのスライド量ですよね。実際ここまでスライドさせると人が乗るのはきびしいと思いました。

しかしこの機能により3.4人乗車時でも少しラゲッジを広く使いたい時に便利です。

シートアレンジのパターンも豊富ですね!

センターコンソールの後端にアクセサリーソケットが設定されています。これもあると嬉しいですね。

 

 

次にリアシートの背もたれは9段階でリクライニング可能とのことでこれも検証してみました。

こちらが1番倒した状態

 

 

それをリクライニングして起こしてみると

 

 

隣の背もたれとこの程度の段差が発生しました。

乗員の姿勢のバリエーションも増えますがラゲッジの使い勝手にも一役買ってくれそうです。

リアシートには後席用のアームレストも完備

 

 

ドリンクホルダーも設定されており文句なし!

個人的に後席のドリンクホルダー付きアームレストは重要な部分です。

便利機能満載ですね!エクリプスクロス、この内容だけでも十分、購入に値する車ではないでしょうか。言い過ぎでしょうか?

続きましてラゲッジを見ていきます。

 

 

ラゲッジの開口幅も十分に確保されています。

ラゲッジの荷室幅は約1000㎜ サイドポケットのところで最大1330㎜。

開口部の地上高は未確認ですが、高めなので大きい荷物は少ししんどいかもしれません。

リアシートは最後端にしてあります。

 

 

HPにはリアシートを最前端にした常態でラゲッジ容量が448ℓと記載されていますので、最後端にすると400ℓ弱でしょうか。

これは一般的なCセグハッチバックのラゲッジ容量と同等ですので普段使いには十分耐えられるものだと思います。

リアシートを倒すと

 

 

フラットにはなりませんね。大きな家具を積みたいということでもない限りは問題なさそうです。

しかし車中泊はかなりしんどいかもしれません。

リアシートを倒した状態でどれくらい角度がついているか確認しました。

 

 

これくらい斜めってます!参考にしてください。

ラゲッジアンダーBOXを確認してみます。

 

 

ピントがあってませんね。申し訳ありません。

結構広いラゲッジアンダーBOXになっています。

なかなか立派なラゲッジボードです。ラゲッジボードの裏は異音対策済みです。

 

 

このあたりの配慮は嬉しいです。

ラゲッジルームの手前の両サイドは深めのサイドポケットになっています。

 

 

このポケットが両サイドに設定されています。

さて一通り新型エクリプスクロスの内装を見てきましたが、いかがでしたでしょうか。

使い勝手の面でも多機能で、嬉しい装備が多いなと思います。

 

 

クーペSUVというジャンルですと見た目重視になりがちかと思いますが、ホンダのヴェゼル以上に使い勝手の部分も優れているのではないかと思いました。

では次回は動的質感とドライビング装備の使用感、安全装備についてレビューしたいと思います。

よろしければ次回もチェックお願いします。

 

エクリプスクロス 2018カテゴリの最新記事