レヴォーグ2.0STISport試乗レポート!

新型!【三菱エクリプスクロス試乗レビュー】Part4動的質感編1.5ℓターボエンジンの評価

新型!【三菱エクリプスクロス試乗レビュー】Part4動的質感編1.5ℓターボエンジンの評価

※2019.10.29更新

三菱エクリプスクロス1.5ℓターボ ドライブフィール

 

Part3で三菱新型エクリプスクロスの内装、後席・ラゲッジルームのレビューをしました。

エクリプスクロス関連の記事がこちらです。よろしければご覧ください。

 

今回はPart4、エクリプスクロスの動的質感、安全装備についてレビューします。

今までのレビューで記載し損ねたことも補足していきます。

試乗車として用意していただいたのは

4WDG Plus Packageというグレードで現段階では1番上のグレードになります。

車両価格¥3,095,280~となっています。

 

 

エクリプスクロス スペック一覧

 

メーカーHP参照お願いします。

別ウィンドウで開きます。

 

 

 

三菱 エクリプスクロス 動的質感、安全装備 レビュー

 

三菱独自の4WDシステムS-AWCを搭載した新型エクリプスクロスの走りを確認します。

運転席のドアを開けて乗り込みます。フロントドアの質感良いですね。

内装編で記載し損ねた内容としてドアの開閉フィールですが、ここは少し残念なところで、

思ったより良い音ではありませんでした。もう少し重厚感が欲しい所。

 

 

先に書いてしまいますが、ウィンカーの操作感も少し軽めでしたね。リレー音は良かったので、ここも重厚感があると良かったです。

着座してエンジンスタートボタンを押しエンジンを始動させます。すぐに感じたのが静粛性の高さです。

エンジンルームからの音はしっかりと遮断されています。しかし全く音が聞こえないというわけではありません。

良い車に乗っているなという感覚を持つことができますね。

試乗車はメーカーオプションのサンルーフ¥124,200が設定されていました。

これは男の憧れ装備です!

しかもパノラマルーフ仕様です。

 

 

こちらは後席からの画像です。

シェードはどちらも電動で開閉できます。

フロントのみチルト&スライドが可能になっています。

季節の良い時は爽快なドライブが出来そうですね。夏場の暑いときなど換気するのにも効果的な印象があります。私はサンルーフ付の車を所有したことがないのであくまで印象です。

チルト&スライドした写真は撮り損ねました。シェードを開けると

 

 

こんな感じです。解放感ありますね!

では試乗レビューに戻ります。

電動パーキングブレーキを解除しゆっくりとアクセルを踏みながらディーラー駐車場を出ます。

左にウィンカーを出しステアリングを切って感じたのが車が挙動するまでの遊びの多さです。

これはもう少し早めに応答が欲しいかなと思いました。SUVという車の特性上は致し方ない部分ではあるのでしょうか。

 

 

このステアリング操作に対する車の応答は好みもあると思います。気になっている方は是非試乗してくださいね。

片側2車線の幹線道路を走らせてみます。アクセルを踏んで驚いたのがアクセルの開度に対する反応の良さです。

三菱エクリプスクロスは1500ccのガソリンターボエンジンを搭載しています。

このエンジンが2000回転から最高トルクを発生します。

この2000回転は最近のターボエンジンとしては割と高い回転数の設定でしたので少し踏まないとスピードがのらないかと思っていたのですが、良い意味で裏切られました。

三菱エクリプスクロスは車重が1550㎏と決して軽くはありませんが、加速感は2300~2400ccのNAエンジンの物だと感じました。

それくらい自然にスムーズにトルクが立ち上がりスピードがのっていきます。

8速スポーツモードのCVTとの相性とセッティングが良いのでしょう。アクセルの開度が少なめで済むので燃費にも良さそうですね。

今回の試乗では道が混んでいたので試せませんでしたが、もう少しアクセルを踏むとどんな感じになるのか試してみたかったです。残念。

三菱エクリプスクロスはGからHUD(ヘッドアップディスプレイ)が装備されています。

これは任意でボタンを押すと運転席メーターの上にディスプレイが立ち上がり、そこに車速などが投影されるというものです。

HUD立ち上げボタンはステアリング右側

 

 

この各安全装備関係のボタンが設定されているなかで

 

 

真ん中のHUDと書いてあるボタンを押すと、

 

 

電動で蓋がゆっくり開いて出てきます!先進的ですが他メーカーでHUDを装備している車はフロントガラス照射タイプに切り替わり始めています。マツダのCX-5・8あたりですね。

実際私も試乗中に試しましたが私のメガネと相性が悪かったのか、ぼやけて見えてしまいすぐにまた格納しました。HUDの見え方は上の画像でHUDボタンの両サイドのボタンで調節できるようになっています。

三菱エクリプスクロスはアイドリングストップも標準で装備されていますがアイドリングストップからの復帰も静かでなんの違和感もなくすぐスタートできました。

走りながら足回りの動きと車の挙動を感じてみましたが、本当にフラットな乗り心地です。スポーティーな印象が強い三菱エクリプスクロスですが、18インチのタイヤを履いているのに硬さを感じさせません。サスのセッティングもうまく出来ているのだろうなぁと感心してしまいました。そこで残念なのがステアリングに対しての車の反応です。もう少しダイレクトに車の挙動が反応してくれると文句の付け所がなくなるかも。

ステアリングが軽いのでどなたでも運転しやすいメリットもあるのかな。ステアリングにダイレクト感求めると重めの味付けになりますから、クーペSUVのターゲット層とは外れるのかもしれません。

 

 

道が混んでいたのでスピードは上げれませんでしたが、窓側からの遮音も良好です。ロードノイズは少し入ってきますが、嫌な感じは皆無です。18インチタイヤなので高速走行になると状況は変わるかもしれません。

カーブや交差点からの再発進もスムーズです。CVTのギクシャク感はありません

今回の試乗ではあまりS-AWCの機能を試すところまでいきませんでしたが、街乗りでも楽しく運転できに仕上がっていると思いました。

ここで試乗レビューは終わります。

 

次に安全装備のグレード別装備について表を載せておきますので参考にしてください。

三菱の安全装備関連はe-Assistと呼ばれています。

●=標準 △=メーカーオプション       e-Assist一覧

MG G Plus Package金額
衝突被害軽減ブレーキシステム● ● 
車線逸脱警報システム(約60キロ~作動)● ● 
レーダークルーズコントロールシステム

(渋滞時先行車追従機能付)

● ● 
誤発信抑制機能(前進&後退時)約10キロ未満で作動● ● 
後側方車両検知警報システム

(レーンチェンジアシスト機能付)

後退時車両検知警報システム

△ ● ¥54,000

カタログを見て簡単にまとめていますので、詳細が気になる方はディーラーかHP等でご確認ください。

 

エクリプスクロスの安全装備はG Plus Packageで他社のライバルと同等になりそうですね。

渋滞時の追従機能があるので、ヴェゼルよりは良いようです。安全装備はあれば嬉しいですね。個人的には無くても問題はありません。

それよりも年配の方や女性が乗る率の高い軽自動車になるべく高性能な安全装備が搭載されることを望みます

なので各メーカー様、安全装備をオプション扱いするのはやめましょう。

 

三菱エクリプスクロスのレビューまとめ

 

今回エクステリアから動的質感まで細かくレビューしてみましたが、改めてこのエクリプスクロスはかなりの実力を持ったとても良い車に仕上がっています!

特に良いなと思ったのが、1.5リットルターボと8速スポーツモードCVTの組み合わせ。

これは是非一度店頭にて試乗してみて欲しいと思いました。

フロントシートの出来も良かったですね。

さらに使い勝手の多様性、内装の質感などイイネ!ってところがとても多かったです。

私がこの三菱エクリプスクロスを購入するのであれば、G安全装備と、サンルーフのメーカーオプションを付けると思います。

今回試乗に対応いただいた東日本三菱自動車販売 新潟西店のスタッフの方々ありがとうございました。

 

 

最後に

ここまで読んで頂きありがとうございました。

私自身ブログを始めたばかりですので、手探り状態で進めています。

もし写真がみたい車見積もりが知りたい車などありましたら、ご希望にお応えできるようにしますのでコメント欄からお気軽に、ご依頼くださいね!

 

では次回も見てもらえると嬉しいです。

エクリプスクロス 2018カテゴリの最新記事