RAV4 PHV見積もり、装備差紹介!

新型!!【三菱エクリプスクロス試乗レビュー】Part1エクステリア編 かなりかっこいい!これは売れそう!

新型!!【三菱エクリプスクロス試乗レビュー】Part1エクステリア編 かなりかっこいい!これは売れそう!

※2019.10.29更新

 

色々問題のあった三菱自動車ですが、今後の命運を占う新型が発売になりました。

久しぶりの新型SUV【エクリプスクロス】に試乗してきましたよ。

三菱自動車復活の役割をになう車の出来は私の予想を超えて良いものでした!

 

まずはスペックです。

 

メーカーHP参照お願いします。

別ウィンドウで開きます。

 

 

 

三菱 エクリプスクロス エクステリア レビュー

 

試乗車として用意していただいたのは

4WDG Plus Packageというグレードで現段階では1番上のグレードになります。

車両価格¥3,095,280~となっています。

ボディーカラーはブラックマイカです。

ボディーカラーは全部で8色展開。

 

 

 

まず正面から

 

 

三菱のアウトランダーから始まったと記憶してますがデザイン文法である

ダイナミックシールドが全面的に反映されていて、かっこいいと思います。

三菱エクリプスクロスの全幅は1805㎜と最近のSUVでは比較的一般的なサイズです。

クーペSUVのライバルであるトヨタC-HRやホンダヴェゼルなどより少し大き目のサイズです。

パッと見た感じの印象ではかなり大きく見えます。デザイン的な視覚効果でしょうか。

次に斜め前からの画像です。

ヘッドライト下からフォグランプの下まで回り込んだメッキ加飾が目を引きます。

 

 

ヘッドライトはLED。グレードの M に関してはハロゲンになります。

外装、内装ともにそうですが、Mに対してGから上で装備内容に差があるので購入するのであればGからになるのかなと思います。

LEDフォグユニットは全グレード共通。

続いて三菱エクリプスクロスのサイドビューに移ります。

 

 

サイドで印象的なのがフロントドア中間からリアコンビネーションランプに繋がるプレスラインです。

ウィンドウのラインとほぼ平行にかけあがり、後端に向けて少し傾斜したルーフラインとつながる感じのイメージです。

このデザインにより軽快感を感じられまさにクーペSUVという印象をうけます。

ウィンドウもメッキモールが全周にわたり施されていて質感も高いです。

良い車感出てます!個人的にこのサイドビューはかなり好きです。

 

 

フロントのサイドをアップしてみました。

三菱エクリプスクロスのタイヤはGから225/55R18のタイヤと切削光輝アルミホールになります。

このホイールのデザインも良いですね。タイヤはトーヨータイヤのPROXES

 

 

試乗車にはディーラーオプションの エクステンションパッケージ¥142,862 が装着されていました。

赤いラインとカーボン調の加飾でスポーティーな印象です。

 

 

若干の斜め後ろから。

先ほども書きましたがルーフのラインは後端に向け傾斜はしていますが、居住空間とラゲッジを考慮してだと思いますが、

最低限の傾斜にとどめてあるのでこうして撮る角度によっては少しズングリとした見た目になります。

リアが割と切り立ったデザインなことも影響があるような。

少し残念な点もありますが、このままリアに移ります。

 

 

三菱エクリプスクロスで一番インパクトあるのがこのリアのデザインかと思います。

リアコンビネーションランプが繋がっています。

繋がった部分の真ん中はブレーキランプとしても機能し、夜になると一応つながった形で光るようです。

インパクトはありますが個人的にはランプ繋げるよりもサイドのプレスラインからリアのランプにかけて絞り込み

リアのショルダー部分が張った感じにならない様にした方が見た目は良かったかなと思いました。

しかし、そうするとラゲッジ容量の縮小や、乗員のヘッドクリアランスの問題、既に発売されている

ホンダ シビックハッチバック、トヨタ CHR等と似たようなデザインになるので既視感がでて

没個性になりかねない、などなかなか難しい所ではあります。

奥が深い、車のデザイン・・・

 

 

リアのランプが点灯したところも見てみたいと思いました。

マフラーは隠されたタイプ。この斜めにベンドして切断してある車多いですよね。現行のクラウン(HV)とかでもこのタイプを採用した時は

少しがっかりしたのを覚えています。

 

 

リアの足回りはマルチリンク。走りの良さを予感させます。

三菱渾身の新作エクリプスクロスのエクステリアはSUVらしい使い勝手の良さ

クーペSUVとしてのデザイン性の高さを上手く表現できているなと感じました。

エクリプスクロスは三菱SUVラインナップの中核を担います。

 

 

もともと存在していたRVRアウトランダーの間を埋める形です。

RVRも少し前にマイナーチェンジしていますが設計としてはかなり年数も経ち、内装なども一昔前になっているので

このSUVラインナップを強化して、SUVの三菱が復活すると良いなと思います。

これでエクステリアのレビューを終わります。

次回以降は内装と気になる1.5ターボガソリンの走りについて書きたいと思います。

エクリプスクロス 2018カテゴリの最新記事