レンジローバー・イヴォーク概要・見積もり紹介!

新型508インテリアレビュー後編!質感・デザイン性ともに高いが、気になる部分もアリ・・

新型508インテリアレビュー後編!質感・デザイン性ともに高いが、気になる部分もアリ・・

新型 508 試乗レビュー インテリアレビュー 後編

 

 

プジョーの新型508GTに試乗させていただきました!

今回はPart4でインテリアのレビューの後編をお届けします。

508の魅力が私の好みに突き刺さっておりまして、久しぶりのPart4まで来てしまいましたw

 

このルーフからリアエンドまでのラインが良いですね

 

前回はインテリア前席の途中で終っていて、続きのオーバーヘッドコンソール周辺からご紹介していきます!

以前のレビューでもお伝えしていますが、スタイリッシュな外観と引き換えに後席の居住空間が犠牲になっています。

その詳細もなるべく細かくお伝えしますね。

 

プジョー新型508の過去記事

 

良かったらこちらも合わせてご覧ください。

Part1、ドライブフィール・装備関連 レビュー

 

 

Part2、エクステリア レビュー

 

 

Part3、508ファーストエディション紹介・インテリアレビュー前編

 

 

 

 

レビューに登場する新型508の車両紹介

 

レビューに登場する新型508です。2台の画像を使用しています。

1台目

 

 

GT BlueHDiという2.0ディーゼルターボエンジン搭載一番上のグレード車両価格¥4,920,000

これにフルパッケージオプション¥650,000が付いた、ボディーカラーが有償のアルティメット・レッド¥91,800の車両。

 

2台目

 

 

新型508のデビューに先駆けて国内60台限定で発売されたファーストエディションです。

価格は¥5,770,000、ボディーカラーはパール・ホワイト¥91,800の車両です。

ファーストエディションは、試乗車だったGT Blue HDi 2.0ディーゼルターボモデルをベースに※フルパッケージ¥650,000と19インチのアルミホイール、専用の赤ナッパレザーシート、合皮処理インテリアの特別装備が施されています。

※ナッパレザーシート、ナイトビジョン、フルパークアシスト、360°ビジョン、パノラミックサンルーフのセット

 

この2台の画像を使ってレビューをしていきます。

 

ではグレードとスペックの紹介です。

 

プジョー 新型508 グレード・スペック

 

新型 508 グレード・価格

 

全モデル 2WD・FF 8EAT になっています。

 

■ Allure (アリュール) ¥4,170,000  1.6ツインスクロールガソリンターボ

■ GT Line ¥4,590,000  1.6ツインスクロールガソリンターボ

■ GT ¥4,920,000  2.0ディーゼルターボ ←今回の試乗車グレード

 

新型 508 スペック

 

今回の試乗車GTのフルパッケージ付¥650,000仕様のスペックです。

スペックにつきましては前回まででレビューしていますので割愛させて頂きます。

 

ではインテリアのレビューの続きをしていきます。

 

プジョー 新型508 インテリア 後編

 

508 オーバーヘッドコンソール周辺

 

ルームミラー

 

 

ルームミラーは全グレード自動防眩ルームミラーが標準装備です。

フレームレスではありませんが、質感は良いものになっていました。

画像は無いのですが、その手前がパノラミックサンルーフの操作スイッチが設定されています。

サングラスホルダーは無かったと思います。

 

パノラミックサンルーフ※フルパッケージのオプション

 

 

こちらはパノラミックサンルーフのシェードのみ開けた状態です。

ルーフライニングが黒なのもGOODですよね。

室内は暗くなりますが、スポーティーなムードも追加されますし、雰囲気も出ます。

パノラミックサンルーフのガラス面積はかなり広くて後席エリアの前方までカバーされています。

開閉機能も付いていますが、可動域は普通。

 

 

開けた状態の画像を撮っていなかったのでこちらを参考にして下さい。

 

https://www.netcarshow.com/より

 

こんな感じですね。次のクルマ買う時は是非付けたいんですが・・どうなるかな。

 

508 ハイデッキセンターコンソール

 

シフトレバー周辺

 

 

ハイデッキのセンターコンソールです。

この高さなんですが、今まで見たクルマの中でもトップクラスの高さだと思います。

高さがNGという方も出てきそうな気もします。

コンソールサイドはステッチ付の合皮で処理されています。

ピアノブラックパネルの面積が広くてナビのキーのイメージでもあるピアノ感がここにも続いているような印象です。

 

 

シフトレバーやエンジンスタートボタンのような良く触れる箇所の周りは無塗装パネルになっていました。

電子パーキングブレーキは設定されていますが、※ブレーキのオートホールド機能は備えていません。

※フットブレーキで停止した状態でペダルから足を離しても停止状態が保持される機能の事

気に入っちゃえば無くても良いですけど、やはりブレーキホールドは欲しいかなぁ。

 

 

シフトレバーに付いている、このボタンはフルパークアシストという駐車の支援機能です。

今回の試乗では試せていません。

フルパークアシストはフルパッケージのオプション内容で通常は付いてきません。

 

 

シフトレバー横はアクセサリーソケット付の小物入れになっています。

スマホを充電しながらここに置いておくことも可能です。

しかし、

 

 

新型508は置くだけ充電の機能がコンソール下のスペースに標準で装備されています!

これは嬉しいですね。

 

 

ちゃんと照明も付いていますし、USBのスロットも付いているので置くだけ充電に対応していないスマホも問題なく充電できます。

 

照明付ドリンクホルダー

 

 

リッド付のドリンクホルダーは底が深いので、缶コーヒーは少し取りづらいかもしれません。

 

 

ドリンクホルダーもドアトリム同様照明が付いています。

このアンビエントライトはAllure以外のグレードで標準装備となっています。

車格とか考えると、GT Line以上からの購入のほうが装備や質感に満足できる気がしますね。

 

アームレストコンソール

 

その後方はアームレストコンソールになっています。

 

 

幅の広い観音開きタイプで開き方も軽い感じではなかったので、安っぽさはありませんでした。

スライド機構は無いですが、前後方向にも長いので大体の方は問題ないと思います。

 

 

ファーストエディションでは赤いステッチ付合皮で処理されています。

質感はOKです。

 

 

開くと起毛処理され、わりと広くて底も深い収納になっていました。

異音対策もされていますし、これは使い勝手良さそうです。

 

508 助手席側

 

助手席側インパネ

 

 

助手席側のインパネですが、上部はステッチ付ソフトパッド、その下にメッキパーツが施されています。

カーボン調のソフトパッドもボリューム感があり、スポーティーなんですが品も感じられる仕上がりになっています。

 

 

ドアトリムとの連続性も考慮されているので統一感がありますね。

 

グローブボックス

 

 

プジョーの弱点ですが、グローブボックスにはほとんど何も入れられませんw

起毛処理もしっかりとされており、質感は良いのですがこの狭さはさすがに頂けない部分ですね。

右ハンドル仕様への最適化がもっと考慮されれば、より魅力が上がると思います。

 

では後席に移ります。

 

508 後席ドア

 

 

後席ドアトリムも、トリム上部にソフトパッドが施されており質感的には前席ドアと同等です。

ですが、前席では設定されていたアンビエントライトが付きません。

ここは少し残念なポイント。

 

 

新型508セダン 後席空間は難あり

 

新型508のセダンはそのスタイリッシュなエクステリアと引き換えに後席の居住空間を犠牲にしています。

特に頭上空間ですね。

これはプジョーのメーカーの方も取材で回答していました。

 

 

後席の見え掛かりです。

フロントでは設定のあったサイドシルプレートの設定はありません。

乗り込む時ですが、画面上部にCピラーが見えています。

ここが低いので乗り込む時に少し頭を前かがみにしないといけませんので乗り込みはし辛いですね。

 

 

着座すると、膝前空間はコブシ1.5個分くらい。

運転席は身長175センチの私の身長に合わせてあります。

 

 

シート下のスペースもつま先は入りますが、若干スペースに乏しさを感じますね。

 

 

シートの座面も少し短く感じるので後席の居住性は犠牲になっているんだなと感じます。

先代と比較するとホイールベースは15㎜短くなっているだけですが、全長が70㎜小さくなっているので、その影響も少なからずありそう。

 

 

Cピラーと後席ヘッドレストの位置関係をみてもらうとその低さが伝わるでしょうか(゜-゜)

 

パノラミックサンルーフ付車特有のデメリット

 

 

フルパッケージオプションに付いてくるパノラミックサンルーフは魅力的なオプションですが、それを付けることによるデメリットがこの画像です。

サンルーフ後方の室内側にポッコリと天井が飛び出す部分が生じます。

新型508は全高も1,420㎜と低いのでもともと頭上空間に余裕がありませんから、さらに狭く感じてしまう^_^;

 

 

新型508セダンはファミリー使いするには覚悟が必要な気がします。

お子さんが小さいとか、普段は後ろに誰も乗せない、とかなら良いんですけどね。

購入検討される方は要チェックして欲しいポイントです。

 

508 後席ユーティリティー

 

後席エアコンアウトレット

 

 

ピンボケですいません^_^;

後席のエアコンのアウトレットも装備されていますが、先代までは4ゾーンタイプだったのでここはレベルダウンですね。

アウトレットがあるのでこのクラスとして最低限はクリア出来ていると思います。

個人的にはそこまで気にならないです。

 

USBスロット

 

 

後席用のUSBスロットがその下に設定されています。

LED照明も付いているので、後席のスマホ充電環境は整っています。

 

ドリンクホルダー付アームレスト

 

 

後席のドリンクホルダー付アームレストも付いてます!

ドリンクホルダー部に加飾はないですね。リッドも付いていないので少し寂しさはありますが、あるので良し(^^)

 

トランクスルー

 

 

ドリンクホルダーの裏に開閉式の蓋が付いているのでトランクスルーが可能で長尺物にも対応しています。

ユーティリティーは特に問題は無いんですよね^_^;

 

では最後にラゲッジルームを確認します。

 

新型508 ラゲッジルーム

 

 

新型508はセダンですが、リアガラスも一緒に開閉する、ハッチバックになっています。

リアのトランクがショートデッキになっているので、使い勝手も考慮されているのでしょう。

これがこのクルマの個性にもなっていて、個人的に惹かれる部分でもあります。

 

 

このような形で開くので開口面積はとても大きいです。

ハッチバックの恩恵はかなり大きくなると思います(^^)

 

 

ラゲッジ容量は通常で487ℓになっていて、面積も広いので普通に使い易そうですね。

スタイリッシュなファストバックスタイルでラゲッジの使い勝手も犠牲になっていないところはとても良いと思います。

 

 

ハンズフリーのパワーバックドアはAllure以外で設定されています。

これはリアバンパー下に足をかざして開閉できるキックタイプになっています。

最近このパワーバックドアも色々なメーカーで採用されてきましたね。

ちょっと前までは高級車と呼ばれるクルマのものでしたが^_^;

 

以上でインテリアのレビューを終わります!

 

プジョー新型508 レビューまとめ

 

全4回に分けてプジョーのスタイリッシュセダン新型508をレビューしました。

 

 

後席の居住空間は「狭すぎる!」とまでは言いませんが、体系によって窮屈に感じられると思います。

身長が180センチまでを想定して設計されていますが、175センチを超えると頭が天井にぶつかる方も出てきそうです。

 

 

ここは良く検討して欲しいですね。

それ以外はラゲッジの使い勝手、車内ユーティリティーも良かったので満足できると思います。

デザイン、走りが高い次元で両立出来ているクルマは意外と少ないのでそういった部分が重要である方にとっては良い選択肢の一つになるのではと。

 

 

新型508が気になっている方は是非一度お近くのプジョーディーラーまで足を運んでみて下さい。

以上で508のレビューを終わります。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました)^o^(

 

今回試乗させて頂いたプジョー新潟の情報です。

別ウィンドウで開きます。

 

 

そして、私がいつも対応して頂いている敏腕・紳士な営業の伊藤さんですw

 

すごく丁寧な対応をして頂いています。いつもありがとうございます!

 

今回、顔出しOKということで掲載させて頂きます!

プジョー新潟に試乗行かれる時は是非、伊藤さんまでお願いします)^o^(

その時このブログを見たと伝えて頂けると、とても嬉しいです。

 

記事冒頭でもお伝えしましたが、前回までのレビューも合わせて見て頂けるとより508の魅力が伝わるかなと思います。

↓にスクロールすると「関連記事」でも紹介されています。

 

プジョー508の公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

 

508 2019カテゴリの最新記事