やっと?追加!【ヤリスクロスアドベンチャー価格・2パターン見積もり】 紹介!

トヨタ・ヤリスクロスアドベンチャー価格・見積もり 紹介

2022.2.23更新

どうもUUです!

 

トヨタの人気コンパクトSUVヤリスクロスに待望のアドベンチャーが追加になります。

見積りが作成可能になり、早速価格と改良内容を確認して来ましたので報告します。

ヤリスクロス通常グレードの見積もり記事です。発売当初の見積もりですが、価格感と装備差が分かるようになっています。
関連記事

トヨタ新型ヤリスクロス車両価格・1.5X、1.5G、1.5HVG、1.5HVZの見積もり紹介2022.2.23更新2020年フルモデルチェンジモデル 新型ヤリスクロスの価格情報と見積もりを入手し[…]

 

https://www.netcarshow.com/

こちらは海外モデルのヤリスクロスアドベンチャーですが、外装が力強いデザインになっていることが特徴ですね。

 

こちらがノーマルのヤリスクロス。

アドベンチャーは見た目のアクセントが増えてカッコよさがアップしてます!

 

https://www.netcarshow.com/

ヤリスクロスはコンパクトSUVですが、全幅が広めの1,765㎜あり贅沢なボディーライン。

特にリアビュー(上画像)の角度は国産車離れしたものを感じます。

アドベンチャーの他にGR-S(GR-Sport)も登場する予定になっていますが、こちらはまだ詳細は降りてきてませんでした。

 

GRヤリスRSのSUV版みたいになるんでしょうか??

RSはCVTモデルなんですが、GRヤリスの高いボディー剛性と専用足回りでめっちゃ運転楽しいんですよ♪

 

以前ハイブリッドZ4WDの試乗記書いてますが、走りに関しては色々気になる部分が多かったのでGR-Sは凄く楽しみです。

最近国産モデルも走りが良いモデルが多くて本当に嬉しい。

やはりどうせ買うなら運転楽しいクルマが良いですよね。

関連記事

トヨタ新型ヤリスクロスHV Z E-Four ドライブフィールレポート2020.10.11更新2020年フルモデルチェンジモデル 新型のヤリスクロスに試乗させて頂きました!試乗車は最上グレー[…]

 

当ブログは普通のサラリーマンが色々なクルマに触れ(活動歴約4年、取材台数300台以上)感じたことや今までの経験での変化点等をレポートしています。
分相応でないクルマについても記事にしていますので、素人の意見として受けとめて頂ければ幸いです。

 

ヤリスクロス2022年変更内容

●ベースグレードだったガソリンモデルのX”Bパッケージ”廃止

●Zグレードをベースにアドベンチャーを追加(今回の主役)
・専用の内外装、内装カラー:サドルタン(合皮)×ブラック(ツイード)
・ルーフレールが標準装備←他グレードのルーフレールMOP廃止

●Zグレードにステアリングヒーターが標準装備され22,000円アップ

●自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー機能付)MOP設定←デジタルミラー機能は無し

●ボディーカラーブラスゴールドメタリック2トン、シルバーのブラックルーフ2トン廃止

●プラチナホワイトパール新設定(ホワイトパールクリスタルシャイン廃止)

多分他にもあるかもしれませんが、こちらで把握出来ている内容です。

ドラレコ機能付のインナーミラーはハリアーでも設定のある装備と同等でしょうか?見積もりにはデジタルとは記載が無いので気になるところ。←デジタル機能無を確認済み

価格は53,900円となります。

 

https://www.netcarshow.com/

アドベンチャーの内装カラーは

サドルタン×ブラック内装となっています。

これがどんな感じになるのかまだ不明ですが、

 

合皮部分がサドルタンの明るいカラーになり、ツイード調ファブリックが黒になるようです。

インパネやドアトリムは海外仕様でも採用されているブラックになると予想します。

 

https://www.netcarshow.com/

こちらはGグレードの黒インパネ

シルバーのライン加飾が上画像のようにゴールド系になるかも?

あと海外仕様ではシフトレバーにブーツが付くのでそれも採用があれば、見た目の違いとして大きいので期待です。

ホイールは切削光輝となっているので

ブラックではなくこちらが採用されそうです

https://www.netcarshow.com/

細かい仕様は確認できていませんので、あくまで予想として認識お願いします。

 

ヤリスクロスアドベンチャーの発売時期は?

ヤリスクロスアドベンチャーの追加は2022年8月とのこと。

まだまだ先ですね(^_^;)

昨今の納期長期化でメーカー側も色々と大変だと思います。

なるべく早く正常な状態に戻って欲しいところです。

 

ヤリスクロスアドベンチャーの価格は?

アドベンチャーグレードは最上グレードのZをベースとしています。

なのでGR-Sが出るまでは最上グレードの位置づけですね。

ガソリン・ハイブリッドそれぞれに設定があります。

1.5ℓ3気筒NAエンジン

Zアドベンチャー FF ¥2,331,000

Zアドベンチャー 4WD ¥2,562,000

1.5ℓ3気筒NA+1モーターハイブリッド

HEVZアドベンチャー FF ¥2,705,000

HEVZアドベンチャー E-Four ¥2,936,000

価格はこのようになっています。

FF→4WDになる事で約23万円プラス

通常のZグレードからは約10万円プラスされます。

ガソリンとハイブリッドをそれぞれ価格一覧にしました。

ヤリスクロスガソリンモデルの価格一覧

 

グレード/駆動方式2WD/FF  →¥231,000プラス4WD
X”Bパッケージ”¥1,798,000 ¥2,029,000
X¥1,896,000¥2,127,000
G¥2,020,000¥2,251,000
Z¥2,232,000¥2,463,000
Zアドベンチャー¥2,331,000¥2,562,000

 

ヤリスクロスハイブリッドの価格

グレード/駆動方式2WD/FF →¥231,000プラスE-Four
X¥2,284,000¥2,515,000
G¥2,394,000¥2,625,000
Z¥2,606,000¥2,815,000
Zアドベンチャー¥2,705,000¥2,936,000

 

 

では見積り見ていきましょう。

トヨタ・ヤリスクロス アドベンチャー(ADVENTURE)見積もり

今回は2種類ありまして、ガソリン・ハイブリッドでそれぞれ4WDを選択しています。

見積り内容の前提として、

●ボディーカラーはブラックマイカ

●メーカーオプションは選択出来る物全て

付けて頂いてます。価格の参考にして下さい。

 

こちらはGグレード

 

ガソリンモデルから見ていきましょう。

トヨタ・ヤリスクロス Z アドベンチャー(ADVENTURE)4WD 見積もり

車両本体価格は¥2,562,000

支払総額¥3,368,400!!

選択出来るメーカーオプション全部付けて貰っているので高額になっています。

 

メーカ―オプション

・スペアタイヤ ¥14,300

・ハンズフリーパワーバックドア ¥77,000

・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ+パノラミックビューモニター ¥199,100

・LEDリヤフォグランプ ¥11,000

・自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー付)¥53,900

計¥355,300

ディーラーオプション

●フロアマットベーシック ¥14,300

●アームレスト ¥24,200
・アームレストセットアイテム ¥16,500

●ETC2.0車載器ボイスタイプ ¥26,620
・ETCセットアップ ¥2,200

●T-CONNECTナビキット ¥115,280

●前後3カメラドライブレコーダー ¥50,000

計¥249,100

となります。

メーカ―オプションのドライブレコーダーと被ってるので、ドラレコはどちらかをセレクトですね。

ヤリスクロスは元々インナーミラーに自動防眩が付いて無い(マニュアル防眩のみ)ので、どっちを取るか難しい問題があります…

MOPドラレコ機能の画質を確認してみたいですよね。

 

納車が8月~なので税金関係は

環境性能割 ¥70,700

重量税 ¥36,900

次行きましょう。

 

https://www.netcarshow.com/

トヨタ・ヤリスクロスHEV Z アドベンチャー(ADVENTURE)E-Four見積もり

続いて最上グレードになるHEV ZアドベンチャーE-Fourです。

車両本体価格は¥2,936,000

すでに300万円ですね。コンパクトSUVですよ、高額です(^_^;)

めっちゃ余談ですが、以前乗っていた先代ホンダCR-Vの2.0ℓNAFFがコミコミで290万円弱でした。クルマ高くなりましたね…

 

支払総額¥3,705,900!!

メーカ―オプションはハイブリッドになると選択出来るものが少し変わります。

 

メーカ―オプション

・アクセサリーコンセント(AC100V・1500W) ¥44,000

・ハンズフリーパワーバックドア ¥77,000

・アダプティブハイビームシステム+カラーヘッドアップディスプレイ+アドバンスドパーク(パノラミックビューモニター付) ¥239,800

・LEDリヤフォグランプ ¥11,000

・自動防眩インナーミラー(ドライブレコーダー付)¥53,900

計¥425,700となります。

ハイブリッドになるとアクセサリ―コンセントや駐車支援のアドバンスドパークが選択できるのは改良前と同じですね。

ディーラーオプションはガソリンと同じなので割愛します。

 

 

税金関係はガソリンで付いていた約10万円が免除されます。

 

以上です。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

https://www.netcarshow.com/

 

 

ヤリスクロスとライズHVを簡単に比較した動画です。良かったらこちらもご覧ください。

 

 

最新情報をチェックしよう!