2019.7.20の試乗日記をアップ!

新型 RAV4 最新の【見積もりと値引額】公開&お奨めのオプション紹介!!

新型 RAV4  最新の【見積もりと値引額】公開&お奨めのオプション紹介!!

RAV4 アドベンチャー(Adventure)・HYBRID G見積もり紹介

注:2019.4.23取材段階での状況です。

※2019.5.3納期情報更新

HYBRID G

 

新型RAV4を検証したり、アドベンチャーも試乗させて頂きレビューしました。

これまでレビューを進めてきた中で改めて「この機能・装備はあった方が良いかな」と思えるオプションの見積もりを頂いて来ました(^^)

そして納期に関しても新たな情報を聞いてきましたのでお伝えします。

今回はRAV4の最新納期と初期受注状況、お奨めオプションでの見積もりと値引き額の紹介をしていこうと思います!

 

ガソリン X SUVの黒ってかっこいい―!

 

前回までの記事がこちらです。

 

エクステリアレビュー

 

インテリアレビュー

 

アドベンチャー(Adventure)ドライブフィールレビュー

 

見積もりをしていただいたのは試乗したアドベンチャー(Adventure)とHYBRID Gというグレードです。

まだレビューはしていませんがハイブリッドGにも試乗させて頂きまして、とても好印象でした!

こちらも改めて見積もりを頂いて来ましたので今回ご紹介します。

 

 

 

ではまず納期に関する情報とその詳細から。

 

新型 RAV4 納期・立上り受注状況

2019.4.19時点でのメーカーからの情報となります。

納期は?

 

どうやら、ガソリンとハイブリッドで納期に差が出てきているようです。

RAV4は2.0NAガソリンと・2.5ℓ+1モーターのハイブリッドがラインナップされていますがグレードの構成に差があります。

 

ガソリンモデル価格

X2WD(FF) ¥2,608,200
4WD ¥2,835,000
ADVENTURE ※見積もり紹介モデル4WD ¥3,137,400
G4WD ¥3,202,200
G Z Package4WD ¥3,348,000

 

ハイブリッドモデル価格

X2WD(FF) ¥3,202,200
4WD ¥3,450,600
G ※見積もり紹介モデル4WD ¥3,817,800

 

このようなラインナップになっており、メーカーもガソリンモデルに注力している事が見て取れます。

しかし、メーカーの予想を上回るハイブリッドの注文があるそうです!

私は過去のレビューでの納期情報で「8月になるとの話もある」とお伝えしていましたが、どうやらこれはハイブリッドの話のようです(゜-゜)

ガソリンに関しては即納で19.4.23現在注文で大体6月中、モデルの在庫によっては5月納車も可能、とのこと!

 

ハイブリッド人気らしいっす!

 

受注割合と納期を一覧にしました。

 

売れ筋グレードと納期一覧

※20.19.5.3更新

■売れ筋グレードとその受注割合・納期

順位グレード・価格パーセンテージ納期
1位HYBRID G ¥3,817,80038.8%最短9月
2位Adventure ¥3,137,40018.8%最短8月


3位G ¥3,202,20012.7%
4位G”Z Package” ¥3,348,00012.6%

 

このようになっています。

ガソリンが売れる見込みでハイブリッドのグレードを2つのみの設定にしてあるようですが、予想に反して「ハイブリッド人気が高い」のとXとGでの装備差や質感面での差が大きく、HYBRID Gに注文が集中してしまっている状況のようです。

単価の一番大きいHYBRID Gが売れるのはメーカーも嬉しい誤算かもしれませんが、納期が延びるのはユーザーを逃すかもしれないので増産等の対策をしてくるかもしれませんね。

 

ガソリン、ハイブリッドの販売比率

 

ガソリン:51.1%

ハイブリッド:48.9%

となっているようです。

ほとんど半々ですね!メーカーのグレード構成を見るとおそらくですが7:3or6:4位の割合でガソリンが売れると見込んでいたのではないでしょうか?

 

売れ筋ボディーカラーは?

 

1位 ホワイトパールクリスタルシャイン¥32,400

2位 アティチュードブラックマイカ

3位 アーバンカーキ×アッシュグレーメタリック ¥54,000

4位 アーバンカーキ

画像は2トンカラーです。

 

ホワイトパールはアドベンチャーでは選択できず、アーバンカーキや2トンカラーはアドベンチャー専用カラーとなっています。

このような状況だそうです。色が被りたくない方は参考にされても良いかと思いますw

 

ではアドベンチャーの見積もり紹介と値引き額です!

 

RAV4 アドベンチャー(Adventure)見積もり・値引き額は?

 

アドベンチャー(Adventure)を購入するなら「このオプションは付けたい」という希望的観測で見積もりを作成して頂きました。

 

コミコミの総額

 

 

値引きコミ価格が¥3,871,180!!

400万円を切ってきました。

 

では気になる値引きはというと。

値引き額

 

ちょっとアピールし過ぎw

 

¥201,970!!

これは現状出せる値引きのほぼMAXとの事です。

勿論販社で違いはあるでしょうから参考までにお願いします。

これはディーラーオプションからの値引きとなっていますが、実際本体からの値引きはほとんど無いそうですw

でも思ったより引いてくれますよね?

 

選択したオプション紹介

 

 

2台のアドベンチャー(Adventure)を見て、乗ってみて購入するならこのオプションかな?と選択した内容です。

メーカーオプション

■スペアタイヤ・・・¥10,800

■インテリジェントクリアランスソナー・・・¥28,080

■リヤクロストラフィックオートブレーキ+ブラインドスポットモニター・・・¥66,960

■シートヒーター・シートベンチレーション+本革巻きステアリング(ヒーター付)+寒冷地仕様・・・¥99,360

■デジタルインナーミラー・・・¥43,200

以上のメーカーオプションを選択しました。

 

アドベンチャー(Adventure)で選択できるメーカーオプション

※今回選択したオプション

 アクセサリーコンセント ガソリン車¥8,640
 置くだけ充電¥12,960
 スペアタイヤ ¥10,800
 デジタルインナーミラー¥43,200
 シートヒーター+シートベンチレーション&

 本革巻きステアリング(ヒーター付)寒冷地仕様

¥99,360

※除く寒冷地仕様-2万円

 ムーンルーフ¥140,400
 パワーバックドア¥75,600
 インテリジェントクリアランスソナー [ICS]¥28,080
 バックカメラ¥27,000
※ リアクロストラフィックアラート

 ブラインドスポットモニター

¥66,960

内容としてはこのようになっています。

※注意点

一番下のリアクロストラフィックアラート&ブラインドスポットモニターを選択するとその上二つのICS¥28,020とバックカメラ¥27,000もセットで付いてきます。

 

選択理由を少し解説

 

スペアタイヤは選択できるクルマなら必ずつけようと思うオプションです。

RAV4の初期受注でも42.7%の方が選択している人気のオプションになっています。

やはりバーストなどパンクでは無い最悪の事態を考慮すると¥10,800という保険は安いかなと思います。

 

 

デジタルインナーミラーですが、RAV4のシートは調整幅が広く夫婦等で使用するとき、標準の自動防眩ミラーですと毎回動かす手間があると思います。

その点デジタルインナーミラーは画面を見るだけなのでよっぽど背丈に違いが無い限り調整の必要がないです。

実際私のレヴォーグにも付いていて嫁さんと共有していますが、一度位置を決めてから全く動かしてません。

ちなみに嫁さんと私で身長差は約10センチです。

安全面から考えても防眩機能も付いていますし、便利な装備だと思います。

あと後続車のドライバーと目が合うように感じることもありませんww

 

 

安全装備関連はこの※ブラインドスポットモニターが個人的にかなり欲しいので選択するとバックカメラ含めてセットなので選択しています。

※隣の車線の後方から近づいてくる車両があることを教えてくれる機能

 

 

そしてRAV4のアドベンチャー目玉のオプション。

シートヒーター・シートベンチレーション+本革巻きステアリング(ヒーター付)+寒冷地仕様¥99,360です。

寒冷地仕様は私の住んでいる地域が新潟なので選択していますが、寒冷地仕様を無くせば¥79,920になります。

なによりこのセットオプションで選択できるアドベンチャー専用のシートベンチレーションが良いですね。

 

 

アドベンチャーは合成皮革シートが標準装備ですが、夏場や気温が高いときは長時間座っていると暑くて蒸れることもあると思います。

その不快な熱気をシートに施されたパーフォレーション(穴付)の部分から吸い込んで涼しくしてくれるという機能です。

マツダ・アテンザの試乗時にこの機能を一度体感したのですが、本当に快適でした!

 

 

ですのでアドベンチャーを選択される方には是非このセットオプションはお奨めしたいと思いました。

シート自体の見た目も良くなりますし、その調整スイッチもスッキリしていて見映えも良いのもポイントです。

 

 

続いてディーラーオプションです。

 

ディーラーオプション

■ETC関連・・・¥29,160

■フロアマットデラックス・・・¥27,000

■9インチ T-CONNECTナビ・・・¥266,544

 

ディーラーオプションは最低限です。

コネクト機能をフルに使うためにもT-CONNECTナビの設定は必要かなと思います。

 

RAV4大きいので9インチでも画面が大きく見えませんw

 

ナビのユニットの大きさから見ても7インチ¥182,304にすると寂しい感じになりそうです。

少し高額にはなりますが、後悔が少ないのはこちらかなと思います。

 

コネクテッド機能に関する公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

 

後は諸費用とJAF¥6,000とメンテナンスパック¥74,520、この2つは選択しなくても良いかなと思います。

しかし、電装関連部品の標準で付いてくる3年保証を2年延長する「保証がつくしプラン¥8,000」は入っておいた方が良いと思います。

アドベンチャーの見積もりと値引きオプションの紹介は以上です。

 

続いてハイブリッドの見積もりも紹介しておきます。

 

RAV4 HYBRID G 見積もり・値引き額は?

 

 

ハイブリッド Gの試乗をさせてもらった時に、ついでに見積もりを頂いてきました!

こちらも簡単ですがご紹介しておきます。

見積もり総額

 

 

¥4,424,836!!

やはりハイブリッド+排気量アップなどあるので価格は上がってきますね。

GグレードはXやアドベンチャーと比較しても標準装備が充実してきます。

 

こちらはG”Z Package”内装はHYBRID Gもほぼ同じです。

 

このように内装も合成皮革が多用され質感も高いですし、標準装備がすごいです。

今から紹介もしますが、シートヒーターや安全装備、バックカメラ等も標準となっているので選択するオプションが少なく済みます。

 

 

HYBRID Gで選択できるメーカーオプション

※見積もりで選択したオプション

 アクセサリーコンセント ハイブリッド車非常時充電機能 AC100V 1500W¥43,200
 置くだけ充電¥12,960
 スペアタイヤ ¥10,800
 デジタルインナーミラー¥43,200
 ムーンルーフ¥140,400
 ハンズフリーパワーバックドア¥16,200
 インテリジェントクリアランスソナー [ICS]標準
 バックカメラ標準
※ リアクロストラフィックアラート

 ブラインドスポットモニター

標準

 

アドベンチャー(Adventure)と同じようにオプションを付けると、スペアタイヤとデジタルインナーミラーのみで済みますw

シートベンチレーションは装備できないのが残念ですが、充実した内容で追加する装備が少なく済むのは魅力的です♪

 

値引きは?

 

 

見積もりには掲載されていませんが、今回のHYBRID Gの見積もり内容でも約20万円は値引いてくれるそうです!

そうすると、約420万円となり、アドベンチャー(Adventure)との差額は約40万円です。

HYBRID Gに人気が集まるのもなんとなく理解できるような・・・

 

まとめ

 

RAV4購入で悩んでいる方の参考になるかと思い簡単ですが、現在の受注状況と値引き額など紹介しました。

 

 

意外なのは今回私の頂いた見積もり内容からですと20万円程度の値引きはまず間違いなさそうという事です。

大体一般的な見積もり内容だと思うので、この20万円引きスタート+αくらい狙って交渉してみても良さそうですね。

ディーラーオプションを付ければさらに値引き幅は拡大するでしょう。

 

以上RAV4の見積もりと値引き情報でした。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

RAV4の公式HPです。

別ウィンドウで開きます。

 

 

 

RAV4 2019カテゴリの最新記事