新型レヴォーグ試乗レポート!

2020.10月 特別仕様車が追加!【RAV4 オフロードパッケージ価格・見積もり】紹介!

2020.10月 特別仕様車が追加!【RAV4 オフロードパッケージ価格・見積もり】紹介!

RAV4 ADVENTURE特別仕様車 OFFROAD PACKAGE 特別装備・価格・見積もり紹介

※2020.9.27追記・・・サンルーフは標準装備では無かった

※20.10.2追記・・・国内仕様の情報追加

https://www.netcarshow.com/

 

トヨタの人気SUV「RAV4」に追加される特別仕様車「ADVENTURE OFFROAD PACKAGE」の情報を入手

現在のRAV4ラインナップの中でも特にワイルドな外装に仕立てられているADVENTURE(アドベンチャー)に特別仕様追加です。

もともとベースグレードのXから派生した形でアドベンチャーが存在している、という認識だったのでアドベンチャー自体特別仕様な感じでした。

そこに特別仕様車ってどういう事?みたいな感じもw

今回はオフロードパッケージの価格や装備、見積もりも頂いて来ましたのでご紹介します♪

 

 

 

RAV4 オフロードパッケージの発売時期・価格について

 

RAV4オフロードパッケージの発表・発売は2020.10.2(金)となっています。

先行注文に関しては既に受付開始されています。

車両本体価格は¥3,460,000

通常のアドベンチャーが¥3,310,000ですので、プラス15万円の差額ですね。

パワートレーンは171PS、207N・mを発揮する2.0ℓNAの4WDのみ、トランスミッションはDirect Shift-CVTの組み合わせ。

 

特別仕様車追加後の価格一覧です。

2.0ℓガソリンエンジンモデル価格

消費税10%

X2WD(FF) ¥2,743,000
4WD ¥2,974,000
ADVENTURE4WD ¥3310000
OFF ROAD PACKAGE4WD ¥3,460,000
G4WD ¥3,391,000
G Z Package4WD ¥3,539,000

2.5ℓハイブリッドモデル価格

X2WD(FF) ¥3,343,000
4WD ¥3,596,000
G4WD ¥4,029,000

 

RAV4 オフロードパッケージ、特別装備内容について

 

2020.10.2追記内容

国内仕様が判明したので画像追加します。

 

ここからは海外のTRDオフロードパッケージの内容です。

 

※海外画像を使ってオフロードパッケージの特別装備を確認していきます。

https://www.netcarshow.com/

 

今回追加されるオフロードパッケージは既に北米で設定のある「TRD Off Road」というモデルと同じ仕様になる予定です。

国内仕様の画像は確認できていないので、細かい仕様に違いはあるかもしれません。

 

特別装備内容

オフロードパッケージの特別装備内容を見て行きます。

・専用225/60R18タイヤ&18×7Jアルミホイール(マットブラック)
・オフロードパッケージ専用エンブレム

https://www.netcarshow.com/

 

18インチのマットブラックホイール熱い!

アドベンチャーの19インチホイールもカッコいんですが、ちょっとデカすぎるかな?と思ってました。

ワイルド系SUVはトレッド厚い方が雰囲気出ますよね。

しかもマットブラックホイールとか絶対カッコいいっす。

あとマットブラックカラー専用のエンブレムが付くみたいです。

北米の「TRD OFF ROAD」ではTRDと付いてますが、国内要は「OFF ROAD」だけになりそうですね♪

 

 

・専用フロント/リア スキッドプレート(グレーメタリック塗装)

 

 

普通のアドベンチャーはフロントバンパー下部の大型スキッドプレートとリアのスキッドプレートがシルバー塗装です。

 

https://www.netcarshow.com/

 

これがオフロードパッケージでは「グレーメタリック」により塊感が出そうな感じですね。

 

 

ワイルド感も強調されて締まったエクステリアになりそう。

 

 

リアも同じようにイメージ変わります。

オフロードパッケージはボディーカラーが

・スーパーホワイト2

 

・グレーメタリック

・アティチュードブラックマイカ

3色設定です。

スーパーホワイトの白×黒のコントラストか、グレーやブラックでワイルドな塊感を選ぶか。

どっちもカッコいいことは間違いないですね)^o^(

 

https://www.netcarshow.com/

 

画像のTRD Off ROADは2トンになってますが、国内仕様はモノトーンカラーのみです。

 

・ルーフレール(ブリッジタイプ)
・アドベンチャークロスバー

 

https://www.netcarshow.com/

 

このブリッジタイプのルーフレールも羨ましいRAV4乗りの方多いんではないでしょうか?

元々北米仕様はブリッジタイプのルーフレールでしたが、国内ではルーフ一体型がセレクトされました。

 

 

現行アドベンチャーオーナーの方が、このルーフレールに変更する未来が見える気がしますww

 

・特別仕様サスペンションで車高が10㎜アップ

 

 

15㎜の車高アップにより悪路走破性も上がってます。

アドベンチャーは元々の最低地上高が200㎜ですので210㎜になりました。

 

・専用シート表皮(合皮)
・インパネ加飾(レザー)

 

https://www.netcarshow.com/

 

オフロードパッケージはインテリアも専用になっています。

ブラック基調で挿し色に赤色が使われている感じですね。

インパネの加飾がレザー仕様という事ですが、他のグレードと同等と考えて良いと思います。

最近追加されたPHEVのインパネと同じ物が使われているんじゃないかな?と予想してます。

 

 

ノーマルのアドベンチャーはオレンジの挿し色でインパネのトレーもオレンジの挿し色になっていますが、オフロードパッケージは黒になっていますね。

 

 

ドリンクホルダーやシフトレバー奥のトレーが赤色ですね。

 

 

 

一番近いのがこのPHEVのインテリアカラーリングでしょうか。

取材出来たらレビューしたいと思います♪

 

 

こうやって考えるとRAV4の内装デザインって巧い事できてるなぁー。

トヨタのSUVの中でも一番良く吟味されて造られたモデルじゃないか?と個人的には感じています。

グローバル展開のプロダクトとして相当な力作かと。

 

https://www.netcarshow.com/

 

オフロードパッケージはノーマルのアドベンチャー同様にシートベンチレーションが設定できるので、スポーツタイプのシート形状です。

TRDのヘッドレスト刺繍かエンボスマークは無いと思われます。

 

 

上画像がノーマルアドベンチャーのシートベンチレーション付。

国内仕様のシートはどんな仕上がりになるでしょうね!

 

 

こちらはPHEVのシートベンチレーション付。

赤のストライプラインが無くなるのがオフロード仕様になるのか?

結構シート表皮のパターン増えるので作る側も大変そうです。

海外画像見る限りオフロードパッケージのシートが渋いですよね。

もし私がRAV4買うならカッコよさでこのグレードか、走りでPHEVにしたいなって思います。

 

2020.9.27追記

ブログでコメント貰って調べましたが、国内仕様にはサンルーフは標準装備ではありません。

なので、RAV4のオフロードパッケージはサンルーフの設定はできません。

 

では最後に見積もり紹介です。

 

RAV4 オフロードパッケージ見積もり

 

車両本体価格¥3,460,000

ボディーカラーはスーパーホワイト2で追加料金無しです。

 

 

支払総額は¥4,330,520です!!

中々の金額ではございますが、今回も付けられるメーカーオプションは殆ど付けて頂きました。

 

 

ではオプションの内容を見て行きますが、付けられる内容は基本ノーマルのアドベンチャーと同じです。

違うのがパノラマムーンルーフ¥143,000がセレクト出来ません!!

ここだけご注意ください。

ではオプション内容を確認します。

 

 

メーカ―オプション

価格・備考
スペアタイヤ¥11,000
アクセサリーコンセント(ラゲッジ)¥8,800
パノラミックビューモニター
リアクロストラフィックオートブレーキ
BSM
¥145,200
快適温熱シート
シートベンチレーション
ステアリングヒーター
寒冷地仕様
¥83,600
デジタルインナーミラー¥44,000
ハンズフリーパワーバックドア¥77,000
置くだけ充電¥13,200

デイーラーオプション

前後方ドライブレコーダー¥62,700
フロアマットデラックス¥27,500
アームレストスライドタイプ¥15,400
エントリーナビキット¥69,300
ETC2.0ユニットボイスタイプ¥33165

 

オプションは以上です。

付けた方が良いなっていうオプションが意外と多いですね。

もともとアドベンチャーは見た目の差別化が大きく他のモデルよりオプションは多め。

 

 

パノラミックビューモニターもセレクトせずバックカメラにすれば細かい経費が落とせますw

シートベンチレーションの機能はRAV4のアドベンチャーには必須アイテムだと思ってます。

 

 

シートが合皮で黒いシートは日差しでかなり暑くなり、蒸れる事が多々あるでしょうから。

しかも関連スイッチ周りの見栄えもgood!

見積り紹介以上です!

 

最後に

 

https://www.netcarshow.com/

 

正直走りに関しては気になる部分もあるRAV4ですが、抜群にカッコいいエクステリアと程よい質感、使い勝手がバランスされたクルマ。

魅力的な一台だと思ってます。

このオフロードパッケージはRAV4ラインナップの中でも特に渋い一台になりそう。

10月のデビューが楽しみですね!!

展示車や試乗車が展開されればまた取材させて頂いて報告したいと思います。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

RAV4の公式HPです。

 

 

RAV4の内外装のレポートです。

PHEV以外の全グレード網羅しています。PHEVも取材はしているので近い内追加予定です。

 

 

RAV4 2020 マイナーカテゴリの最新記事