新型N-WGNエクステリア・安全装備レポート!

【試乗日記】2019.7.20 ミニ・クーパーD・クラブマン、レンジローバー・イヴォーク

【試乗日記】2019.7.20 ミニ・クーパーD・クラブマン、レンジローバー・イヴォーク

2019.7.20はクラブマンとイヴォークを試乗

 

 

2019.7.20の試乗日記です。

あいにくの雨模様で試乗中・撮影中ちょいちょい雨に降られる中で取材となりました。

題名にもありますが、今回はミニのクラブマンとレンジローバー・イヴォークの試乗へ。

どちらも初めての試乗でしたので撮影許可など含めて事前に問い合わせしていました。

ミニの方は問い合わせ時にOK貰ってましたが、ランドローバーは「メーカーに問い合わせします」と意味深な感じで当日まで撮影出来るか分からずにいた状態w

 

 

結果的にはとても丁寧に車両解説、また撮影もさせて頂けて本当に有り難かったです。

ミニのディーラーでも見積もり等も快く作成して頂けました。本当に感謝です。

後日詳細な記事にしていきます。

 

 

ミニクラブマン試乗

 

ミニ・新潟の店舗がおしゃれ!

 

ずっと気になってたミニで初めて試乗させて貰いました。

最初にクラブマンに試乗したのは、ミニクロスオーバーというモデルと並んで、一番ファミリーでも行けそうなクルマだったから。

あとやはりゴーカートみたいと言われる走りを体感するには背の低いモデルが良いだろうという理由です。

今回お世話になった「ミニ新潟」さんはAM10:00からオープンなので朝一からお邪魔すると、既に結構なお客様がいらっしゃいました。

 

 

店内は黒基調でかなりおしゃれなカフェのような、もしくはブティックのような雰囲気。

画像左の4輪車や、他にも雑貨や小物なども販売されていました。

入って正面にこれも気になってる、クロスオーバーも鎮座。

クロスオーバーはそれこそ、完全にミニじゃないw

 

 

オプションで内装パーツの色も変えられるんですが、展示車は無難にブラック基調のインテリアでした。

デザインはどのモデルでも共通化されていますね。

ブランディングでしょうか。

 

 

席に座って周りを見渡してもずっとお洒落。

この感じは国内メーカーの店舗には無い雰囲気ですね。

黒いマツダの店舗とも違った、落ち着いた中にインテリアやレンガ調の壁で挿し色され、センスを感じる店舗になっています。

あんな大きいソファがディーラーに置いてあるのは初めて見ましたw

 

クラブマンは2019.10月に改良予定

 

 

店内にもブラックのクラブマンが展示されていました。

全幅1,800㎜、全高が1,470㎜と特別背が低くはないですが、やたらとロー&ワイドに見えます。

両端に配置された可愛い丸めのヘッドライトの効果でしょうか。

ガラスエリアも広くなく黄金比も考慮されているからかもしれません。

 

 

クラブマンは10月に商品改良されエクステリアが若干変更されるそうです。

フロントグリルが全てメッキバータイプに。

リヤのコンビネーションランプがイギリスの国旗(ユニオンジャック)のようなデザインに変更されるそうです。

ユニオンジャックのリヤコンビネーションランプは他モデルでも採用されているもので同様のデザインになるとか。

現状のデザインが結構好きなので勿体ない気もします。

あとはガソリンターボのモデルが7速DCTに変更されるそうです。

ガソリンモデルは6速と8速ATどちらも7速DCTになるのかな?

 

 

ミニはカスタマイズが豊富なのでカラーサンプルも店内に準備されていました。

これだけ見るとホントアパレル感ありますw

 

 

ミニ・CLUBMANは思ったよりハードじゃなかった

 

MINI COOPER D CLUBMANに試乗

 

 

試乗車はラピスラグジュアリー・ブルー・ソリッドという有償カラー。

ミニの魅力は色の魅力でもありますよね。

可愛い見た目と素敵なボディーカラーの組み合わせを考えるだけで楽しいでしょうね(^^♪

試乗車のボディーカラーは個人的にもかなり好み。

輸入車のネイビーブルーは素晴らしい。

 

 

カタログにも謳われているほどの「ゴーカートフィーリング」は確かにクラブマンでも感じることはできましたが、普段レヴォーグ乗ってるからなのか想像より全然マイルドでしたね。

むしろ、高いボディー剛性と程よく動く足の組み合わせが良くて、地面とのしっとりとした接地感も感じる程でした。

またFFとは思えない回頭の良さ。

コーナリングでの挙動は安定してロールもほとんど感じませんし、足回りの締め付け方が抜群に上手いという風に感じました。

 

 

試乗後は雨の降る中での撮影でしたので、あまりエクステリアは撮影できませんでしたが最低限は撮影させて頂けました。

後日頂いた見積もりも含めて記事にしたいと思います。

 

 

初めてお邪魔しましたが、すごく取材しやすい雰囲気を作って頂けました。

ありがとうございました。

 

ランドローバー新潟で新型イヴォーク試乗

 

続いてまたまた初の「ランドローバー新潟」さんでレンジローバーのイヴォークに試乗させて頂きました。

冒頭でも書きましたが、ブログの為の撮影をお願いしたところ「メーカーに問い合わせ」しますとの回答で、取材当日まで撮影OKか分からずディーラーまでドキドキでした。

結果的には撮影許可も頂けて、クルマの説明も細かくして頂けて有り難い限りでした。

 

ランドローバー新潟店舗

 

 

店舗外観は白基調でクリーンな店舗外観でした。

ランドローバーやミニがあるところは輸入車ディーラーが密集しているので私にとっては聖地ですw

 

ジャガー・E-PACE 特別仕様車を拝見

 

 

店舗に入るとディスカバリースポーツ、ジャガー・E-PACE、XFスポーツブレークが鎮座していました。

 

 

このE-PACEはジャガー初のコンパクトSUV。

展示されていた車両はテニスの錦織圭選手がセレクトした組み合わせという特別仕様車で50台限定だそうです。

価格はいくらなのか確認忘れました。

高そうですねw

R-DAINAMICというグレードがベースになっていて、内装は鮮烈な赤色が基調になっていました。

 

 

ボディーサイドにコラボレーションモデルである事の表すエンブレムが。

購入すると直筆サインも頂けるそうです!

新潟にお住みの方、今ならまだ間に合いますよ )^o^(

 

 

E-PACE自体初めてしっかり見たんですが、全体的に丸い感じで踏ん張り感が凄いですね。

コンパクトSUVとはいえ迫力があって車格レスです。

ボルボのXC40も今回のイヴォークも全幅が1,900㎜に近いのでコンパクトと言うのは無理やりな気もします ^_^;

 

 

ホイールもブラックメッキで全身ブラックな引き締まったエクステリア。

キャリパーはレッド塗装で足元もスポーティな演出が抜かり無し。

 

 

内装は結構鮮やかなレッド。

デザイン自体はシンプルでオーソドックスな感じですね。

ナビ周りもスッキリしていて使い易そうな雰囲気がありました。

 

 

ドアトリムはこんな感じ。

イヴォークと兄弟車だけの事はあり、共通のパーツなんかも確認出来ました。

 

 

リヤのアウタードアハンドル上部のプレスラインがスゴイですね。

この唐突な盛り上がりは製造的にも結構難しいデザインではないでしょうか。

リヤの画像は撮り忘れましたが、ショルダーラインを形成しスタンスの効いたリヤビューになっていました。

 

 

フロントガラスにベイビージャガーのイラストが設定されていて可愛かったです♪

ジャガー・F-TYPEというモデルの走りのDNAを受け継いでいるとの事で、ベイビージャガーがE-PACEになっているそうです。

こういう細かいデザインは女性の方のハートを掴むそうですw

 

 

インテリアのあるパーツですが、このようにヒョウ柄になっていました。

これはどこのパーツでしょうか??

分かる方は気が向いたらツイッターでもブログコメントでもお寄せくださいw

特に正解の特典はありません ^_^;

国産車にもこういう遊び心欲しいな。

 

ジャガー、XFスポーツブレークも拝見

 

 

ジャガーのXFというモデルのワゴンモデル、スポーツブレークも拝見しました。

ジャガーはモデルチェンジの度にデザインポイントを減らすようにしているそうで、どんどんシンプルになっているそうです。

確かに昔のデザインよりプレスラインとか深くないですし、抑揚も抑えられているかも。

 

 

美しいフォルムですね。

引き算のデザインと仰っていましたが、マツダの事がすぐ頭に浮かびます。

シンプルなデザインはこれからの流れでしょうか。

 

 

リヤも良いですね。

ジャガーのステーションワゴンも以前から素敵なモデルがありましたが随分イメージは変わりました。

 

 

ルーフライニングの質感がめちゃくちゃ良かったです。

皆さん触るんでしょうね、指の跡が付いてましたw

私も触りましたが、毛足もあって良い触感でした!

 

 

クラシカルな雰囲気の表現が巧いなぁ。

インパネにアルミパネルも採用されていて先進感もあるんですが、トータルで見ると伝統感あるんですよね。

色の組み合わせ、素材の使い方はさすが。

また近いうちに試乗させて頂きたいモデルだと思いました。

 

イヴォークは先進感の塊

 

 

試乗車はノーマルタイプのSEと言うグレード。

2.0ℓ4気筒ターボのモデルでした。

このクルマの一番の感想は先進性の高さと使い勝手の良さが素晴らしいという事でした。

走りはSUVらしいと言えばそうなんですが、ここもかなり電子デバイスのアシストを受けて新しさを感じるもの。

後日のドライブフィールのレポートで詳細はまとめます。

 

 

内装はエクリプスという青系のインテリア。

インテリアの設定なんかも豊富で、グレードも含めてかなり種類あるので事前に勉強しとけば良かったです^_^;

 

 

エクステリアはより洗練されて力強さとスタイリッシュさの融合が高次元でなされていてめっちゃかっこいい!

ツイートもしましたが、R-DYNAMICというグレードにブラックパックというオプションの付いた車両が入ってくるそうなので是非拝見したいですね。

もし撮影できたらブログでも報告したいです。

 

 

カタログが無かったのですが、HPをコピーした自作カタログまで頂きました。

これ作るのも一苦労でしょうに。感謝します。

 

 

これは書きたいこといっぱいあるクルマです。

先進的なクルマのデバイス関連でここまで使ってみたいとか、スゴイ!って思ったの正直初めてです。

メルセデスもデジタルとアナログの使い分けが良いと思いましたが、イヴォークはまた新しいアプローチ。

先進的な世界観が秀逸なクルマだと感じます。

 

今週はこんな感じでした!

では後日の詳細記事もチェックお願いします!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

今週お世話になったディーラー

 

MINI 新潟

 

TEL :025-285-3298

営業時間: 10:00 – 18:00

定休日: 水曜日(年末年始・夏期)

 

 

ランドローバー新潟

 

TEL: 025-285-7290

営業時間 :10:00~18:00

定休日: 毎週水曜日

 

 

 

 

試乗日記 2019カテゴリの最新記事