新型N-WGNエクステリア・安全装備レポート!

【プジョー508SW1日試乗】しました!新潟のお奨めスポット巡りPart1

【プジョー508SW1日試乗】しました!新潟のお奨めスポット巡りPart1

プジョー508SW GT Line 1日試乗Part1

 

 

プジョー508SWのGT Lineに1日試乗させて頂きました。

508SWは先日デビューしたプジョーのフラッグシップステーションワゴン!

シューティングブレークスタイルのとてもスタイリングの良いモデルです。

508・508SW共に当ブログでは何回か登場していますが、今回初めてSWに試乗することが出来ました。

今回508SWと私の好きな新潟のスポットを巡り、そのスポットのご紹介や508のインプレをしていきたいと思います。

 

ちょっとご報告

 

ツイートもしましたが、ミラーレス1眼カメラを購入しました!

今回の撮影からこのカメラを使用して撮影していますので、今までよりも鮮明な画像をお届けできます。

まだまだ腕が追い付いていないので「ちょっと違うかな?」程度かもしれないですが、画像の違いも感じながら見て頂けると嬉しいです。

 

 

試乗車のGT Lineですが、1.6ガソリンターボモデルの上級グレード

ボディーカラーはSW専用色アマゾナイトグレー

 

 

メタリックの効いたカーキ色でプレスラインも良く見える良いボディーカラーでした。

508SWのラインナップはこのようになっています。

 

新型プジョー508SWグレード構成・価格

 

Allure(アリュール)

1.6ℓガソリンターボ 180PS 250N・m

2WD/FF・・・¥4,420,000

GT Line・・・今回の試乗車!!

1.6ℓガソリンターボ 180PS 250N・m

2WD/FF・・・¥4,840,000

GT

2.0ℓディーゼルターボ 177PS 400N・m

2WD/FF・・・¥5,170,000

 

ご覧の3グレード構成。

ディーゼルエンジンのモデルが最上級となります。GT・GT Lineの装備差はシート表皮の違い位でほとんどありません。

Allureのみ廉価グレードという形になっています。

508にはセダンもラインナップされていて、こちらもファストバックスタイルを取り入れた魅力的なエクステリアです。

 

508セダン GT Line 

セレベスブルーのボディーカラーが魅力的

 

SWの見積もり記事も以前アップしていまして、価格や装備についても細かく紹介しているので気になる方はこちらも見てみて下さい。

 

 

では1日試乗のレポートに移ります。

 

プジョー508SWで上堰潟公園へ

 

ディーラーから家までドライブ

 

ディーラーで508SWを預かり一旦家まで戻ります。

その道中で走りを再度確認。

以前508のセダンを試乗させて頂いた時に少し足回りの硬さが気になったのですが、その素振りは全く感じられなかったんですよね。

セダンよりリア全長が伸び、車重が約40㎏重くなったことも要因としてあるかもしれません。

高い静粛性と、アクセルワークに対する高いレスポンス、加速性能の良さはセダンと同等ですね。

 

Aピラーとサイドミラーで出来る死角は気になりました

 

8ATがテンポよくスムーズに変速していくので加速が気持ち良い!

フゥゥンと少し高めのエンジン音の質もよくスポーティーな雰囲気。

508のフラッグシップとしての立ち位置から考えるとディーゼルのほうがゆったりとしているので車格としてはディーゼルが良いのかな?という印象もあります。

そんな事を考えながら家まで戻りました。

 

 

508SWは全幅が1860㎜、全長4790㎜あるので我が家のカーポートへの収まりもチェック。

結果的には問題なく入庫可能 (^O^)「508買っても問題ない事は確認!w」

「買える、買えないは別!」

 

 

試乗車はフルパッケージという、色々なオプション(ナッパレザーシートやサンルーフ、ナイトビジョンなる安全装備等)の付いたモデルでした。

その中の機能として360°ビューモニターがありまして上画像のような映像が表示されます。

めちゃキレイとかではないですが、充分見やすい画像でした。

360°ビュー機能ですが、このフルパッケージオプション65万円を付けないと設定出来ないのが痛いところです。

早急に単体オプションの設定をー!

 

 

コンソールの裏に置くだけ充電スペース有

 

508のセンターコンソールポケットにあるちょっと便利な工夫ポイントを営業さんに教えてもらいました。

コンソールのポケットと標準装備の置くだけ充電スペースが穴でつながっています。

置くだけ充電スペースに設置されているUSBスロットはメディアの入力に対応しているので私のiPODと繋いで音楽を聴くことができました。

 

 

音源を私の様に利用される方は常にこのような感じになるかも?しれません。

配線はもっとスマートなのありますw

奥さんをピックアップして最初の目的地新潟市西蒲区にある上堰潟公園まで508SWを走らせます。

 

何でもそうかも知れませんが、自分が好きな事に興味ない人の意見って面白いですよねw

 

 

確かに髭剃りに見えなくもないww

 

 

ステアリングの上から覗く12.3インチヘッドアップインストルメントパネルはプレートやフロントガラスに照射するヘッドアップディスプレイ要らずのメーター。

コストをむやみに上げない考え方は好印象です。

視認性も高い。

本国仕様ではナビ画面を映す機能もあるようなのですが、国内仕様では対応していないようです。残念。

 

異形・小径ステアリングは操作性良好!

 

ステアリングの操作は軽めですが、しっかりとダイレクトなクルマの挙動。

高い剛性感はワゴンボディーになっても健在です。

ボディーのヨレやネジレみたいなものは一切感じませんでした。

塊感あります )^o^(

走りは相変わらず良いのですが・・・

 

508のナビは要改良!!

 

公園のおおよその場所は分かるのですが、ナビを目的地セットしてみます。

そもそも使い方もちゃんと知らないのもありますが、本国仕様とは違いカロッツェリアのナビが標準装備されている508。

「ナビが標準って嬉しいな」と思っていましたが、これが曲者でしたw

 

目的地セットがし辛い

 

先ず通常のナビ画面で目的地検索をしたい場合、名称入力や、住所入力の画面を開くスイッチやナビ画面上の場所が分かりませんでした。

私の試乗している限りで分かったのは、ナビ画面手前の物理スイッチで何か違う項目(エアコンの画面)等を開いてからナビ画面に戻すと

 

 

現住所の上にうっすらと「MENU」「MAP」の文字が見えるでしょうか?

この「MENU」を押して目的地入力の選択画面に行けるという感じのようです。

少し煩わしいです。

プジョーの最新モデルには「プジョーミラースクリーン」という機能があり、AppleCarplayやAndroidAutoに対応しています。

今回は試していないですが、私のようにスマホの制限量が少ない人からするとこの辺りの使い勝手も考慮して欲しいところ。

 

 

自車の位置を早い段階で見失う

 

そして一番の問題!

出発して割とすぐ、2キロまで走ってないと思いますが、自車位置を見失い始めますw

 

 

あぁぁぁーーー

公園までの道中ずっとこんな感じでしたw

結局奥さんにGoogleナビして貰って公園までたどり着きました。

公園に着くほんと少し直前になってナビが復帰!!

「遅いわ!w」

ナビはちょっとびっくりしましたが、アップデート等で改善されるのではないかと思います。

それか、私の接続していたiPODとの相性もあるかもしれません。

 

この日はめちゃくちゃ暑かった!

 

全幅1860㎜×全高1420㎜

 

公園の駐車場は第1・2とありトータルで100台位は停められる広さが確保されています。

折角なのでアマゾナイトグレーの508SWを撮影。

フロントマスクのキバデザインのポジションランプはインパクトありますね。

暑い(-_-;) ちょっと撮影するだけで汗が滲んできます。

 

全長4,790㎜

 

プレスラインがキレイに出てます。

アマゾナイトグレーは国産車ではなかなか見られない良い色。

私が508購入するならセレベスブルーかこの色がいいなぁ。

ブラックとダークブルーも気になる。

シューティングブレークスタイルのワゴンですが、その名の通り素晴らしいプロポーションだと思います。

サッシュレスのドアもスポーティで特別感があります。

 

 

リヤビューが秀逸。

ドッシリ、ぽってりとしたお尻がめちゃセクシーじゃないですか!

ブラックアウトしたリアコンビネーションランプで独特な雰囲気も演出されています。

「PEUGEOT」のロゴが良いなー。

GT Lineはマフラーが左右2本だしでフィニッシャー径も良い感じの太さ。

 

 

508は真っ直ぐ駐車するのが難しかったですw

何回かやり直しました ^_^;

ちょっと慣れが必要かも?(私がヘタなだけという説もあります)

 

 

この文字のサイズ、間隔がホント良い。

 

 

508をしばらく堪能して園内に足を向けます。

 

上堰潟公園で少し散歩

 

この公園は去年子供を連れて向日葵を見に来たのですが、その向日葵畑の様子を確認しに来ました。

遊具や遊歩道も整備されており、気候の良い時期には遊びに来るにはとても良い公園です。

しかし、この日は暑すぎましたw

 

 

折角なので少し散歩します。

公園の案内板にセミの抜け殻が。

 

 

よくこんな所まで登ったなぁ。

セミのドラマに思考を傾けますが、暑くてすぐやめました。

さすが1眼レフ、綺麗に撮れてるw

 

 

潟という文字が入っているだけのことはあり、公園内の敷地は水辺が多いです。

 

 

園内では展示物の作成中でした。

この暑いのに大変だ。

木組みを作成後、ここに藁で形を完成させる展示物になっていきます。

 

 

公式HPですが、ここで展示物の写真等掲載されています。

 

 

水路がキレイですが、水量が多いと湿原っぽくなってる箇所へ入る事が出来ないことが多いみたいです。

 

 

去年来た時もこの看板ぶら下がってましたね。

 

 

子ども用の遊具も豊富です。

平日&暑過ぎで遊んでいる人はいませんでした。

私達みたいに散歩だけの方がチラホラ程度。

 

 

バーベキュー場も完備。

 

 

利用時間:AM9:00~PM4:30

事前申し込み必要

連絡先:新潟市西蒲区建設課だそうです。

今度来てみようかな。

 

 

木陰もあって水辺が近いこともあり、暑いですが時折気持ち良い風も吹いてくる感じです。

 

 

暫く歩いてひまわり畑に着きましたが、まだまだですね。

見頃は八月中旬から下旬にかけてって感じでしょうか。

 

 

新しいカメラになったのでむやみにこういう写真撮りたくなりますw

色調がキレイな感じ。

 

 

さすがに終わってましたが、アジサイも結構植えられているので梅雨の季節も良さそうです。

 

 

508SWに戻って次の目的地に向かいます。

このリアのサイドビューたまらんなぁ。

アマゾナイトグレーは陰影が良く出る色ですね。

 

カフェ「Taibow!(タイボー)」へ

 

 

508SWと店舗を撮影

 

 

上堰潟公園から次の目的地タイボーカフェは目と鼻の先です。

めちゃくちゃ近いのですぐ分かります。

タイボーさんはコーヒーとジェラートメインでランチ等はされていません。

 

 

FaceBookで情報を発信されているのでお休み等はチェックしてから来店されることをお奨めします。

公園から近いので暑くなった体を涼めるのにちょうど良い感じ。

 

撮影許可貰ってます

 

木造の建物に大きなガラスの窓、素敵な外観のお店です。

ログハウス的なのはそれだけで非日常感あるので惹かれますね。

以前訪れた時にとても気に入って「また来たい」と思っていましたが、やっと来れました。

 

 

508のロアバンパーってこの角度から見ると結構スポーティな形状してます。

 

 

上手い構図がわかりません。

駐車する場所とかも考えないとでしょうか。

 

 

508のセダンはファストバックスタイルなので後席の頭上空間が犠牲になっていて、後席に乗り込む時にも頭を気にしないといけませんでした。

ワゴンになればその辺りも解消されており、足元も広いので家族で使用される方はやはり、508SWがストレスなくて良さそうです。

ドアの開閉感がドンと重厚感があって良い感じ、ボディーのビビり感は全くありません。

 

 

フルパッケージのパノラミックサンルーフが付くとシェード巻き取りの分で後席頭上にルーフが盛り上がってきます。

これが結構気になる。

 

 

かなり主張してくるので私は価格も含めて考えるとフルパッケージは付けないかも。

 

 

やっと店内にお邪魔します。

 

 

お店の名前に!マーク付いてるの珍しいですよね。

 

 

店内はペットダメです。

お子様が騒ぐのもNGですので良く言い聞かせて入店しましょう。

 

店内の様子

 

 

店内もウッドな落ち着いた雰囲気で奥にテーブルやソファ席もあります。

私たちはプジョー508SWを見ながら飲み物を頂ける窓際の席へ。

 

上堰潟公園見えてます

 

 

これですよね。

飲食店の醍醐味w

クルマ見ながらゆっくりできる贅沢感がサイコー!

 

 

頼んだジェラートとカフェラテを頂きます。

ピスタチオとチョコ系のジェラートが美味しい。

カフェラテもミルクが濃くコーヒーとの配分、まったり感もしっかりあって飲み応えあるタイプ。

「Taibow!」のカフェラテはかなり好みです。

ソフトクリームも取扱いあるんですが、土日のみのメニューで今回はなし。

以前来店した時はコーヒーソフトを頂いたんですが、これもかなり絶品でした!

 

 

新しいカメラでジェラートを撮影するのが楽しくてww

単焦点レンズなるモノをお奨めして頂きましたが、購入にむけて動きたいと思います。

違う方向に行ってしまいそうな・・・

 

 

店内ではグッズや、コーヒー豆の販売もされているので気になる方は是非行ってみて下さい。

しばらくゆっくりさせて頂いて次の目的地。

カーブドッチワイナリーに出発します。

 

 

続きはまた後日更新します!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

 

508SW 2019カテゴリの最新記事