RAV4 PHV見積もり、装備差紹介!

キター!【くるすぺさんプジョー508SW契約】おめでとう!!

キター!【くるすぺさんプジョー508SW契約】おめでとう!!

くるすぺさんが508SW契約した話 プジョーや508の魅力を考えた

 

 

今回はタイトルの通りです。

ブログ仲間で、いつも仲良くさせて頂いている「くるすぺさん」が新しいクルマを契約されました!

 

 

このツイートでリンクされてる記事がこちら。

 

 

しかも購入したのが皆憧れ?のフラッグシップワゴン「508SW!」

素晴らしい!

508は当ブログでもセダンとワゴン含めると相当な記事数を割いているいわゆる「べた惚れカー」でございます。

セダンとワゴンでわざわざカテゴリー分けてますからねw

 

https://www.subaru.jp/

 

くるすぺさん、少し前まではレヴォーグ!レヴォーグ!言っておったのに、ここに来て急展開ですよ!

やっちまったな!

羨ましいぞ w(‘Д’)w

おめでとうございます!

 

まだグレードは明らかになってないので気になるところですが、パワーユニットはのガソリンは間違いないでしょう。

なぜならディーゼルのSW、彼はまだ乗ってないはず?私も乗ってません(泣)

 

イヤーしかし、嬉しいです。

先日ご報告しましたが、私もプジョーの3008というSUVを納車待ちの状態です。

これまた、ブログ仲間のまこまちさん( https://twitter.com/makomach )もプジョー・308SWオーナー

 

 

 

このように「乗り味にやたらうるさい系ブロガー」がプジョーに魅せられていますw

そこで508の魅力を改めて紹介したいのと、結託せずとも自然とプジョーに惹きつけられた理由も独断と偏見で考えてみました。

 

 

プジョーのモデル・508の魅力について

 

くるすぺさんの508ご契約を受けて改めてプジョーのモデルや508の魅力について考えてみました。

 

 

まぁ、何が良いってまずはスタイリングですよね。

これが良くないと購入候補にはまず上がって来ないでしょう?

勿論、人により感じる所は様々ですが。

私はステーションワゴン大好きなのでとにかくサイドビュー。

プジョー508SWのシューティングブレークと呼ばれる流線型の形をした魅惑のサイドからの眺め。

弓なりにしなったような全体のフォルムが走りの良さ、美しいデザインを際立たせます。

 

 

そしてこの新しいデザイン言語が採用されたフロントフェイス!

この牙のようなポジションランプが存在感抜群です。

地味に結構薄いフロントノーズと相性が良くて、じゅるりとヨダレが出ちゃうw

 

https://www.netcarshow.com/

 

今年発売予定の新型208や2008にも採用されているデザイン言語をフラッグシップから採用してくる流れも、この508に対するメーカーの強い思い入れを感じますよね。

このポジションランプはイケてるわー。

(208も今年欧州のカー・オブ・ザ・イヤーに輝きましたし、プジョーイヤーかもしれませんね!)

 

ディーゼルのGTは片側2本だしマフラー。

 

忘れちゃいけないのがこのリアビュー。

このクルマは全方位でカッコいいんですw

ブラックアウトされたリアコンビランプでしょ、「P E U G E O T」のロゴの文字間の取り方とサイズ、センスしかねぇ。

 

ガソリンのGT Lineは両側1本だし。

 

基本的なショルダーラインもしっかりと作ってあってリアフェンダーの色気も凄い。

最新モデルは先進感を出しつつボンネットフードの車名ロゴでトラディショナルな雰囲気も併せ持ちます。

それ以外のモデルはというと、よりクラシカルな匂いも感じながら、控えめに、でも確実に個性を放っています。

 

 

そして、私たちがやられてしまったのがドライブフィール!

ツイッターでもよく言われてましたが、プジョーのどのモデルに乗ってもそれぞれ芯の通った魅力があって、そのモデルにしか出せない個性を感じます。

508SWの真下に308SWがあるのではなく、全部横並びというんですかね。上位、下位がない。

ベクトルが違うんです。

これは乗ってみれば一番分かると思いますが、パワートレーンが、サイズが違うから、という事だけではなく完全にそれぞれのアイデンティティーが見た目だけでなく乗り味にも現れてます。

 

 

その中にプジョーとしてのエッセンスがしっかりと落とし込まれていてちゃんと成立している。

特に、私が感じるプジョーのエッセンスとしては「やさしさと鋭さの共存と、そのメリハリ」じゃないかなと。

ゆったりとした気持ちで走りたいとき、ちょっとスポーティに走りたいとき、どちらの気持ちの時でも最高のパフォーマンスを発揮してくると感じています。

得意はやはりゆったりかなとは思いますが。

 

そういった「プジョーらしさ」が各モデルの強い個性の芯に座ってるな、って思います。

 

 

乗り心地は全く損なわれずに、程よい音のインフォメーション(508の1.6ターボは特に音が良いっす♪)やステアリングのリニアで、かつダイレクト感のある応答性。

コーナリングでも意外と粘る足、しなやかな筋肉を持ったアスリートのように軽やかに気持ちよく駆け抜けてくれる。

「あー凄いな、気持ち良いな」って感じるトキメキポイントをしっかりと抑えてくれてる。

 

 

508で言えば、セダンはよりスポーティだし、SWになるとそこにコンフォートなタッチが加わる。

ボディータイプが変わった時にメーカーが意図とする狙いとかこのクルマで表現したいことを明確に体感させてくれます。

後席を割り切ったセダンは日ごろからスポーティに駆け抜けたいユーザーのために、ワゴンは走行性能も諦めたくないが荷物をたくさん積んで家族とバケーションに。

ここで書いてることは当たり前のような事ですが、クルマがそういうライフスタイルを明確に主張してくれるんです。

 

そして508にはアクティブサスペンションが搭載されてトキメキだけでなく「驚き」も追加。

この路面、コーナーでこんな足捌き出来るんですか!とか。

このモードにするとこんな性格になっちゃう?とか。

ちょっ、、このステアリングの安定感!

あれ?ノイズ消えたじゃん、とかとか。

 

 

人の生活があって、そこにオシャレで気持ち良い走りの楽しいクルマが寄り添ってくれる

普段の買いものドライブにも旅行にも過剰ではなくさりげなく華を添えてくれる。

ライフスタイルをより豊かにしてくれるような魅力を感じます。

 

 

そしてドライバーを包み込んでくれるPeugeot-i-Cockpit。

高いセンターコンソールとステアリングの上から覗くメーター類。

ドライバーにエンジン音や走行フィールを最大限に感じさせるための特別な空間。

 

 

試乗してるだけでも感じられるクルマと一体化するような感覚があります。

まだ乗った事無い方には是非一度体感して欲しい。

新しい世界が見えるかもしれませんよ?

 

私が今の段階で感じているプジョーや508SWの魅力、そしてこの508SWを買っちゃったんだね!くるすぺさん!

 

納車が私の3008より早くなりそうだしww

あと少しだけど、5008とのカーライフを楽しんで精一杯感じてあげて下さい。

私ももうすぐレヴォーグとお別れ・・・・

 

 

私たちが初めて会ったのが2019年8月、この時はレヴォーグと5008でしたが次会う時は3008と508SW。

2人とも違うクルマで、どっちもプジョーw

まさかこんな事になるとは思わなかったですが、さらに会えるのが楽しみになりましたね♪

 

 

私とくるすぺさんの馴れ初めが気になる方はこちらも読んでみて下さいw

見てる方が恥ずかしい位、そしてどちらもオッサンなのに!って位の女々しさですww

 

私が書いた記事。

 

 

くるすぺさんが書いた記事。

 

 

508SW 2019カテゴリの最新記事