Audi A7の試乗記アップ!

新型【カローラツーリング見積もり】しました!グレード別装備や支払価格は?

新型【カローラツーリング見積もり】しました!グレード別装備や支払価格は?

新型カローラツーリング見積もり・装備・オプション報告

 

 

2019・9月にフルモデルチェンジする新型カローラの装備確認や見積もりを頂いてきました!

カローラはトヨタの顔とも言えるクルマですが、今回の改良で従来の5ナンバーサイズから、ついに3ナンバーサイズへと変わります

カローラはセダン・ワゴンのボディータイプを有していますが、どちらも先にデビューした同社カローラスポーツと同様のデザインが採用されています。

 

カローラスポーツ

 

今回はワゴンタイプのカローラツーリングの見積もり、装備やオプション関係をまとめて報告します。

セダンも価格紹介します。また装備関係は基本的に同じなので参考にしてもらえると思います。

初めて金額知った時は価格アップしたなと思ってたんですが、内容や見積もり確認すると適正な価格ですし、良い立ち位置になりそうな予感!

 

 

ツイートもしましたが絶妙なサイズ、価格なんですよね。

 

注:なるべく細かく伺ってきましたが、すべてを網羅しておりません。

間違っている箇所もあるかもしれませんのでご了承お願いします。

 

新型カローラ概要

 

新型カローラについてワゴンタイプのツーリングを中心にご紹介していきます。

 

https://www.netcarshow.com/

 

こちらは欧州使用のカローラツーリングですが、国内向けのボディーサイズはセダン、ツーリング共にほぼ同じ寸法のようです。

全長4,495㎜、全幅1,745㎜、全高1,460(ツーリングの場合)、とこのようになっています。

ホイールベースは2,640㎜、最低地上高は130㎜

 

頂いたパンフレット内の画像

 

国内用はナローボディーということで、カローラスポーツの全幅1,790㎜よりも少し全幅が小さくなっています。

この全幅の縮小がデザインの印象にどれだけ影響してくるのかは気になるところですね。

個人的にカローラスポーツの見た目はかなり好みでもあるので、前から走ってくる時の重心の低さやスタンスの感じがスポイルされていると残念かなと。

 

https://www.netcarshow.com/

 

ツーリングのリヤビューがイケテますよね!

国産車離れした雰囲気も感じられる仕上がりになっているんではないか?と今から実物見るのが楽しみです。

国内向けはこの雰囲気になっているのか!?

 

ディスプレイオーディオが新型カローラからスタート

 

あと新しいディスプレイオーディオという装備がカローラから採用されます。

 

https://www.netcarshow.com/

 

見た目はカローラスポーツとほとんど同じ感じだと思います。

7インチと9インチから選択するタイプになっていて廉価グレードのG-Xでは9インチはセレクトできません

7インチ(4スピーカー)が標準で9インチ(6スピーカー)はメーカーオプション約¥28000となっています。

マツダのマツダコネクトのように通常でAppleCarplayやAndroidAuto等の機能が備わっています。

詳しく確認していませんが、従来のコネクテッド機能も備えているそうです。

ナビの機能約7万円はディーラーオプションで設定あり。

 

ではグレード構成と価格を見ていきましょう。

 

新型カローラセダン・カローラツーリングのグレード・価格

 

新型カローラパワートレーン

 

カローラのパワートレーンは全部で3つです。

 

■1,800ccガソリンNAエンジン CVT・2WD/FF 

■1,200ccガソリンターボエンジン 6MT・2WD/FF

■1,800ccガソリンNA+1モーター ハイブリッド CVT・2WD/FF、4WD

 

これらのパワートレーンは他のトヨタ車で既出の物です。

1,200ccのガソリンターボモデルは6MTのみでガソリン車の上位グレード的な位置づけということみたいです。

ガソリン車の駆動方式はFFのみ、ハイブリッドは4WDの設定があります。

ハイブリッド四駆がラインナップされるのがトヨタとしては珍しいw

C-HRでもカローラスポーツでも無かったんですが、カローラでは普通にラインナップされましたね。

 

https://www.netcarshow.com/

 

余談ですが、カローラスポーツもツーリング・セダンのデビューと合わせて改良が入るみたいです。

ボディーカラーにツートン仕様が選択出来たり、シートのマテリアルなど変更されます。

赤×黒ツートンのカロスポかっこいい!!

 

https://www.netcarshow.com/

 

新型カローラのグレード構成と価格を一覧にします。

セダンとツーリングで分けます。

グレード構成はどちらも同じです。

 

カローラセダン、グレード構成・価格

価格は消費税10%込み

グレード/

パワートレーン

G-XSW×B
1,800ガソリン¥1,936,000¥2,139,500¥2,315,500
1,200ターボ××¥2,409,000 
1,800HV

2WD・FF/4WD

¥2,359,800

/ ¥2,601,500

¥2,527,200

/ ¥2,772,000

¥2,700,000

/ ¥2,948,000

 

カローラツーリング、グレード構成・価格

価格は消費税10%込み

グレード/

パワートレーン

G-XSW×B
1,800ガソリン¥2,013,000¥2,216,500¥2,365,000
1,200ターボ××¥2,458,500
1,800HV

2WD・FF/4WD

¥2,435,400

/ ¥2,678,500

¥2,602,800

/ ¥2,849,000

¥2,748,600

/ ¥2,997,500

 

G-Xを廉価グレードとして、最上級がW×Bとなっています。

1.2ターボモデルは最上級グレードのみ、しかもトランスミッションは6MTだけということになります。

セダンとツーリングの価格差は5~10万円。

1.8ハイブリッドのFFと4WDの価格差が約25万円。

現行の価格からは値上がりしていますが、装備等を見ると適正な価格帯になっていると思いました。

装備もあとから紹介します。

先に諸元表を確認させてもらっていた中で気になった内容を紹介します。

 

新型カローラは2WDと4WDでバッテリーが違う

 

https://www.netcarshow.com/

 

1.8ハイブリッドに使用されているハイブリッドバッテリーですが、

2WD:リチウムイオン

4WD:ニッケル水素

となっています。

駆動方式の違いでバッテリーの使い分けしているんですね。

確認してませんが、他モデルでもそうなっているのでしょうか。

個人的にはあまり気にしませんが、こういうポイント気になる方もいらっしゃるかなと思いましてピックアップしときました。

参考までに。

 

では続いて見積もりの紹介をしつつ、各グレードの装備を確認します。

今回はツーリングの1.8ガソリンのSグレードと1.8HV2WD・W×Bの見積もりの2種類を頂いてきました。

 

新型カローラツーリング見積もり・グレード別装備の紹介

 

装備が寂しい内容でしたので、今回G-Xの見積もりはしてもらっていません。

乗用目的としては実質的にSグレードからになる様に思います。

では廉価グレードの標準装備をご紹介します。

冒頭でも記載しましたが、装備はすべてを網羅できていませんのでご了承ください。

 

では廉価グレードで全グレード標準装備でもある内容を紹介します。

注目ポイントは下線にしてます。

G-Xの標準装備

 

エクステリア関連
3灯式LEDヘッドランプ+LEDクリアランスランプ
・ホイールキャップ付15インチスチールホイール
・ロアグリル加飾 ブラック塗装
・ロアグリルメッシュ 無塗装
・電動格納ドアミラー
プライバシーガラス無し(リアドア・バックドア)
インテリア関連
・防眩インナーミラー
・ファブリックシート
・4スピーカー
・充電用USB端子
・車載通信機
シングルフルオートエアコン
・アナログメーター 4.2インチTFT液晶
・インテリア加飾シルバー塗装
・ディスプレイオーディオ 7インチ
ウレタンステアリング・シフトレバー
電子パーキングブレーキ・オートホールド無し
安全装備
・トヨタセーフティーセンス

先行者発信お知らせ機能

全車速対応レーダークルーズコントロール

オートマチックハイビーム

(レーントレーシングアシストなし)

・SRSエアバック・サイドカーテンエアバック
・リヤカメラ

 

廉価グレードの装備がこのようになっています。

装備内容を聞いて「これは通常購入するならSグレードからだな」と思い見積もりやメーカーオプションは確認していません。

このグレードは商用車向けと言いますか、かなり装備が省かれています。

今回細かく確認出来ていませんが、選べるメーカーオプションも限定的になっているみたいですのでご注意下さい。

LEDヘッドライトや、最低限の安全装備やACCは付いていますが、後席やバックドアのプライバシーガラスもありません。

LEDヘッドライトの3灯式はカローラスポーツと同様だと思います。

 

カローラスポーツ中間のGの3灯式LEDヘッドライト

 

また電子パーキングブレーキとブレーキのオートホールドが無いのも痛いポイントです。

アルミホイールの装備もなく15インチのスチールホイールとなり外装はかなり簡素な雰囲気になるかも。

ディスプレイオーディオにリヤカメラも標準で付いてきます。

 

 

ではSグレードの見積もりと装備関連、メーカーオプション内容を見ていきます。

 

カローラツーリング1,800ガソリンSグレードの見積もり

 

今回紹介する見積もりは全て消費税8%価格になっています。

駆動方式2WD/FF、車両本体価格¥2,176,200の見積もりです。

 

 

支払い総額¥2,863,709!!

3ナンバー1,800ccガソリンのステーションワゴンがこの価格で購入できるのは結構お買い得ではないでしょうか?

 

先行注文すると増税前に間に合うモデルもあるそうですよ。

 

装備次第だとは思うので確認していきます。

まずSグレードの装備やメーカーオプションを一覧にします。

 

カローラツーリングSグレード標準装備・メーカーオプション

注:G-Xから追加・変更になる内容を記載します。

  変更になる内容については青文字で表記

 メーカーオプションは全て網羅出来ていません。

 

エクステリア関連
16インチアルミホイール
・ロアグリル加飾 グレーメタリック塗装
自動電動格納ドアミラー
プライバシーガラス有り(リアドア・バックドア)
撥水機能付UVカットフロントガラス
・ウォッシャー連動間欠ワイパー

 時間調整付

インテリア関連
センターコンソールアームレストスライド、

 ファブリック巻

・ディスプレイオーディオ 7インチor9インチ選択化
本皮巻きステアリング・シフトレバー
電子パーキングブレーキ・オートホールド
安全装備
レーントレーシングアシスト有
・インテリジェントクリアランスソナー
メーカーオプション
:見積もりで選択した項目は太文字
・スペアタイヤ ¥10,800
・ディスプレイオーディオ9インチ ¥28,080
7インチTFTカラー液晶メーター ¥75,600
・リヤクロストラフィックオートブレーキ

 パーキングサポートブレーキ

(後方接近車両) 

 ブラインドスポットモニター ¥64,800

・シートヒーター ¥27,000
LEDフロントフォグランプ ¥21,600
・カラーヘッドアップディスプレイ ¥43,200
・置くだけ充電 ¥12,960
・寒冷地仕様 ¥17,280

は最上グレードW×Bになると標準装備となる項目

 

Sグレードで選択したオプション内容です。

 

 

このようになっています。

中間グレードのSからアルミホイールが標準装備になり、プライバシーガラス等も標準。

乗用車としての見た目として最低限かなという感じになってきますね。

安全装備も少し充実しますが、ブラインドスポットモニター等はオプション¥64,800

個人的にスペアタイヤ¥10,800をメーカーオプションでも設定できるのはトヨタのクルマの良い所だなぁと思っています。

センターコンソールのアームレストもこのグレードからスライド機構が与えられます。

 

https://www.netcarshow.com/

 

リヤのコンビネーションランプは特に記載が無かったのでカロスポと同じようにLEDが標準かな?

シートヒーター¥27,000は最上グレードのW×Bでもオプション扱い。

シートベンチレーションの設定はありません。

 

ディーラーオプション内容も記載します。

あとで紹介するW×Bのディーラーオプションも基本的に同じ内容です。

 

ディーラーオプション

 

■フロアマットデラックス ¥20,520

■トノカバー ¥24,840

■サイドバイザーRVワイド ¥26,352

■ETC車載器ボイス・ナビキット ¥25,229

セットアップ ¥2,160

■エントリーナビキット ¥69,984

 

ディスプレイオーディオにナビ機能をインストールするのに掛かる料金が約7万円

 

追記

T-Connectナビキット約10万円というもう1つのナビキットが存在します。

ディスプレイオーディオ装着車に販売店装着のナビキット。 使い慣れたナビ操作と地図表示で快適ドライブ。

マップオンデマンド・ハイブリッドナビなど、充実のT-Connectサービスに対応しており、このT-Connectナビキットを装着しないとコネクト機能が使えないそうです!

コネクト機能が付けたい方は見積もり価格にプラス約3万円して貰えるとコネクト機能が付いた価格になります!

 

マツダより若干金額は高いですが、通常のナビを設定する従来のものより価格は抑えられますので嬉しいですね。

標準とすることでコスト面も抑えられるので車体価格へのプラス金額も少なく済むという期待もあります。

 

https://www.netcarshow.com/

 

では最後に最上グレード、HYBRID・W×Bの見積もりと装備の紹介です。

 

カローラツーリングW×Bの装備・オプション

注:Sから追加・変更になる内容を記載します。

  変更になる内容については青文字で表記

 メーカーオプションは全て網羅出来ていません。

 

エクステリア関連
・Bi-BeamLEDヘッドランプ、デイタイムライト付
ダークメタリック17インチアルミホイール
・ロアグリル加飾 メッキ
・ロアグリルメッシュ ピアノブラック
・LEDフォグ
高遮音性ウィンドシールドガラス
・リヤバンパーロアメッキ加飾
インテリア関連
・7インチTFTカラーメーター

+オプティトロンメーター

スポーティーシート
・シート表皮(ステッチ付合成皮革+レザテック)
・ドアトリムガーニッシュ、ピアノブラック
・ステアリングのベージュステッチ
・インテリア加飾サテンメッキ

シフトベゼル、ステアリングセンタークラスター

メータークラスター、サイドレジスター

 

https://www.netcarshow.com/Bi-Beamヘッドライト、デイタイムライトはこんな感じになります

 

W×Bはエクステリアやインテリアでの質感アップが多くなります。

Sグレードでメーカーオプションだった7インチのTFTセンターメーター、LEDフォグの合計約10万円の装備が標準になります。

シートも合成皮革とファブリックとのコンビシートになり、スポーティな形状のシートに変更されます。

 

カローラスポーツ公式HPより

 

こちらはカローラスポーツのスポーティシートですが、このようなシート形状です。

シート表皮のマテリアルはセダン・ツーリング専用になります。

もともとのSグレードとの価格差は約14万円、4万円で17インチアルミホイールやBi-Beamヘッドライト、インテリアの加飾が付くのでW×Bはお得な設定になっているように感じますねー

トヨタさん得意の最上グレードお得設定w

 

https://www.netcarshow.com/

 

気になるのはW×Bになってもアルミが17インチな点

画像のカロスポ同様のかっこいい18インチの設定がないのが残念です。

ダークメタリックのホイールがどんなデザインなんでしょうね。

 

そのW×Bグレードでハイブリッド仕様での見積もりを紹介。

 

カローラツーリングW×Bグレードの見積もり

 

1,800ccNAエンジン+1モーターのハイブリッド、2WD/FF車両本体価格¥2,748,600です。

 

 

支払い総額¥3,298,369!!

4WDになれば、ここに25万円が追加されるので約350万円という事になります。

個人的には3ナンバーステーションワゴン、ハイブリッド四駆というのはかなりそそられます!

付けたオプションを見てみましょう。

 

カローラツーリングW×Bメーカーオプション内容

 

 

W×Bはヘッドアップディスプレイのオプション¥43,200をつけたのがSグレードとの違いです。

あとのオプションに関してはSと同じ内容になっています。

ディーラーオプションのフロアマットはW×B専用¥28,080の物があるとのことで選択してみました。

 

オプション内容はSグレードの見積もりとほぼ同じ

 

これらのオプションと初回車検の基本費用込みのメンテナンスパック¥75,900が付いて約330万円という総支払額です。

最上グレードでもヘッドライトはアダプティブLEDヘッドライトにはなりませんし、シートヒーターもオプション¥27,000です。

装備に関しては他社と比べると最新とは言えませんが、必要な装備は大方抑えてあります。

Cセグメントステーションワゴンという事で簡単に考えると支払い金額は絶妙なラインになっているんじゃないかな?

このサイズ感、ストロングハイブリッド四駆で総額350万円前後って無いですよね。

 

https://www.netcarshow.com/

 

とにかく気になるのはエクステリア!

カローラスポーツから約50㎜全幅を削った見た目がどのように映るのか?

※追記

新型カローラと、ツーリングの実車のリヤビューとサイドのみ確認してツイートしたのでこちらでも共有します。

 

カローラスポーツのような抑揚は弱いですが、ナローボディーなりの良さがあると感じました!

早くしっかりと実車を見たいですねー。

 

実車を見てきた営業さんのお話ではカローラスポーツとほとんど同じ見た目だったとの事なので期待したいところです。

 

まとめ

 

長くなりましたが、新型カローラの見積もりや装備内容をツーリングを中心とした内容で報告しました。

 

https://www.netcarshow.com/

 

見積もりをや装備を確認すると質感や見た目お得感を考えるとW×Bグレードがお奨めなのかなという印象です。

加飾・質感にこだわりがない方はSグレードに必要な装備を選択するという選択もアリだと思います。

記載が無くて少し不安なのは、エアコンがデュアルエアコンの採用がないみたいなんですよね・・・

G-Xがシングルエアコンでそこから左右独立エアコンになるという記載が先行資料にはありませんでした。

営業さんも「んーー?」ってなってたので、先行注文予定の方は確認されたほうが良いかも。

 

https://www.netcarshow.com/

 

パワートレーンに関してはもう少しパワフルなモデルも期待してしまいますが、ステーションワゴンのハイブリッド四駆に興味があるので私が選択するならハイブリッドのW×Bになるかと思いました。

 

以上で新型カローラの見積もり・装備関連の報告を終わります。

最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

 

ライバルになりそうなマツダの新型MAZDA3の試乗と見積もりの記事です。

良かったら読んでみて下さい。

 

 

 

カローラ ツーリング 2019カテゴリの最新記事