Audi A7の試乗記アップ!

【試乗マニア】のくるすぺさんと会ってきました!プジョー5008にも乗ったよ!

【試乗マニア】のくるすぺさんと会ってきました!プジョー5008にも乗ったよ!

クルマブロガーのくるすぺさんと会ってきたので報告

 

 

ブログをスタートして約1年経ちましたが、ツイッター上だけでの交流だったクルマブロガー兼ユーチューバ―の

くるすぺさん https://twitter.com/grade_car_spec

 

 

とお会いすることが出来ました!

 

くるすぺさんのブログ「自称試乗マニアによる自動車ブログ」

 

 

素敵なサイトデザインと、私も共感できることが多々ある乗り味のレポートがとても参考になります。

スペックを独自採点されたりしているので面白いですよ!!

 

今回はくるすぺさんとお話した内容や、お互いのクルマを試乗し合ったりしたのでその感想をお伝えしていきます。

 

 

 

2019.8.15日にお会いしたんですが、会うことが決まったのが当日のお昼位!

私は実家のある兵庫県から新潟に戻る途中に福井県で一泊するので、そこにくるすぺさんの地元である石川県からわざわざ来て下さりました。

ブロガーの方やSNS上で交流のある方とお会いしたのは初めてだったので緊張しましたが、とても良い経験が出来ました!

 

会うまでの流れ

 

この日は台風が来ていて西日本でも被害が出ていましたので台風に追いかけられながら福井に向かうような形で兵庫県を出発。

 

 

道中はずっと私が運転して高速道路をスバル・レヴォーグで走行していました。

 

 

スバルは安全装備のアイサイトも優秀なのですが、もとからの走行性能が高いので直進性もよく高速走行も得意です。

高速道路ですと少し、ロードノイズが耳に付きますが大きな問題になる感じではありません。

後ろに乗っている子どもとの会話も普通の音量で充分出来る位の静粛性は確保されています。

 

 

ちょうどこのツイートをした辺りだったと思いますが、私の代わりにツイートしてくれた奥さんに「くるすぺさんから連絡きてるよ」と教えられそこから話が急展開しますw

くるすぺさんが「丁度お時間が出来た」という事で会うことが決まったという感じでした。

くるすぺさんには言ってなかったですが、会うか会わないかのやり取りの間は奥さんが代筆w

私の宿泊するホテルの近くで会う約束をして、ドキドキしながらレヴォーグを走らせ、あっという間にホテル到着。

 

待ち合わせ場所にしたそのホテルの駐車場で待っていると、見たことある「プジョー5008」が!!

 

「くるすぺさんが来たー!」

 

心の中ではこれをめっちゃ叫んでましたよねw

かなり緊張してるんですけど、嬉しい気持ちが勝っちゃって多分ずっとニコニコしてたんじゃないかと思います!

「どうも初めまして」とお互いぎこちなく挨拶をw

 

こういうのどこまで書いて良いか分からないけど、くるすぺさんは「とても優しそう」って言うのが第一印象でした。

少しお話して感じたのが「すごく落ち着いた雰囲気」を持ってらっしゃるのでとてもお話がしやすい。

私の方が随分年上なんですが、話しやすい場感みたいなものを作って頂いた気がしました。

ありがたやw

 

プジョー5008、レヴォーグで撮影会

 

5008のエクステリアについて

 

 

特に何するとか決めてもないので、お互いのクルマを並べて記念撮影をしていきます。

プジョー5008は7人乗りのフラッグシップSUV。

同社の3008はガソリン・ディーゼルともに試乗させて貰ってたんですが、5008をじっくり見るのは初めてでした。

ボディーカラーのエメラルドクリスタルが美しいですね!

 

 

これはフランス車の魅力の一つだと思いますが、青や緑系のボディーカラーの表現が素晴らしいと思います。

このエメラルドクリスタルもそうですが、鮮やかで深みのあるカラーがお洒落な5008のデザインとぴったり!

3008の時も思いましたが、デザインの要素が多い足し算的なプロダクトなんですが、巧くまとまっていて嫌なギラギラ感が無いですね。

SUVの力強さと、プジョーのクルマらしいお洒落な感じが見事に融合していると思いました。

 

 

フロント側のサイドビューを見ると3008と同じですね。

 

以前試乗した3008GT

 

3008もそうですが、ボンネットフードのサイドが立ち壁になっているのは珍しいデザインかなと思います。

くるすぺさんの5008はホイールのセンターキャップに赤いラインが付いてますが、こちらはディーラーオプションとのこと。

さり気無くお洒落!

 

 

3008と大きく変わってくるのがこのリヤサイドのセクションです。

5008:全長4,640、ホイールベース2,840㎜

3008:全長4,450、ホイールベース2,675㎜

3008から約200㎜ストレッチしたのが5008のサイズです。

 

 

上手いなと思うのがウィンドウのメッキモールの使い方!

 

 

7人乗りなので3列目の頭上空間を稼ぐためにルーフはリヤエンドまで水平にのびて、バックドアの角度はかなり垂直に近いので通常ならボクシーな雰囲気が強くなります。

そこをウィンドウのメッキに角度を付けることで箱型感を弱めていますよね。

質感の高さだけでなく全体のフォルムもスタイリッシュに見せていて巧さを感じるポイントだと思いました。

くるすぺさんと「このデザイン巧いですよね」なんて少しずつ言葉交わしながら撮影を続けます。

 

 

こうやって見るとレヴォーグのボンネット薄い。

 

 

もうちょっと寄ったり色んな表情撮影すれば良かったんですが・・・

まだこの段階では緊張してたのか、同じような切り取り方ばかりしていましたw

くるすぺさんの撮影した画像の方が良い感じww

 

 

レヴォーグ1.6GTに試乗してもらう

 

撮影を一通り終えてからお互いのクルマに試乗することに。

試乗レポートのクルマブロガーらしいオフになってきました!

まずは私のレヴォーグから試乗してもらいます。

 

 

「くるすぺさんが私のレヴォーグ乗ってるー!」

やたらテンションが上がってしまいますw

私のレヴォーグのグレードや何でカヤバ足選んだか等に付いてお話させてもらったり、くるすぺさんの感想聞いたり、次期SGP採用のレヴォーグが楽しみな話したり。

あーだこーだ言いながら一緒に過ごす時間の楽しいことよ!

試乗が好きプラスそれを発信しているという数少ない人種なので余計フィーリングが合うのか、色々話せてしまいます。

レヴォーグの乗り味レポートはくるすぺさんにお任せしてw

続いて5008に乗らせてもらいました!

 

プジョー5008に乗らせてもらう

 

後部座席の乗り心地を確認

 

 

普段色々なクルマに試乗してる時に気になってるのが後部座席の乗り心地。

5008を運転させて貰う前に、まずは後部座席の乗り心地を確認させて頂きました。

車内の画像は撮影していないので文章と参考画像だけになっちゃいますが、5008の2列目シートはスライドするタイプになっていてパッと見は簡易的です。

 

シトロエンC5エアクロスの後部座席

 

シートのデザインは全然違いますが、シートの構造は同じなのがシトロエンC5エアクロスのシート。

こういう感じの3座が独立したシートになっていてそれぞれスライドするものになっています。

 

 

停まっているときの座り心地もですが、実際動いているときの乗り心地は想像以上に良かったです!

膝前の空間にも余裕があってなかなか快適。

5008はリヤのサスペンションがトーションビームなので若干の突き上げを感じはしますが、これなら最低でも1~2時間のドライブなら充分耐えられるレベルだと思いました。

 

3008の車内

 

くるすぺさんの5008は2.0ディーゼルエンジンのGTというグレードですが、車内の静粛性も高くて会話がしやすいのが印象的でした!

GTグレードはアルカンタラと本革のコンビシートですが、質感も良くて満足度高いですね。

フロントシートバックにテーブルが付いてたのですが、ドリンクホルダーが無いのが残念なポイントである事も教えて貰いました。

 

時期外れですが・・・

 

 

私も小さい子供を持つ子育て世代なのでその辺りには気を付けています。

チャイルドシートにドリンクホルダー付の物をセレクトしている事等、自分の経験の事などもお話させて貰いました。

 

プジョー5008に試乗

 

続いて、5008に試乗させて頂きました。

普段私のブログご覧の方はご存じかと思いますが、好きなこともあり割とプジョー率高いです。

その私が驚いたのがステアリングの位置!

 

プジョー508SWのステアリング

 

プジョーのステアリングは異形・小径ですがとても扱い易いと感じるモノです。

グリップも良くて質感も高いのも良いなと思っています。

くるすぺさんのステアリングポジションは普段試乗時に私が設定している位置よりもさらに下にポジショニングされていました(゜o゜)

 

 

大体ではありますが、画像のような高さの違いがありました。

この位置が運転してみると凄く扱い易かったんです )^o^(

最初着座してから「えっ、低すぎん?」って思ったんですが、何か意味があるだろうと思い運転してみたらビックリですよねw

さらに良いドラポジがある事を教えて頂きました。

低いステアリングの位置ですが、ステアリングの上下がフラットになっているので着座するときの乗り込み辛さもありません。

 

 

試乗スタートすると最小回転半径が5.8mあるので小回りはあまり良くないかな。

ステアリングの操作感は3008と同等に少し軽めの操作感です。

クルマ自体はSUVらしからぬダイレクト感のある挙動を体感させてくれます。

 

 

2,840㎜のロングホイールベースで直進性が高いですね!

3008で感じたキビキビ感の強さよりもドッシリとした重厚感を強く感じる乗り味になっています。

アクセルを踏み込んでもディーゼルのカラカラ音というより小さ目のグオオンと力強く気持ち良い音質で加速していく感じ。

マツダCX-8と同等か少し5008の方がエンジン音は聞こえるかな?という印象です。

 

CX-8・XDLPackage

 

マツダCX-8はくるすぺさんも自身のブログで7人乗りSUVでお奨め1位にしているクルマです。

私も「多人数乗車を快適にできるSUV」となるとこのCX-8しか思いつきません。

静粛性、快適な乗り心地という高い動的質感を備えていますが”運転の楽しさ”というポイントについては5008が上かなと感じます。

加速のレスポンスやSUVなんですが重心が低く感じられてコーナリングも気持ち良い。

価格的にもラップしてくるのでこの2台は充分迷う価値があるなと思いますね。

 

試乗後5008の中でくるすぺさんとブログ談義

 

お互いの事やブログについて

 

試乗させて貰ってホテルの駐車場で5008に乗りながらお話しました。

くるすぺさんが鬱をきっかけにブログをスタートされた事。

途中再発もしたが今はかなり回復されたこと。

ちょうどお会いした日にご自身のブログを更新されていて、その事も書かれたことなど。

 

この記事の中で私のブログもご紹介して頂いていて有り難い限りです。

以前くるすぺさんが苦しそうな現状をツイートされていた時も「いいね」しか出来なかったんですが、それだけでも印象に残ってくれていたらしく、繋がりが重要だなと私自身改めて感じました。

ブログ一生懸命されている方は共感してもらえると思いますが、結構「孤独」なんですよね。

くるすぺさんも1人で突き進んで頑張られていて疲れてしまった部分もあるそうです。

 

 

私がブログスタートした理由は仕事に悩んでいた時に普段から見ていたドラヨスさんhttps://twitter.com/phoshiaki

のブログ「ワンダー速報 http://drumsyos.blog.fc2.com/ 」のポジティブ思考関連記事の影響でした。

 

 

私も普段クルマの試乗が好きでよく行っていたので仕事以外にもっと違うやりがいや、自分しかやれない何かを造り出したかった。

記事の内容やサイト構成全て自分の力でやる事で自分自身を試したいという気持ちも強かったです。

スタートした時は「ワンダー速報」の他に読んでいるブログも無かったのでまずは真似事から始めようと思い、ドラヨスさんに記事のコメント欄で「真似させて下さい」と宣言w

考えてみれば「とんでもない奴」ですがそれ位ドラヨスさんは私にとって大きな存在です。

 

 

こういう今まで誰にもちゃんと話してない事まで初対面で言えてしまう。

くるすぺさんの人柄の魅力、顔は見えませんがツイッターというSNSを通して得た繋がりの大切さを感じる瞬間でもありました。

 

くるすぺさんと話して感じたこと思うこと

 

それぞれ皆さん色々な事情や目的でブログやYouTubeをされていると思います。

お金儲けが全てではありませんが、もちろん大きなモチベーションの一つにもなります。

しかし継続出来るおおきな理由として「自分が好きであること、見て頂いた方に感想やリアクションが貰える」という事が発信する側としては一番大きいのではないでしょうか。

私はブログの記事やツイッターにコメント頂くのがとにかく嬉しいですw

それを私も出来る限りお返ししたいと思っています。

完全には出来ていませんが・・・

 

 

ブログも最近はYouTubeの勢いや、グーグルのアップデート等でアクセスの維持も大変です。

幸い書くことに関しては全く困らないですが、仕事しながらなので書く時間の確保が一番課題。

家族・仕事・ブログ、両立は難しいですが無理ではない。

今後もくるすぺさんや他のブロガーの方、クルマ好きで繋がっている方々と一緒に楽しく更新していきたいと思います。

 

今後も自身のレベルアップも図りながら私の発信がどこかの誰かや、地域の役に立てるようなものに発展できるようなイメージを持ちながら活動しようと思います。

 

 

会えて良かった!

時間としては2時間程でしたが、今回の出会いは私の中で相当大きいものになりました。

これからどうなっていくか分かりませんが「クルマが好きでそれを発信する」ことを続けて行こうと思います。

 

以上でくるすぺさんと出会って感じたこと、5008試乗レポートを終わります。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

 

試乗日記 2019カテゴリの最新記事