カローラ ツーリングマイナーチェンジでどう変化?改良前と比較!

カローラ ツーリングマイナーチェンジでどう変化?改良前と比較!

2022.10.18更新

 

どうもUUです

 

カローラシリーズの改良モデルが発表になりました!

既に改良に付いての概要の多くは色々な部分でピックアップされていますので、個人的に気になる・細かい部分等を確認してみました。

特にカローラツーリングが好きなのでツーリングメインのレポートになりますw

 

 

かなりカッコイイなぁ。元々ツーリング好きなんですが、今回の改良デザインは個人的に凄く刺さりました♪

では、今記事の内容としては
●デザインが洗練された(特にツーリング)
●12.3インチ液晶メーターも良いけど7インチのデザインもアリ
・メーターに地図表示ある!(W×B、G”Z”のみ)
●ハイブリッドの出力アップ(E-FOURに期待)
●安全装備機能アップ
●セダン・ワゴンのGグレードにブルーメタリック追加
●1.5ガソリンはトーションビーム(‘Д’)!(改良前はダブルウィッシュボーンだったのに…)

 

あと淡い希望としてですが、
●リアのベンチレーションはやはり付かないか(ツーリングの2000GT?という特別車には設定あった)
●パワーバックドア(ツーリング)がMOPでも付くと嬉しかった

今回の改良で見ると、微妙に感じた赤色文字部分は1個位ですね。

デザインが洗練された!

いきなり普通の内容からですいませんw

やっぱり見た目は大事なのでしっかりチェックします。

今回個人的にかなり嬉しい内容がありました。

まずパッと違うのがヘッドライトやフロントグリルの部分です。

改良前がこちらですね。

 

 

ヘッドライト自体の枠は同じ形状ですね。

デイライトが上部に走り、「つ」の字みたいな形状になりました。

元々カローラシリーズのヘッドライトはカッコよかったですが、さらにキレイで洗練された印象になりましたね!

 

 

この感じとかもイケてますね。凄くキリっとしてる。

グリルも雰囲気が変わりました。

 

 

W×Bでは改良前グルっとメッキリングが施されたメッシュグリルでしたが、改良後はグリル下部にメッキパーツが付いたバータイプに。

少し新型のクラウンの様なディテールを取り入れてきた印象。

 

 

しっかりと新世代のデザイン要素がカローラにも採用されています。

 

 

スポーツはちょっと違う雰囲気ですね!

スポーツに追加されたダークブルーマイカは以前セダン・ツーリングのSグレードに設定があったカラー。

あとエンブレムはそのままでしたねぇ。

 

 

新型のシエンタからハイブリッドもエンブレムがガソリンと同じになっているので、そういう部分が今回のマイナーチェンジで踏襲されるかと思っていました。個人的には残念なんですよね。

 

スポーツに追加されたオレンジマイカメタリック等ですと、青いエンブレムはどうしてもバランスが悪く見えます。

 

 

青が似合う車体色なら何も問題ないのですが、ハイブリッドを選ぶならエンブレムの色も考慮したくなってしまう。

12.3インチ液晶メーターも良いけど7インチのデザインもアリ

 

12.3インチの液晶メーターは各ボディータイプの最上グレード(W×B、G”Z”)のみで設定。

他グレードへメーカーオプションの設定もありません。

 

12.3インチ液晶メーターかなり良くないですか?これクラウンやハリアー等の上位モデルともほぼ同じです。

お得感感じますよね。

 

 

メーターの地図表示に関しては10.5インチディスプレイオーディオ+を付けないと出来ないかもしれません。私もメーカーや店舗に問い合わせて、詳細分かれば報告します。

 

 

驚いたのが、7インチのメーターもデザイン変更になっている!しかもデザインも良い♪

 

 

新型のシエンタに採用されているメーターと同じですね!

 

 

これになると思ってたのでビックリしましたw

 

 

こちらがシエンタのメーターです。このデザインの方が個人的にはかなり好きです。

 

ツーリングのテールライトが進化!

 

これがめちゃくちゃ嬉しかった!

W×Bだけではありますが、テールライトがスポーツと同じようにライン発光するようになっています)^o^(

 

 

改良前はこの部分がボヤっと付く感じだったんです。

これだけで改良後に乗り換えたいツーリングオーナーさんも多い予感w

 

 

実車拝見しましたが、これはかなり良いですぞ!

存在感と、上質感が相当変わると思います!

 

 

キレイなシームレス発光でカロスポと同等になりました♪

セダンは特に変更が無さそうですね。

 

ハイブリッドの出力アップ(E-FOURに期待)

E-FOURのあるカローラセダン・ツーリングの内容ですが、これ密かに色々凄いと思うんです。

モータースペック改良前改良後
フロント最高出力PS7295(+23)
フロント最大トルクN・m163185(+22)
リア最高出力PS7.241(+33.8)
リア最大トルクN・m5584(+29)
バッテリー種・容量
FF
リチウムイオン
3.6
リチウムイオン
4.08
バッテリー種・容量
E-FOUR
ニッケル水素
6.5
リチウムイオン
4.08
W×B車両重量kg
E-FOUR
1,4501,440(-10)

E-FOURの場合モーターの総合スペックが136PS、269Nm。

モーター関係のスペックが軒並みアップしており、E-FOURに関しては、バッテリーがニッケル水素からリチウムイオンに変更されています。

ニッケル水素→リチウムイオン化された事で車重がマイナス10kg。出力上がって車重も下がるって美味しい。

 

 

4WDの制御方法は従来と同じですが、コーナリングの解説は改良前には無かったので、コーナリングが楽しくなってるのかも?4WDに切り替わるタイミングの精度やいかに。

 

 

ニッケル水素とリチウムではコストも結構違うのでこれで値上げが5万円程度(ハイブリッド)で済んでいるのは凄いなと思いますね。

VOXYと同じシステムなので開発コスト等が抑えられているのかもしれません。

細かいですが、VOXYのリアモータースペックもカローラの改良に合わせて最大トルク82→84Nmにアップしてます。

 

 

カローラはVOXYよりも約200kg以上軽いのでかなり動力性能的に余裕があるはずです。

エンジンスペックは変わらず98PS、142Nmです。システム出力としてはどれ位行くのか知りたいところ。

カタログに小さく出てましたが、システム出力は140PSと記載。E-FOURでも同じでしょうか?

 

安全装備機能アップTSS2→TSS3へ

安全装備も他のモデル同様に機能が追加されます。

新世代レクサスにも採用されている安全装備を惜しげもなくカローラにも投入しているのは嬉しいです。

ほんと今回のカローラの改良かなり良いと思います。納期もまだ比較的早いようなので(販社によります)お奨めです。

内容としては下のような感じです。

右が改良前で左が改良後、追加機能を青文字で記載です。

 

 

改良後改良前
プリクラッシュセーフティー対象物●
交差点右折●
対象物●
交差点右折✖
レーントレーシングアシスト
レーンディパーチャーアシスト
レーダークルーズコントロール
オートマチックハイビーム
ロードサインアシスト
ドライバー以上時対応システム
プロアクティブドライビングアシスト
発進遅れ告知機能

・交差点右折時支援
・ドライバー異常時停車支援システム
・プロアクティブドライビングアシスト(かもしれない予測で安全運転をアシスト)

・発進遅れ告知機能
←信号の表示や先行車の動きをミリ波レーダーと単眼カメラで検出。 交差点先頭で停止時に信号の停止表示が解除されても自車が停止し続けた場合、または、先行車が発進し一定距離を走行してもなお自車が停止し続けている場合に、メーター表示、およびブザーなどでお知らせします。
トヨタ公式HPより引用

信号の判別も出来るの凄いですよね。NX試乗した時にビックリしました。

 

そう言えばハイブリッドのサイドについてたエンブレムは廃止ですね。

 

セダン・ワゴンのGグレードにブルーメタリック追加

こちらはセダン・ツーリングの内容ですが、先行情報には無かったブルーメタリック追加です。

見積り作成時にGグレードのみでこのブルーメタリックが出てきて?ってなってました。

改良前にあったダークブルーの代替えとして設定されたようです。

 

1.5ガソリンはトーションビーム(‘Д’)!(改良前はダブルウィッシュボーンだったのに…)

今回の改良でガソリンモデルのパワートレーンがTNGAユニットに刷新されました。

スポーツ:1.2ターボ→2.0NA

セダン・ツーリング:1.2ターボ・1.8NA→1.5NA

に変更です。

スポーツは特に問題ないんですが、セダン・ツーリングは1.5NAモデルに限りリアサスがダブルウィッシュボーンからトーションビームになっています(^_^;)

レイアウト的に難しいのかそもそも1.5NA自体がトーションの設定なのか?(そんなのある?)か分かりませんが、何となく寂しい内容です。とは言えトーションの方が直進性高く感じる時もあったりしますから、一度乗って確認してみたいですね。

スペックの変化を一覧にしておきます。

スポーツ
1.2ターボ

2.0NA
最高出力PS116170
最大トルク185202
燃費(2WD)16.417.2

出力が64PS、トルクで17N・mアップですね。

この馬力の違いはかなり大きいですぞ。

セダン・ツーリング
1.8NAガソリン

1.5NAガソリン
最高出力PS140120
最大トルク170145
燃費(2WD)14.617.8~19.1

燃費は改善されてはいますが、出力が20PSダウン、トルク25Nmダウンしていますね…

ヤリス等よりも重いカローラで出力等は全く同じです。

しかし、ツーリングで言うと改良後は車体重量が30kgマイナスしています。これでどれ位加速フィールが良くなるか?でしょうか。

TNGAになる事でのフリクションの低減でスッキリしてるかもしれません。シエンタの1.5ガソリンもかなり良かったので街乗りでは問題なさそうな予感もします。ここも乗ってみたいですね♪

以上今回の改良で良いなと思ったポイント、気になるポイントのピックアップしてみました。

 

関連記事

2022年改良!カローラ ツーリングの価格・見積もり・メーカーオプションについて2022.10.6更新どうもUUです カローラセダン・ツーリングの2022年改良後価格・見積もりのご報告です。[…]

 

関連記事

2022年改良!カローラスポーツ(カロスポ)価格・見積もり・メーカーオプションについて2022.10.4更新 どうもUUです カローラスポーツも改良後の価格が出て予約注文可能な[…]

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!