新型フィット内外装を細かく紹介!

マツダ【CX-30 スカイX Lパケ AWD試乗】しました!シグネチャースタイルの見積もりも!

マツダ【CX-30 スカイX Lパケ AWD試乗】しました!シグネチャースタイルの見積もりも!

CX-30 SKY-X モデル試乗レポート、シグネチャースタイル見積もり紹介

 

 

CX-30のSKY-Xエンジン搭載モデルに試乗させて頂きました!

試乗グレードはX LPackage AWD¥3,713,600 の最上位モデル。

内装カラーはブラウン×ブラックのシックな内装でした。

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

今回はCX-30の試乗レポートと、題名にもありますがシグネチャースタイルが注文可能になっているのでシグネチャースタイルを付けた見積もりを作成して頂いたのでそちらも掲載しておきます。

気になっている方の参考にして頂ければ幸いです。

 

 

内外装に関しては以前詳細なレポートをしていますので、気になる方はこちらも参考にされてみて下さい。

 

 

画像多めに使って、分かり易く纏めた気でいるのでチェックしてみて下さい。

ではドライブフィールに移ります。

 

CX-30 X LPackage AWD 試乗レビュー

 

CX-30 X LPackage AWD ドライブポジション

 

運転席

 

 

シートは乗員の骨盤を立てる事を意識して設計。

着座感はかなり良好で点と面で受け止めるバランスに優れていると感じます。

開発者の方の解説動画も貼っておくので興味のある方はご覧ください。

こういう事まで考えてるのか!と思われると思います。

 

 

Lパケはパーフォレーションレザーの表皮で、3段階シートヒーター付。

 

 

調整は10Wayのパワーシートで2メモリー付が装備されています。

パワーシートの作動音も静かな部類に入ると思いました。

私の乗ってるスバル・レヴォーグよりは明らかに静かw

 

PROACTIVE TouringSelectionからはステアリングヒーターも標準装備!

 

ペダルレイアウト

 

アクセルペダルはオルガン式でペダルレイアウトは国内メーカーの中でも№1と言っても過言ではありません。

右足をスッと伸ばした先にアクセルペダルがあって自然な姿勢で座ってられますね。

 

静粛性向上のためにエンジンをカプセル化

 

エンジン音・静粛性

 

エンジンスタートスイッチを1回押してSKY-Xエンジン始動。

ク・ク・コウンというエンジン音アイドリング音の聞こえ方等はMAZDA3と同等ですね。

若干ですが、CX-30の方がまろやか?に聞こえてくるような気もします。

 

開けるとこんな感じ、アイドリング中ではそこまで音量の差は感じませんでした。タイミングベルトの回転音が気になる程度。

 

剛性感の高いアクセルペダルを踏んで一般道に出ていきます。

ステアリングを切るとスーッと車両も追従。

このステアリングフィールの滑らかさは素晴らしいですね。

クイックなステアフィールでスパッとノーズが向きを変えるのとは全く逆の気持ち良さ。

 

 

アクセルレスポンスが良い

 

アクセルの一踏みで分かるのですが、明らかに他のパワートレーン(1.8D、2.0G)よりレスポンスが良いですね。

あと、ディーゼルよりは勿論ですが、2.0のガソリンモデルより加速のエンジン音も静かで音質も良い感じがします。

2.0Gはグウウン、ブロォォという加速音、Xはこれがもっと静かになってブロォォの部分が無いんです。

2.0Gの加速時のエンジン音もそれだけ聞いていれば静かですし、スポーティな音質で良いのです。

が、SKY-Xに乗ってしまうと少し雑味を帯びたものに感じてしまう不思議w

人間良いものにはすぐ慣れちゃいますねw

 

SKY-X専用大径マフラーカッター

 

しばらく街中を流していきますが、静粛性が良いので意外とスピードが出てる。

試乗車は17インチのスタッドレスを履いてたんですが、ロードノイズも押さえ込まれてるのとタイヤサイズの影響か接地感は少し薄いので体感スピードとの乖離が出てる感じ。

2.0GのMAZDA3セダンに試乗した時も同じような感じがあったなと思いだします。

 

215/60R17のスタッドレス。ノーマルは215/55R18。SKY-X専用の高輝度ダーク塗装ホイール。

 

交通標識の認識システムが作動していてメーターにも反映。

制限速度より超えると超えたところから赤いライン表示になるのでスピードを嫌でも意識しますねw

 

時速40㌔制限なら40㌔のハリが赤色にそこを超えると手書きの赤ラインのようになります。

 

ブレーキタッチについて

 

信号が赤になって停止しますが、ブレーキのフィーリングもMAZDA3と同じく効き始めが少し手前にある感じ。

他社のブレーキに慣れてる方は「あれ?」ってなるかもですが、踏み込み量に合わせて制動がしっかり効いてくるので慣れるとこちらの方が扱い易いという声もあるそうです。

私も最初違和感あって今もまだ慣れてませんが、オーナーになれば問題ないんだろうな、という感覚は持ってます。

なので初めてマツダ車乗りました→ブレーキ効かない!→ダメ。

と言う風にならないで欲しいなと、マツダ車に興味があってこの記事に辿り着いて頂いた方に伝わると嬉しいです。

 

マツコネモニターでSPCCIの作動状況を確認可能。

 

海の方に出て海岸沿いの小さい連続カーブを体感出来る道へ。

時速30~40㌔で連続カーブをこなしますが、車両姿勢の乱れは少ないですね。

大きなコーナリングは試せて無いので妄想も入りますが、MAZDA3のX程ノーズが入ってくれる感じは無さそうでした。

エンジンの位置も高いですから旋回時の遠心力的にどうしても外に膨らみます。

 

 

でもMAZDA3より路面との接地感が薄い事でよりインフォメーションが洗練された感じもしますね。

最近のマツダ車の「気持ち良さ、滑らかさを追求した乗り味」のイメージという点で考えるとCX-30の方がよりSKY-Xとの親和性が高い気がします。

完全に好みですけどね。

MAZDA3なら地を這うような感覚と旋回時のGVC+(Gベクタリングコントロール+)の制御でコーナリングが楽しいので贅沢な棲み分けが出来てると思います。

今の私がどっちかを選ぶなら、CX-30の方かもしれません。

 

車内空間の解放感はCX-30のメリット。

 

乗り心地

 

乗り心地も抜群に良いですね。

SUVなのでサスのストローク量に余裕がある事で路面の凹凸をしっかりいなしてフラットに車両を保ってくれます。

ここも硬質感の主張が強かったMAZDA3と少し違ってソフトな路面とのタッチ。

サスの影響と言うよりはタイヤによる所が大きそうですが、リヤサスがトーションビームである事を忘れてしまいそう。

真剣に購入検討するなら後部座席にも座らせて貰いますが、運転してる限りは全座席快適にすごせるんじゃないかという印象を受けました。

 

坂道での力感

 

海岸沿いの開けた道から、街中に戻っていきます。

国道に出る前に割と急な坂道があるんですが、そこの登りでも力強い加速をしてくれます。

6ATの影響か引っ張る感じは少し覗きますが、途中でキックダウンせずに登りきれますね。

8AT位に多段化してくれるとさらにフィーリングは良くなる気がします。

これなら高速でもたまにある坂道も問題ないかなぁ?

 

全長4,395㎜の絶妙なサイズ感がCX-30の魅力の一つ。

 

登り切って交差点を左折、そこからの再加速もシームレスに加速、エンジンも妙に吹け上がらず良いトルク感を伴って余裕があります。

こういう細かい部分の綿密でストレスの無さ、当たり前の事を普通にこなしている凄さを感じるのがSKY-Xモデルではないかと感じています。

なのであまりクルマに興味の無い方が「世界初量産エンジン」とかで試乗してもあまり伝わらずに終わってしまいそうな印象。

ストレスの無い良く出来たフィーリングを高次元で提供してくれるのが、SKY-Xのモデルなんだと確認できる試乗でした。

 

 

最後に

 

試乗ではFFとAWDの違いが分からずw

 

少し気になるのは、良く出来過ぎてる気がするんですよね。

高い静粛性とクリアな音の調律、乗り心地の良さ、SUVとしては申し分のないコーナリング等々。

色々試乗してるから、かもしれないんですがもう少し「クセ」というか扱い辛いところがあっても良いかなと。

全てが上手く調整されているので優等生感が強すぎるというか、贅沢言ってるなとも思いますが(^_^;)

ドライブフィールは以上です。

 

CX-30 LPackage AWDスペック

 

駆動方式4WD
トランスミッション6速AT
ボディーサイズ全長4,395×全幅1,795×全高1,540
車体重量1,530㎏
ホイールベース2,655㎜
WLTCモード燃費15.8km/L 推奨ハイオク、レギュラー可
最低地上高175㎜
サスペンション 前/後マクファーソンストラト / トーションビーム
総排気量1,997cc
燃料タンク容量48ℓ
エンジン最高出力180PS 6,000rpm
エンジン最大トルク224N・m 3,000rpm
モーター最高出力6.5PS 100rpm
モーター最大トルク61N・m 3,000rpm
最小回転半径5.3m

 

CX-30 20S Lパケにシグネチャースタイル付けた見積もり紹介

 

CX-30のシグネチャースタイルとは

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

シグネチャースタイルの構成は

 

■アンダーガーニッシュ(フロント/サイド/リア)¥239,487

 

■MAZDAオリジナル切削アルミホイール2トーン ¥250,844

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

ここまでのセットがシグネチャースタイルです。

通常合計¥490,331

パッケージ価格¥344,691と約15万円お得になっています。

MAZDA3でもありましたがホイールがBBSでしたね。

 

今回の見積もりはここに

 

■リアルーフスポイラー ¥68,640

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

■ドアミラーガーニッシュ(ジェットブラック) ¥18,920

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

■ルーフレールブラック ¥58,520

※ルーフレールは2020年4月頃発売だそうです。現在開発中!

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

これらのエクステリアのオプションを付けた見積もりです。

 

シグネチャースタイルの見積もり

 

ベースとなる車両は20S LPackage AWD 本体価格¥3,030,500。

ここにメーカーオプションの

■UVカットIRガラス+CD・DVDプレーヤー

■360°セーフティーパッケージ

のセット¥136,380を付けてます。

その見積もりです。

 

 

支払総額は¥4,051,343!!

オプション価格考えるとこれ位にはなりますね(^_^;)

 

https://www.mazda.co.jp/cars/cx-30/

 

めちゃくちゃかっこいいですが、お値段は張りますので悩みどころ!

 

 

ディーラーオプションとして

■フロアマットプレミアム ¥50,380

■ナビゲーション ¥53,899

もセレクトしています。

 

 

初期費用の環境性能割は2020年6月位から負担が増えるそうで、この見積もりでは¥51,800ですが、約7万円位になるとの事です。

じわじわクルマに対する負荷が増えますね。

もっとクルマ買いやすい世の中になると良いんですが・・・・

 

今回は以上です!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

CX-30の公式HPです。

 

 

 

 

CX-30 2019カテゴリの最新記事