マツダ・MX-30の最新情報!

プジョー新型208は”GTLine”がお得?【Allureとの装備の違い】をピックアップ!

プジョー新型208は”GTLine”がお得?【Allureとの装備の違い】をピックアップ!

プジョー新型208グレード比較 AllureとGTLineの装備差について

 

 

先日新型208のドライブフィールをアップしたばかりですが、またまた208の話ですw

試乗させて頂いたのがGTLineだったのですが、改めてそのコスパの高さに驚きました。

208のガソリンモデルは受注生産のStyle、中間グレードのAllure、上級グレードのGTLineという構成ですが、実質的にはAllureかGTLineの2択。

Allure¥2,599,000とGTLine¥2,930,000とその価格差は¥331,000です。

今回はこの価格差の中にどれくらいの装備の違いがあるのかピックアップしてご紹介します!

208は買いたい、AllureとGTLineどっちにしよう?と悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

テールライトにも「PEUGEOT」ロゴ♪

 

以前新型208の解説や、オプション価格・見積もり、試乗の記事もアップしていますので良かったらこちらも読んで頂けると嬉しいです。

 

 

 

ではAllureからGTLineになって変わる・追加されるポイントを一覧にし、予想ではありますが単体での価格を記載します。

 

プジョー新型208 GTLine専用装備一覧

価格はあくまで予想です。若干低めかな?位の設定にしています。

★マークは特に良いな!と思う装備です

AllureからGTLineでの
変更・追加装備
予想価格(万円)
先進・安全装備
1.サイドソナー2
2.アクティブブラインドスポットモニター ★3
エクステリア
3.フルLEDヘッドライト2
4.3本かぎ爪デイタイムランニングライト2
5.インテリジェントハイビーム ★2
6.スポーティフロントグリル1
7.ブラックドアミラーカバー1
8.シャイニーブラックホイールアーチ4
9.クロームエキゾーストエンド0.5
10.ルーフアンテナショート0.5
11.ブラックダイヤモンドルーフ3
12.GTLineエンブレム0.5
13.17インチアルミホイール5
インテリア
14.GTLineステアリング0.5
15.照明付きバニティーミラー1
16.ドライバースポーツパック
スポーツモード時にエンジン音をスピーカーから流す
2
17.シート(テップレザー×アルカンタラ×ダイナミック) ★4
18.助手席シートハイトアジャスト1
19.インテリアアンビエンスランプ8色 ★2
20.リアシーリングランプ1
21.ブラックルーフライニング1
22.アルミペダル1
23.フロントドアステップガード1.5
24.フロントフットウェルランプ1
25.運転席アシストグリップ0.5
26.フロアマット2
27.フレームレスミラー0.5
28.ステッチ付インパネ1
29.フロントドアグリップ1
合計金額47

 

項目で言うと、29個も!

予想価格(低めに見積もり)ではありますが、47万円の装備が33万円で付いてくると考えます。

14万円分お得ですね♪

価格差以上の満足度と安心感があるんじゃないか?とGTLineを見て、試乗した感想としては思いますね。

 

各項目を詳しくご紹介していきます。

 

プジョー新型208 GTLine専用装備の紹介

 

Allureの見た目と内装はこのようになっています。

Allureの内外装の雰囲気です。

https://www.peugeot.co.jp/

このAllureからどのように違うのか?画像で確認していきます!

 

1.サイドソナー

 

 

こちらはワイドバックアイカメラの画像ですが、フロント、リア、サイドとソナーが作動するとクルマの漫画とセンサーの反応位置が表示されます。

試乗時も作動してました。

ちょっと過敏に反応する感じでしょうか。

私の3008は何も居なくても反応してる時があってちょっとコワイですw

サイドも追加されることで全方位でセンサーが作動してくれるので、駐車時の安心感も違いますよね。

 

2.アクティブブラインドスポットモニター

 

 

個人的にはかなり重要視してる安全装備です。

これがあるからGTLineにしたいと思える装備。

後側方からの車両接近をミラー先端のライトの点灯でお知らせしてくれます。

 

 

後続車が近づいてるのにそれでも車線変更しようとすると、ステアリングの抑制機能が作動します。

この抑制機能が国産メーカーでは採用が殆どありません。

街乗り、高速どちらでも重宝すると思います。

GTLineのみの設定で、オプション設定もないのは勿体ない。

 

3.フルLEDヘッドライト
4.3本かぎ爪デイタイムランニングライト
5.インテリジェントハイビーム

 

 

Allureではヘッドライトの3本爪デザインはありません。

通常のLEDヘッドライトになります。

この208の3本爪デザイン含めたフロントフェイスの纏まりは新世代プジョーモデルの中でも一番よくできているのでは?と思います。

 

 

実物を見るとテールライトデザイン共々感動するレベルでした。

是非店舗で実車を見て欲しい。

 

6.スポーティフロントグリル

 

 

こちらもBセグメントとは思えない程質感の高いグリルです。

ガソリンモデルでは208GTLineだけの採用ですが、e-208ですとAllureも同じグリルになります。

e-208ですとグリルのメッキパーツがボディ同色となります。

 

 

ライオンエンブレムがグリルにめり込んでいました。グリル関係ないですけど208のエンブレムも良いんだぁ。

グリルも細かい質感まで配慮されています。

新型208はずっと見てられるポイント多いですw

 

7.ブラックドアミラーカバー
8.シャイニーブラックホイールアーチ
11.ブラックダイヤモンドルーフ

この3つはGTLineの個性を出す為の共通装備ですね。

 

サイドミラーとブラックルーフでスポーティ感が演出されています。

プジョーさんはこの2トンカラー系を良く使うんですが、良いのが2トンになる事での追加金額が無いんですよね。

こういう部分は非常に有り難い部分です。

 

 

2トンルーフが似合いすぎます。

リアルーフスポイラーとの相性も抜群。

Allureはモノトーンなので、そちらも見てみたいですね。

 

 

ピアノブラックのアーチモールもデザイン性高い。

これが付くとボデイーが薄く見えてよりスタイリッシュに見えます。

バチッとはめ込むタイプで、Allureはこれが無い分フェンダーのボリュームも下がりそうです。

このパーツ付いててもAllureとGTLineで全幅が変わらないので、測定ポイントが違うんでしょうか。

 

9.クロームエキゾーストエンド

 

 

ピアノブラックのリアバンパーから立派な径のフィニッシャーが覗くのもGTLineのみ。

208の走りの良さだとこのフィニッシャーは付いててくれると嬉しい。

 

 

微妙にバンパーはディフューザー形状になっていて、空力も配慮されていました。

 

10.ルーフアンテナ・ショート

 

 

Allureはミドルタイプになりますが、これよりどれ位長いんでしょうか。

Style、Allureにはドルフィンアンテナ¥30,030(工賃込)の設定がありますが、GTLineには適合していないようです。

 

12.GTエンブレム

 

 

CピラーにGTLineのエンブレムが設定されます。

e-208ではここに「e」エンブレムが配置。

 

 

わざわざ少し窪みを付けてエンブレムを配置する細かい拘り。

エンブレムの質感も良いです。

 

13.17インチアルミホイール

 

 

205/45R17のBセグとしては大径のタイヤですね。

試乗時は17インチが原因と思われるロードノイズがこのクルマのネックポイントだと感じました。

エンジン音が抑え込まれていたので余計に大きく感じたのかもしれないですけど。

 

 

しかし、見た目はめちゃめちゃカッコいいですw

 

続いてインテリアの装備に移ります。

 

14.GTLineステアリング

 

 

上位車種と全く同じステアリングが使用されています。

異形小径ステアリングはPeugeot i Cockpitの中でも一際存在感を放つ存在です。

GTLineになるとステアリングの質感も配慮。

 

 

GTLineですが、GTのプレートが設定。

これは完全な上位グレードと言う事でしょうか。

 

 

このメッキリングもAllure以下には付いてきません。

日差しが強い時はこのリングがめちゃ熱くなるのでヤケド注意ですw

 

15.照明付きバニティーミラー

 

 

運転席も助手席もLED照明付のミラーになります。

私の3008では豆球でございますw

細かい質感ホント抑えてあります。

 

16.ドライバースポーツパック
スポーツモード時にエンジン音をスピーカーから流す

 

 

ECO、NORMAL、SPORTとドライブモードが選べますが、Sportにした時にスピーカーから疑似エンジン音を流す機能が付いています。

これもGTLineのみのようです。

 

17.シート(テップレザー×アルカンタラ×ダイナミック)

 

 

ダイナミックと呼ばれるスポーティな形状のシート。

材質も合皮、アルカンタラ、メッシュとマテリアルも豊富です。

ブラインドスポットモニターとこのシートだけでもGTLineにしたい位。

試乗レポートでも言ってますが、ホールド感の高い座り心地で良いシートでした。

 

18.助手席シートハイトアジャスト

 

 

ここもかなり細かい部分ですが、助手席の高さ方向の調整もGTLineのみです。

分ける方がコストかかりそうな気もしますね・・・

 

19.インテリアアンビエンスランプ8色

 

 

黄緑、水色、青、白、肌色?、オレンジ、赤、ピンクの合計8色からセレクト出来るイルミネーションが付いてます。

フロントドアと、インパネの部分ですね。

 

 

この装備もBセグでなかなか付いて来ないと思いますね。

プジョーさん、国内販売に本腰出して来ましたか?

 

20.リアシーリングランプ
21.ブラックルーフライニング

 

 

タッチ式のLEDシーリングランプです。

外のルーフ形状が下がったデザインなので室内の頭上空間は心配でしたが、形状の工夫で確保しています。

 

22.アルミペダル

 

 

この辺りは従来モデルでも上位グレードに採用されている装備です。

 

23.フロントドアステップガード

 

 

24.フロントフットウェルランプ
26.フロアマット

 

 

フットイルミとフロアマットです。

フロアマットのステッチも黄緑になっており、ちゃんとコーディネート。

ディーラーオプションのマットのように「208」のロゴは無いタイプです。

 

25.運転席アシストグリップ

 

 

これはなぜ差別化するのか分からないヤツw

運転席のアシストグリップもGTLineだけですね。

 

27.フレームレスミラー

 

 

フラッグシップの508で採用されているフレームレス自動防眩ルームミラー。

これも3008には付いてないんですよ。

地味に羨ましい・・・

 

28.ステッチ付インパネ

 

 

これも凄いんですよね。

Bセグメントでリアルステッチ使うメーカー居たかな?

アウディA1でも殆ど樹脂です。

 

29.フロントドアグリップ

 

 

グレード間でのこの差別化もあまり見ないですね(^_^;)

上級グレードにはドアグリップまで付けちゃおうって誰が言ったのか?

良い意味で変態だと思いますw

 

 

しかも質感もまぁまぁ良いときてます。

 

以上が208GTLine専用の装備です。

あと、おそらく?GTLineのみであろうという装備も紹介させて頂きます。

 

 

3D i Cockpitのメーターバイザーもステッチ付ソフトパッドになっています。

これは多分GTLine用ではないかと。

確かではないのでご参考までに。

Allure見た方でここ見たよって方おられましたら、ステッチ有無教えて下さい。

 

 

 

これだけボリュームのある専用装備が付いて300万円を切ってるとは。

走りの質感も含めて考えるとこのセグメントのトップに君臨した気がします。

 

最後に

 

改めて、AllureとGTLineの価格差は約33万円ですが、充分元が取れるアイテムが揃っていることを確認しました。

Allure選ぶべきか?GTLineか?

そもそもGTLineはお得なのか?という事も調べましたが、約14万円(予想価格)程度お得な価格の設定になってそうです。

私ならちょっと無理をしてもGTLineを買いたいですね。

 

 

以上です!

最後まで読んで頂きましてありがとうございました!

 

こちらの記事でオプションの無いプレーンな見積もりも確認出来ますので宜しければご覧ください。

 

 

208 2020カテゴリの最新記事