2022年改良!カローラスポーツ(カロスポ)価格・見積もり・メーカーオプションについて

2022年改良!カローラスポーツ(カロスポ)価格・見積もり・メーカーオプションについて

2022.9.5更新

どうもUUです

 

カローラスポーツも改良後の価格が出て予約注文可能な状態になりました。

カローラスポーツは、国内向けカローラシリーズの中で唯一、海外モデルと同じサイズで国内展開されています。セダンとツーリングは国内専用に全幅を狭くしたナローボディーを採用。

カローラスポーツ(カロスポ)はデザイン性や存在感が一番高いカローラシリーズの一つと言えるかもしれません。

今回は大まかな改良内容・価格・参考見積もりをご紹介します。

改良モデルの発表は10月上旬(3~4日)を予定、予約注文は受付開始されています。

2022年改良内容

大まかな改良内容を下記記事から抜粋、詳細は下記リンクを見てみて下さい。

関連記事

2022年改良!カローラスポーツ2.0ℓガソリンと12.3インチ液晶メーター採用!2022.9.6更新どうもUUです。 トヨタのカローラスポーツに改良が入ります。先日GRカローラが発表さ[…]

基本的な内外装質感、細かい装備関係は改良前と同等です。

●外装の変更
・ヘッドライト
・フロント・リアバンパー

●パワートレーンの刷新
・ハイブリッド:VOXY同等(第5世代システム)
・ガソリン:1.8ℓNA→2.0ℓNA(TNGAユニット)
・MT廃止→FF/CVTのみ

●安全装備がTSS2→TSS3へ

●ボディーカラーラインナップ変更
・オレンジマイカメタリック追加(G、G Z)
・ダークブルーマイカメタリック追加(G、G Z)
・ブラキッシュアゲハガラスフレーク廃止

●12.3インチ液晶メーター(G Zのみ採用、標準)

●10.5インチディスプレイオーディオ採用(G、G ZでMOP)

このような内容が採用される予定です。

 

改良後の価格

カローラスポーツは改良でMTが廃止されCVTのみになります。

MTの選択比率から考えると仕方ない集約というところでしょうか。最近MTのクルマ買った身からすると寂しい部分ではあります。

カローラスポーツガソリンFFハイブリッドFF
G X¥2,200,000
(-2,000)
¥2,460,000
(-28,000)
G¥2,450,000
(+65,000)
¥2,700,000
(+40,000)
G Z¥2,640,000
(+74,000)
¥2,890,000
(+49,000)

先行情報で言われていた値上げ幅よりも少ない上昇金額となっています。

先日トヨタと鉄鋼メーカーの間で材料値上げの取り交わしが報じられていましたが、この価格とは別のタイミングで反映されるのでしょうか。

 

改良後のカローラスポーツ見積もり4パターン

装備や質感関係の違いは改良前と基本的に同じです。

装備関係で違うのは改良内容にもあるように、メーターや安全装備の部分ですね。シート関係も変更はありません。

カローラスポーツ ガソリンGの見積もり

タイヤ・ホイール16インチアルミ
シートブラックファブリック
シート形状スポーティシート
メーター7インチTFT液晶メーター+アナログ:標準
センターモニター8インチ:標準
10.5インチディスプレイオーディオ:MOP

Gグレードはメーターが7インチの液晶+アナログメーターになります。以前はG Zでセレクト出来るメーターでしたね。

モニターは10.5インチが選択可能。

車両本体価格 ¥2,450,000

支払い総額¥3,015,300!!

カローラスポーツのガソリンは1.8ℓNAから2.0ℓNAになる事で動的質感のアップも期待出来ます。

最近はCセグハッチも高額になる中コミコミで300万円~購入出来るのは嬉しい存在です。

 

メーカーオプション

・スペアタイヤ +デッキボード高床タイプ ¥14,300
・ステアリングヒーター、リヤフォグランプ、寒冷地仕様 ¥37,400
・パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)+BSM+SEA ¥50,600
・ディスプレイオーディオ(10.5インチ、6スピーカー)+前後方ドラレコ機能 ¥121,000
・ナノイーX ¥11,000
・シートヒーター(運転席、助手席) ¥16,500
・ETC2.0ユニット ¥16,500

メーカーオプションの設定も基本的に改良前の設定と同じですね。ここは公式HP等確認して頂ければと思います。

ディーラーオプション

・ETCセットアップ ¥2,365(見積もりから抜けてました)
・フロアマットラグジュアリー ¥28,600
・HDMI入力端子 ¥13,200

ハイブリッドと諸費用の部分で変わる部分は
・環境性能割 ¥60,100
・重量税 ¥36,900

の97,000円ですね。トヨタモデルの場合リセールはハイブリッドが良いというです。

SUVはガソリンもリセールは良いみたいですが、最近人気のないハッチバック、セダン、ワゴンのボディータイプはハイブリッドにしておいた方が良さそうです。

 

カローラスポーツ ハイブリッドGの見積もり

続いて同グレードのハイブリッドです。

装備関係は基本的にガソリンと同じで、メーカーオプションに違いが出てきます。ここも改良前と基本的に同じですので詳しくは公式HPを確認してみて下さい(トヨタのMOP関係は難しいw)

車両本体価格¥2,700,000

支払総額¥3,211,200!!

 

メーカーオプション

・アジャスタブルデッキボード+アクセサリーコンセント(AC100V・1500W非常時給電システム) ¥52,800
・ステアリングヒーター、リヤフォグランプ、寒冷地仕様 ¥41,800
・パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)+BSM+SEA ¥50,600
・ディスプレイオーディオ(10.5インチ、6スピーカー)+前後方ドラレコ機能 ¥121,000
・ナノイーX ¥11,000
・シートヒーター(運転席、助手席) ¥16,500
・ETC2.0ユニット ¥16,500

ハイブリッドになって変わるのはアクセサリーコンセント(AC100V・1500W非常時給電システム)が選択出来るか否かですね。

ディーラーオプション

・ETCセットアップ ¥2,365(見積もりから抜けてました)
・フロアマットラグジュアリー ¥28,600
・HDMI入力端子 ¥13,200

 

ガソリンでは課税されている約10万円がハイブリッドではレスされますから、同グレードでの車両価格差25万円が支払い総額差で20万円まで縮まっています。

次最上グレードのG Zを見ていきましょう。

 

 

カローラスポーツ ガソリン G Z 見積もり

最上グレードのG Zになると外装がさらにスポーティに変化。

16インチ→18インチアルミになります。

特に良いのは・AVS(アダプティブバリアブルサスペンション)¥110,000が選択出来ます。シートはスポーティからスポーツシートへ。

オプションでシート表皮や加飾が豪華になるMOPがありますが、個人的には普通のファブリックシートが好み。シート形状が大きくカローラやツーリングのシートより良い感じ。

タイヤ・ホイール18インチアルミ
シートブラック:ファブリック
ブラック:本革×ウルトラスェードMOP約16万円
ブラック×レッド:本革×ウルトラスェードMOP約16万円
シート形状スポーツシート
メーター12.3インチTFT液晶:標準
センターモニター8インチ:標準
10.5インチディスプレイオーディオ:MOP

メーターがG Zでは12.3インチ液晶になります。ハリアー・RAV4・カローラでも採用されますが、国内仕様のデザイン・機能は未だにオープンになっていません。どのような物になるのか非常に気になる部分。

車両本体価格¥2,640,000

支払総額¥3,353,000!!

 

メーカーオプション

・イルミネーテッドエントリーシステム(フロントドアトリム、フロントコンソールトレイ、フロントカップホルダー)+HUD(カラーヘッドアップディスプレイ) ¥55,000
・4:2:4分割アジャスタブルデッキボード ¥8,800
・ステアリングヒーター、リヤフォグランプ、寒冷地仕様 ¥37,400
・AVS(アダプティブバリアブルサスペンション) ¥110,000
・パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)+BSM+SEA ¥50,600
・ディスプレイオーディオ(10.5インチ、6スピーカー)+前後方ドラレコ機能 ¥121,000
・ナノイーX ¥11,000
・ETC2.0ユニット ¥16,500

最上グレードになるとHUDのMOPがセレクト出来るのも良いですね。

カローラシリーズは価格・装備考えるとトヨタのモデルの中でもコストパフォーマンスが高いです。

 

ディーラーオプション

・ETCセットアップ ¥2,365(見積もりから抜けてました)
・フロアマットラグジュアリー ¥28,600
・HDMI入力端子 ¥13,200

 

G ZのガソリンになるとGの97,000円より課税額アップで101,700円となります。

最後にG Zのハイブリッドです。

カローラスポーツ ハイブリッド G Z 見積もり

装備関係はガソリンG Zと共通です。

ハイブリッドモデルはVOXYと同等の新世代ハイブリッドが搭載され、その評価が高いのでとても楽しみですね。

車両価格¥2,890,000

支払総額¥3,562,900!!

 

メーカーオプション

・イルミネーテッドエントリーシステム(フロントドアトリム、フロントコンソールトレイ、フロントカップホルダー)+HUD ¥55,000
・4:2:4分割アジャスタブルデッキボード ¥8,800
・ステアリングヒーター、リヤフォグランプ、寒冷地仕様 ¥41,800
・アクセサリーコンセント(AC100V・1500W、コンセント2ケ、非常時給電システム) ¥44,000
・AVS(アダプティブバリアブルサスペンション) ¥110,000
・パーキングサポートブレーキ(前後方静止物+後方接近車両)+BSM+SEA ¥50,600
・ディスプレイオーディオ(10.5インチ、6スピーカー)+前後方ドラレコ機能 ¥121,000
・ナノイーX ¥11,000
・ETC2.0ユニット ¥16,500

Gと同じく非常時給電機能付のアクセサリーコンセントがハイブリッドになると選べます。

 

ディーラーオプション

・ETCセットアップ ¥2,365(見積もりから抜けてました)
・フロアマットラグジュアリー ¥28,600
・HDMI入力端子 ¥13,200

約10万円が免税ですね。

ハリアーの記事に頂いたコメントですと、来年春の税制改定で免税では無くなるモデルも出てきそうです。

トヨタの燃費良いハイブリッドは引き続き優遇して欲しい所です。

以上です。

 

改良詳細は下記リンクを見てみて下さい。

関連記事

2022年改良!カローラスポーツ2.0ℓガソリンと12.3インチ液晶メーター採用!2022.9.6更新どうもUUです。 トヨタのカローラスポーツに改良が入ります。先日GRカローラが発表さ[…]

 

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!