2022年改良!マツダ【ロードスター990S価格・見積もり】特別装備について

マツダ ロードスター RF、2022年の改良内容、新設定グレード990S・テラコッタの価格・見積もりの紹介!

2021.10.14更新
2022年マイナーチェンジモデル

どうもUUです!

マツダ改良祭り第4弾!

マツダの誇る世界を代表するライトウェイトスポーツ、ロードスター、ロードスターRFの改良内容や新設定グレード、その見積もりの紹介です!

マツダのロードスターはNAから始まり、現在でNDと2015年から4代目になっています。

このブログスタートして間もなくの頃にRFの試乗をさせて頂いたのが懐かしい。

関連記事

ロードスターRF VS 試乗レビュー!!Part2~エクステリア・動的質感をレビュー~2019.2.16更新マツダの赤はホントきれいですね!! マツダロードスターRFに試乗させてもらいました、という話の2[…]

今回の内容ですが、

●ロードスター改良モデルの発表・発売時期
●改良内容について
●改良後のグレード構成・価格
●新設定グレードの特徴・装備等について
●改良後の新設定グレードの見積もり

このような流れで書いていきます。

ロードスター改良モデルの発表・発売時期

ロードスターの改良モデルは

2021年12月中旬発表

2022年1月下旬発売

という予定です。先日のCX-5から始まる改良記事でも書いてますが、こちらはあくまでも予定です。細かい日程の情報等入りましたら、この記事を更新します。

改良内容について

2022年発売予定のロードスター改良内容ですが、

●コーナリング時に車両を安定させる新制御をロードスターから追加
・コーナリング中に内輪のみを軽く制動させる
・ロードスター特有のリアサスペンション構造により、制動力がリアサス・ボディを引き下げる
・コーナリング中の姿勢の浮き上がりが抑制され車両姿勢安定
●上記機能が追加され車両価格¥22,000アップ
●ベースグレード「S」のMOP、CD/DVDプレイヤー廃止
●1トン切りのグレード「990S」追加
●ロードスターの「アークティックホワイト」廃止→ロードスター・RF共にプラチナクォーツ追加
●ロードスターにダークブルー幌の「NAVYTOP」という期間限定特別仕様車設定
●RFのバーガンディーセレクションが廃止→テラコッタレザーシート採用の「VS TerracottaSelection」新設定

このような内容になります。

●コーナリング時に車両を安定させる新制御をロードスターから追加ですが、正式な名称も決まっていないようなので、新情報入手しましたら追記しますね。

追記
海外の公式HPで新機能の名称らしき記載が出て来たそうです。
“FR-DYC System”との事で今後の情報が気になりますね!
つらつらとMAZDA

(画像 MAZDA UK) 日本を中心に2021年後半に商品改良が実施される見込みのロードスター(MX-5)ですが、欧州…

あと、気になったのはこの機能がロードスターから追加、となっていたので「今後他のモデルでも採用される」というニュアンスを含んでいるのかな?と。

そもそも追加されて楽しくなるのか?というのも気になる部分ですね!

あとはCX-30、MAZDA3、CX-3同様にプラチナクォーツが採用され、常設・特別仕様が追加ですね。ロードスターの様な元々稀少性の高いモデルは、さらに特別になる仕様車を選びたい気持ち。

ロードスターに「990S」「NAVYTOP」という常設・特別モデルが追加。

RFに追加のテラコッタセレクションはお洒落なモデルになっていました。

 

改良後のグレード構成・価格

ロードスターとRFを順に記載します。

ロードスター グレード・価格

S

2WD(6MT) ¥2,623,500

NR-A

2WD(6MT) ¥2,777,500

990S 

2WD(6MT) ¥2,893,000

S Leather Package

2WD(6MT) ¥3,231,800

2WD(6AT) ¥3,306,600

NAVY TOP 

2WD(6MT)¥3,191,100

2WD(6AT)¥3,306,600

S Leather Package White Selection

2WD(6MT)¥3,231,800

2WD(6AT)¥3,347,300

RS

2WD(6MT) ¥3,356,100

 

ロードスター RF グレード・価格

S

2WD(6MT) ¥3,461,700

2WD(6AT) ¥3,489,200

VS

2WD(6MT) ¥3,757,600

2WD(6AT) ¥3,785,100

VS White Selection

2WD(6MT) ¥3,798,300

2WD(6AT) ¥3,825,800

VS Terracotta Selection 

↑のWhite Selectionと同額

2WD(6MT) ¥3,798,300

2WD(6AT) ¥3,825,800

RS

2WD(6MT) ¥3,922,600

価格はこのようになります。

続いて、新規追加グレードの特徴と見積もりをご紹介します。

 

ロードスター990Sの特徴と見積もり

990Sの特別装備

●常設グレード(ベースは「S」)
●ロードスター初「走り」の特別仕様車
●特別装備内容
・16インチRAYS社製アルミホイール
・フロント Brembo社製ベンチレーテッドディスク&ブレンボロゴブルー塗装ブラックキャリパー
・リア キャリパー(ブラック)
990S専用セッティング。ダンパー、スプリング、電動パワーステアリング、PCM(エンジン制御ユニット)
・ソフトトップカラー「ダークブルー」
エアコンルーバーベゼル(ブルー / ピアノブラック)
・ショップオプションとして専用フロアマット(ブルーステッチ「990S」刺繍入り)設定←単品購入可
・メーカーオプションはSRSエアバッグシステム サイド(頭部用/胸部用)¥33,000のみ

この990Sが面白いグレードですよね。

現行ロードスターとして初めて「走り」の専用装備やチューニングを施されたモデルとなり、ダンパー、スプリング、電動パワーステアリング、PCM(エンジン制御ユニット)に手が入っています。予想としてはもっとスポーツよりのゴリッとしたフィーリングを感じさせる躾になって出てくると予想していますが、試乗車等が配備されると良いのですが。

価格は¥2,893,000で、ベースとなるSが¥2,623,500なので、約25万円程の値上がりとなります。

では990SとベースとなるSの見積もりです。

 

990Sの見積もり

車両本体価格 6MT ¥2,893,000

MOP設定はエアバッグのみですが、990kgじゃなくなってしまうのでセレクトしていません。←(エアバッグは選択しても車体重量は990kgのままという情報も頂きました。まだまだ噂程度ではありますが、ご参考まで)

ボディーカラーはプラチナクォーツメタリック。

 

支払総額¥3,122,273となりました。

ディーラーオプションはブルーステッチ「990S」刺繍入り¥25,080をセレクトしています。

 

この990S仕様フロアマット、通常のマットが¥22,800、プレミアムが¥29,480なのでちょうど中間に位置する価格になっています。

 

税金関係は¥130,970。納期は12月無理なんですが、全部の見積もり12月になっています(笑)

差額の参考にはなると思いますので、ご容赦下さい。

では、ベースとなる「S」ですと金額はどうなるのか見てみましょう。

Sグレードの見積もり

車両本体価格 6MT ¥2,623,500

メーカ―オプションは選択していません。

 

支払総額¥2,850,473!!

おぉ、300万円切っちゃうインパクトはやはり大きい。

990Sは走りや専用の内外装装備で少し高額になるので、単純に趣味車で増車と言う感じであれば、Sも充分魅力的な選択肢になりますね。

 

990S仕様フロアマットの仕上がりが気になりますね。

税金関係は¥124,270となっています。

続いてNAVY TOPの内容を見ていきましょう。

 

マツダ3デビューの先行展示会に遠征行った時に撮影させて頂いたロードスター。めちゃかっこいいカスタムされてました♪

NAVY TOPの特徴と見積もり

NAVY TOPの特別装備

●受注期間21.12月中旬~2022.5.31
●ベースグレード:S Leather Package
●特別装備
ソフトトップカラーダークブルー(インシュレーター付き)
・電動リモコン式ドアミラーボディー同色(ベースはピアノブラック)
高輝度塗装16インチアルミホイール(ベースはブラックメタリック塗装)
6スピーカー(ベースはBOSEサウンドで9スピーカー)

今回の改良で唯一期間限定となる特別仕様車です。

サンプル画像拝見した感じですと、このグレードも相当オシャレです。ネイビー幌とマシングレーの組み合わせが渋い。以前も一時期設定ありましたかね?ネイビーじゃなくてグレー幌だったかな?

 

NAVY TOPの見積もり

NAVY TOPの車両本体価格は

2WD(6MT)¥3,191,100

2WD(6AT)¥3,306,600

今回見積もりは6MTで作成して頂いています。

メーカ―オプションはBOSEサウンドシステム¥77,000スノーフレークホワイトパールマイカ¥33,000がセレクトされています。

 

支払総額¥3,606,573

このクルマは86やBRZとも悩ましくなりそうですね。

関連記事

新型BRZの2パターン見積もり紹介とグレード別装備の違いについて※2021.10.3更新 どうもUUです!新型BRZの試乗をさせて頂いて、見積もりも作成して頂いたのでご紹介します!今回は[…]

 

ディーラーオプションは

フロアマットプレミアム ¥29,480

ナビゲーションSDカード ¥49,500

実用面で考えるとバックモニター¥39,967も選択しておけば良かったですね。

税金関係は¥153,270と順調にアップしています。自動車税がシビアですね。そんなに税金取らないとダメなの?って言いたくなります。

 

VS Terracotta Selectionの特徴と見積もり

最後にテラコッタセレクションです。プラチナクォーツとの組み合わせが最高にオシャレでした。

女性が乗っているとさらに魅力的に映りそうですね。

VS Terracotta Selectionの特別装備

●常設グレード
●ベースグレード:VS
●外装はベースと同じ
●内装
・シートナッパレザー(テラコッタ)ベース車はブラックレザー
・ドアトリム / インパネデコレーションパネル、ブラック合成皮革×テラコッタステッチ入り

こちらは内装の質感に手が入っているのみでその他大きな変更はありません。

では見積もりを見ていきましょう。

 

VS Terracotta Selection(テラコッタセレクション)の見積もり

車両本体価格は、ホワイトセレクションと同じ価格ですね。

2WD(6MT) ¥3,798,300

2WD(6AT) ¥3,825,800

となります。

見積りは6MTで作成。ボディーカラープラチナクォーツ。MOPは無しです。

 

支払総額¥4,117,373

400万円の大台に乗ってきますね。

 

ディーラーオプションは先ほどと同じ内容です。

税金関係は更に上昇し、¥166,870となります。

こういう時ディーゼルやハイブリッドの恩恵感じますが、それでは得られない悦びがガソリンエンジンにはあるんだよなぁ。

 

ロードスターの2022年改良内容、新設定グレードの装備や見積もり紹介でした。

改良モデルの取材出来ましたら、レポートさせて頂こうと思います!

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

 

Car Watch

 マツダは10月24日、小型オープンスポーツカーである「ロードスター」(ND型)史上もっとも軽い特別仕様車「990S」を…

 

NDロードスター改良の履歴を記事にしました。

中古モデルが気になる方も参考にして頂けるかと思います。

関連記事

ND ロードスター、ロードスターRF 年次改良内容の履歴まとめ2021.10.25更新P8:990Sについて追記どうもUUです!先日マツダ・ロードスターの2022年改良モデルの記事をアップしましたが、この記事[…]

 

 

最新情報をチェックしよう!