2021年改良!マツダ【CX-3 Super Edgy 価格・見積もり】

目次

マツダCX-3 2021年の改良内容、価格・新グレード「SuperEdgy」の見積もり紹介!

2021.9.19更新
2021年マイナーチェンジモデル

どうもUUです!

マツダ2021~2022年改良祭りの第3弾としてCX-3の内容をお伝えします!

CX-3は同社、MAZDA2(デミオ)をベースとしたコンパクトSUV。

以前1.8Dグレードには試乗させて頂いたんですが、その時はディーゼルエンジンの音が気になった記憶。

あれが2018年だったので、そこから改良を重ねて現在はどのようなフィーリングになっているのか。

 

今回は

●CX-3改良モデルの発表・発売時期、主な変更・改良内容
●新グレード「SuperEdgy(スーパーエッジー)」について
●CX-3改良後のグレード構成・価格
●メーカーオプションの内容・価格・対応するグレード・制約について
●「SuperEdgy(スーパーエッジー)」の見積もり紹介

このような流れで書いていきます。

CX-3改良モデルの発表・発売時期、主な変更・改良内容

発表・発売時期について

2021年改良版のCX-3は

発表:2021.10.14

発売:2021.11月上旬

という予定になっています。ここはあくまで予定です。

昨今の部品不足でメーカーも色々大変そうですし、流動的だと思っておいた方が賢明でしょう。

主な変更・改良内容は?

●2.0NAガソリンの20G廃止→グレード名等も変更
→1.5ℓNAガソリン、1.8ℓディーゼルターボエンジンに集約

●エターナルブルーマイカ廃止→プラチナクォーツメタリック追加

●新グレードとして「SuperEdgy」追加←CX-3初の2トンルーフ仕様

●4WDモデルにワイパーデアイサー追加

●シートベルトリマインダー追加

以前から噂のあった2.0ℓガソリンモデルが遂に廃止です。これによりグレード体系も見直しが入ります。

CX-30、MAZDA3と同じくプラチナクォーツメタリックが追加→エターナルブルーマイカが廃止され、MAZDAから明るい青色が消えて行きますね(^_^;)

注目は新グレードの「SuperEdgy(スーパーエッジー)」。

CX-3として初になるブラックルーフの2トンボディーが採用です。

新グレード「SuperEdgy(スーパーエッジー)」について

SuperEdgy(スーパーエッジー)」はベースが15S・XDのTouringというグレードとなっています。

特別装備の内容

●外装:※2トンカラー、クラッティング塗装、18インチブラックホイール
●内装:ブラック×ホワイト内装 グランリュクス×合皮のコンビシート
●ALH(アダプティブ・LED・ヘッドライト)
●10wayパワーシート、メモリー機能付
●ステアリングスイッチ(ブライト)
●ワイヤレス充電Qi×AppleCarPlayのワイヤレス接続OP¥17,600選択可能←CD、DVD同時装着不可

※2トンボディーカラー(ブラックルーフ)
・プラチナクォーツメタリック
・ポリメタルグレーメタリック
・セラミックメタリック
・ソウルレッドクリスタルメタリック¥44,000

改良前のCX-3の場合、パワーシート設定は20S PROACTIVEに設定があったのですが、改良後はXDTouringとこのSuperEdgyでのみ選択できるようになります。

CX-3改良後のグレード構成・価格

ベースグレードから順に記載します。

ガソリンモデルは6ATのみ、ディーゼルには6MTも用意されます。また6MTモデルはMOPが自動的に全部付になります。

15S 車両本体価格

2WD 6AT ¥1,892,000
4WD 6AT ¥2,134,000

XD 車両本体価格

2WD 6MT・6AT ¥2,317,000・2,284,000
4WD 6MT・6AT ¥2,559,000・2,526,000

15S Touring 車両本体価格

2WD 6AT ¥1,991,000
4WD 6AT ¥2,233,000

XD Touring 車両本体価格

2WD 6MT・6AT ¥2,871,000・2,453,000
4WD 6MT・6AT ¥3,113,000・2,695,000

15S Urban Dresser 車両本体価格

Urban Dresserは15Gのみ

2WD 6AT ¥2,271,500
4WD 6AT ¥2,513,500

15S SuperEdgy 車両本体価格

2WD 6AT ¥2,491,500
4WD 6AT ¥2,733,500

XD SuperEdgy 車両本体価格

SuperEdgyは6ATのみ

2WD 6AT ¥2,970,000
4WD 6AT ¥3,212,000

6MTモデルは販売予定台数の関係かMOPのセレクトが出来ないですが、現状このクラスのコンパクトSUVにディーゼルの設定があり、更に6MTが選択できるのはCX-3位しか思いつきません。

非常に貴重な存在ですよね。実際ディーゼル×4WD×6MTと言う事で指名買いされる方も多いそうです。

メーカーオプションの内容・価格・対応するグレード・制約について

360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー ¥44,000

対応グレード:15S・XD Touring、15S Urban Dresser、15S・XD SuperEdgy

CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー ¥33,000

対応グレード:全グレード

ボーズサウンドシステム+7スピーカー ¥66,000

対応グレード:15S Urban Dresser、15S・XD SuperEdgy

ワイヤレス充電Qi×AppleCarPlayのワイヤレス接続 ¥17,600

対応グレード:15S・XD SuperEdgy

制約:このMOPをセレクトするとCD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー同時装着出来ない。

セーフティーパッケージ ¥71,500

対応グレード:15S Touring

・MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)
・スマートブレーキサポート
・アクティブドライビングディスプレイ
・ドライバーアテンションアラート
・交通標識認識システム
・アナログタコメーター、メーターリングシルバー
・メーターフードトリム(皮革調)

プロアクティブセーフティーパッケージ ¥121,000

対応グレード:XD Touring

・MRCC(マツダレーダークルーズコントロール)
・スマートブレーキサポート
・アクティブドライビングディスプレイ
・ドライバーアテンションアラート
・交通標識認識システム
・アナログタコメーター、メーターリングシルバー
・メーターフードトリム(皮革調)
↑ここまでセーフティパッケージと一緒
・ALH(アダプティブLEDヘッドライト)

ブラックグロッシーパッケージ ¥88,000

対応グレード:15S・XD Touring、15S Urban Dresser

・215/50R18アルミホイール・タイヤ(切削加工)
・メッキガーニッシュ(フロント&サイド下部)
・ピラーガーニッシュ(ピアノブラック)
・クラッティング塗装

インテリアパッケージ ¥132,000

対応グレード:XD Touring

・シート材質(合成皮革/クロス)
・ルーバーベゼル(ピアノブラック/サテンクロームメッキ)
・インパネモールディング
・コンソールサイドデコレーション(合成皮革ダークグレー)
・ドアトリムFr/Rr アームレスト(合成皮革)
・Fr/Rr インナードアハンドル(サテンクロームメッキ)
・ステアリングシフトスイッチ(AT車)
・運転席10Wayパワーシート
・フロントシートヒーター
・ステアリングヒーター
・自動防眩インナーミラー

すいません。ちょっとややこしいですよね・・・私も理解するのと、どう表現しようか悩みました。

一覧にもしてみますね。

ー:設定無、△:OP設定、●:標準装備

15S
XD
15S
Tou
XD
Tou
UrbanSpEd
360°ビュー
CD/DVD
BOSE
BlackGlossy
セーフティPak
プロアク
セーフティPak
インテリアPak
ワイヤレス

こちらの方が分かり易いでしょうか。

少しまとめると、

■ベースの15S、XDは●CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナーのみMOP設定

■ALH、パワーシート等を採用出来るのはXD Touring15S・XD SuperEdgy だけ

■15S・XD SuperEdgyのみ●ワイヤレス充電Qi×AppleCarPlayのワイヤレス接続 がセレクト可能

細かい装備差は店舗で確認出来ますのでご興味ある方は確認してみて下さい。

 

SuperEdgy(スーパーエッジー)の見積もり紹介

では最後に新設定グレードである、SuperEdgy(スーパーエッジー)の見積もりですね。

個人的には2トンに出来るこのグレードがこれからCX-3購入するなら、見た目の差別化、装備の充実度(細かくはもう少し確認が必要)から見てもおススメかな?と思いますね。

合計3つ、のパターンの見積もりがありますので順に見ていきます。

15S SuperEdgy 2WD 6AT ¥2,491,500 1つ
XD SuperEdgy 4WD 6AT ¥3,212,000 2つ

の見積もりです。

15S SuperEdgy(スーパーエッジー)の見積もり

車両本体価格 2WD 6AT ¥2,491,500

ボディーカラーはプラチナクォーツですね。

支払総額は¥2,835,523ですね。

メーカ―オプション

・360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー ¥44,000

・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー ¥33,000

が選択されています。

ディーラーオプション

・フロアマットラグジュアリー ¥31,020

・ナビゲーション用SDカード ¥49,500

を選択。

個人的にディーラーのコーティングは使用しない事が多いです。

諸費用関係はこのようになっています。

15Sの税金関係は¥114,270

タイヤ保管サービスが新潟では意外と重宝するんですが、中々リーズナブルな所は少ないです。マツダさんは確か年間3万円以上した気がしますね。

次の見積もりです。

XD SuperEdgy(スーパーエッジー)の見積もり

どちらも4WDでMOP違いの2パターンです。

車両本体価格、4WD 6AT ¥3,212,000。

同じSuperEdgyでも15S 2WDとで車両価格は70万円程変わってきます。

支払総額¥3,544,523

メーカ―オプションは

・360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー ¥44,000

・CD/DVDプレーヤー+地上デジタルTVチューナー ¥33,000

・ボーズサウンドシステム+7スピーカー ¥66,000

が選択されています。

ディーラーオプションは先ほどと同じなので、割愛です。

次の見積もりです。

MOPは

・360°ビューモニター+フロントパーキングセンサー ¥44,000

・ワイヤレス充電Qi×AppleCarPlayのワイヤレス接続 ¥17,600

度々書いてますが、ワイヤレス充電をセレクトすると、DVDデッキがセレクト出来なくなります。

支払総額¥3,463,123

XDになると税金関係が¥36,770なので15Sと比較すると約8万円程変わってきます。

やはり税金関係での優遇がまだあるのは嬉しいですね。近い内にこの辺りも変動してしまうのでしょうか。

CX-3の2021年、改良内容、見積り紹介以上です。

 

最後まで読んで頂きましてありがとうございます。

 

 

 

 

最新情報をチェックしよう!