マツダ・ロードスター990S展示車見てきました!特別仕様をピックアップ!

マツダ・ロードスター990S展示車レポート、特別装備の紹介

2022.2.3更新

高速かっとばしてきたよw

どうもUUです!

マツダのライトウェイトスポーツ「ロードスター」が改良を受けて2022.1中旬に発売されました!

マツダ ニュースリリース

- 『人馬一体』の走りの楽しさをさらに高め、軽さにこだわった「990S」を含め、お客さまのライフスタイルに合わせた特別仕…

当ブログでも改良内容や見積もりの紹介もしていましたが、今回はちょっと離れた店舗に実車が配備されたという事で、撮影許可を事前に頂いて行ってきました!

いきなり行ってダメって言われたらショックデカすぎるので(笑)

場所は新潟県長岡市にある

マツダオートザム長岡西店さんで撮影させて頂きました!

Twitter

 

 

快く撮影をさせて頂きましてありがとうございます!

素敵なスタッフの方々で有難かったです。

また機会ありましたら宜しくお願い致します!

ではロードスターの話に

 

当ブログは至って普通のサラリーマンが色々なクルマに触れ(活動歴約4年、取材台数300台以上)感じたことや今までの経験での変化点等をレポートしています。
分相応でないクルマについても記事にしていますので、素人の意見として受けとめて頂ければ幸いです。

 

ロードスター990Sの装備・改良・価格について

 

 

今回の改良で追加・変更になった内容です。

2022年発売ロードスター改良内容ですが、

●コーナリング時に車両を安定させる新制御「KINEMATIC POSTURE CONTROL (KPC)(キネマティック・ポスチャー・コントロール)」をロードスターから追加
・コーナリング中に内輪のみを軽く制動させる
・ロードスター特有のリアサスペンション構造により、制動力がリアサス・ボディを引き下げる
・コーナリング中の姿勢の浮き上がりが抑制され車両姿勢安定
●上記機能が追加され車両価格¥22,000アップ
●ベースグレード「S」のMOP、CD/DVDプレイヤー廃止
●走りの特別仕様車「990S」追加
●ロードスターの「アークティックホワイト」廃止→ロードスター・RF共にプラチナクォーツ追加
●ロードスターにダークブルー幌の「NAVYTOP」という期間限定特別仕様車設定
●RFのバーガンディーセレクションが廃止→テラコッタレザーシート採用の「VS TerracottaSelection」新設定

このような内容になります。

「KPC」がどのようなフィーリングの効果をもたらすのか、一回乗ってみたいやつ。

SNS等で拝見した感じだと思ってたのと違うフィーリングみたいですが、とにかく気になりますね。

 

990Sの価格は6MTのみで¥2,893,000!!

ベースとなるSが¥2,623,500なので、約25万円程の値上がりとなります。

 

990Sの特別装備紹介

●常設グレード(ベースは「S」)
●ロードスター初「走り」の特別仕様車
●特別装備内容
・16インチRAYS社製アルミホイール
・フロント Brembo社製ベンチレーテッドディスク&ブレンボロゴブルー塗装ブラックキャリパー
・リア キャリパー(ブラック)
990S専用セッティング。ダンパー、スプリング、電動パワーステアリング、PCM(エンジン制御ユニット)
・ソフトトップカラー「ダークブルー」
エアコンルーバーベゼル(ブルー / ピアノブラック)
・ショップオプションとして専用フロアマット(ブルーステッチ「990S」刺繍入り)設定←単品購入可
・メーカーオプションはSRSエアバッグシステム サイド(頭部用/胸部用)¥33,000のみ

990Sの特別装備はこのようになります!

もし、マツダオートザム長岡西店さんで試乗車なったら試乗させて頂きたいなと淡く期待していますw

長岡市は新潟市と比べると雪が多いので、当たり前ですが雪壁が怖かったですw

では、990Sを見ていきましょうー!

 

店舗にお邪魔すると居ました!

ロードスター990S!

現行のNDがデビューしてから(2015年)既に7年が経過しようとしています。

なので特別目新しいというかは感じませんが、この非日常な形はいつも目を奪われる存在です。

 

見て、このサイドビュー(全長3,915㎜)

抑揚で魅せるパネル構成と、ちょうどキャビンの所が抉られるようにラウンドしたパネルのアッパー部。

美しい・・・としか言いようがないのです。

ボデイーカラーは今回の改良でアークティックホワイトが無くなったので、「スノーフレークホワイトパールマイカ」追加料金は¥33,000となっています。

 

ボディーのうねりは、どの角度から見ても素敵です。

 

では特別装備内容を見ていきましょう。

・ダークブルー幌

特別装備の1つ「ダークブルー」の幌

明るいところではちょっとくすんだネイビーと言う感じですね。

光が当たると鮮やかな青い表情も見せてくれます。

つらつらとMAZDA

12月16日に正式発表されたロードスター2021年商品改良モデルですが、いつもお世話になってるマツダブランドスペース大阪…

「つらつらとMAZDA」の管理人タクさんがチェックされていた「NAVYTOP」と同じ色ですね。

990Sには静粛性を高める「インシュレーター」は付いてません。

 

今回の展示のライティングでは後ろから見た感じが一番鮮やかに見えました。

これはまた自然光の元でどうなるか気になりますね!

 

こういうクルマはボディーカラーどうする?っていう問題がさらに大きくなりませんか?

私もめちゃくちゃ色で悩みそうですが、個人的にはマシングレーかディープクリスタルブルー、プラチナクォーツ辺りがオシャレに感じるかなぁ。

年齢と性別と飽きずに乗れるとか考えるとマシングレー?(妄想はプライスレス)

内装の挿し色もありますし、ドアの上部がロードスターはボディー同色なのでコーディネートは最後まで悩みそう。

 

内装は基本的にベースのSと同じですね。

ベースグレードでもドアアームレストは合皮でステッチ付いてますし、全体的に樹脂感は少ないです。

充分な質感が990Sでも与えられています。

 

これも見とかないと!

「ND5RC-650314」なので、今回の改良でND6→ND6.5になったと理解しておけば良いという事ですね。

 

スノーフレークホワイトと、ダークブルー幌も良いなぁ。

全国的に990Sの展示車は白が多いんでしょうか。

山口のTogariさんとこの店舗も白でしたね。

営業さん写真送ってくれるとか、関係良好で羨ましいでw

 

Togariさんが、改良前のND6?についての乗り味レポートも書かれているのでチェックしてみて下さい。

やっぱりクルマが好き。

透明感あるブルーボディーに上質なホワイトレザーを纏った期間限定モデルマツダ ロードスター RS ホワイト リミテッドセレ…

 

・16インチRAYS社製アルミホイール
・フロント Brembo社製ベンチレーテッドディスク&ブレンボロゴブルー塗装ブラックキャリパー

ブラック塗装のキャリパーとRAYSのガンメタホイールの組み合わせは間違いない組み合わせ♪

ここにブルーのBremboエンブレムはさすがカラーセンスが高いマツダらしい。

自分で弄らなくてもそのままで満足出来ちゃう感じは、私みたいに弄らない層は満足度高いと思われます。

でもロードスター乗る人は弄る人多いかな

 

タイヤはヨコハマの「ADVANSport」

 

フェンダーのデザイン本当に惚れ惚れしますね。

 

・リア キャリパー(ブラック)

アルミホイールのフォントが良い感じなんですが、これはマツダさんが指定してこうなったのか、元々こうなのか?

あとで教えて頂きましたが、RAYSの鍛造ホイールにはこのフォントが用いられることが多いそうです。

 

・エアコンルーバーベゼル(ブルー / ピアノブラック)

黒い内装に渋めのブルーカラーが差し色で入ってると嬉しいですね!

 

・専用フロアマット(ブルーステッチ「990S」刺繍入り)DOPで購入可能

これは見れませんでした(^_^;)

 

簡単ですが、今回は以上です!

 

撮影してきた画像をご覧ください。

 

↓リンクで作成した動画も見れますので良かったらご覧ください。

何故かサムネが表示されていませんが・・・

https://www.youtube.com/watch?v=7RNl3aMa0vs

 

 

最新情報をチェックしよう!