BMW3シリーズツーリング内外装レポート

【新型MAZDA3・先行内見会】に参加しました!新潟市~岐阜・多治見のセラミックパークMINOへ

【新型MAZDA3・先行内見会】に参加しました!新潟市~岐阜・多治見のセラミックパークMINOへ

先行内見会へ行ってきた弾丸旅の報告

 

 

マツダの新型MAZDA3の先行内見会に参加してきました)^o^(

先行内見会ですが、岐阜会場の多治見市にあるセラミックパークMINOで開催。

私の住んでいる新潟からは約450㌔という距離です。

なるべく早く見てみたかったので、はるばる4/27の朝一からレヴォーグをとばして行ってきましたよw

 

 

 

初めて実車を見たMAZDA3は唸るほどの質感の高さに仕上がっていました)^o^(

 

 

今回は2019.4/27~4/28にかけての弾丸旅の記録として先行的にご報告します。

 

MAZDA3各モデルの詳細レビューに関しては後日させて頂きます。

現在画像のボリューム落としたり、人の顔消したりしていますので少しお待ちくださいね(^^)

ブログの運営も色々厳しい部分があって大変ww

 

MAZDA3ですが、詳細内容に関しては以前記事にしていますので、こちらを参考にしていただければと思います。

見積もりと、各グレード毎の装備に関する詳細記事です。

 

 

MAZDA3発売時期情報

 

MAZDA3は4つのパワートレインがラインナップされます。各パワートレインの最新の発売時期情報です。

15S・1500ccNAガソリン・・・2019年5月24日

XD・1800ccディーゼルターボ・・・2019年5月24日

20S・2000ccNAガソリン・・・2019年7月下旬

SKY-X・2000cc+マイルドハイブリッド・・・2019年秋頃

このようになっています。

一時は20Sのガソリンと共に遅れる予定のXDが15Sと発売が同時期になりましたね!

SKY-Xに関しては秋頃発売と言うことでおそらく10月位じゃないかなと個人的に予想しています。

見積もりに関して、SKY-Xはまだ出来ませんが、7月には可能になるとの話でした。また納期がかかるみたいで商談予約という形を取るかもしれないという情報もありますので、買うんだ!という方は早めに動かれた方が良いかもしれませんね。

 

先行内見会岐阜会場について

セラミックパークMINO

 

 

〒507-0801岐阜県多治見市東町4-2-5

TEL 0572-28-3200

駐車場台数312台

 

 

キレイな建物で美しさを追求するマツダ車の新型の先行内見会場としては絶好の場所ではないでしょうか。

建物内も散策しても楽しめる造りになっていて、ゆっくり遊びに来るだけでも良いなと思える施設でした。

 


水の流れに心が洗われるようで、煩悩だらけの私も悟りが開けるような錯覚を・・・^_^;

 

 

施設内で焼き物などの陶芸作品の買い物や、カフェスペースもあるので近くにこんな場所欲しいなぁ)^o^(

 

セラミックパークMINOのご紹介でした。

続いて先行内見会の概要です。

 

先行内見会について

 

先行内見会はマツダ・ニュースレターに登録している人が抽選で参加できる催しです。

私は4/27(土)のお昼から12:45受付開始の回に参加。

扉の向こうにMAZDA3が待っていると思うと楽しみで )^o^(

受付をしてもらうと可愛いパッケージのお水のペットボトルを頂けます。

 

展示車紹介

 

先行内見会では北米仕様のMAZDA3を3台見ることが出来ました。

 

ハッチバック・・・ポリメタルグレー、バーガンディー内装、シグネチャースタイル仕様

 

 

ハッチバック・・・ソウルレッドクリスタルメタリック、ブラックレザー内装

 

 

セダン・・・マシングレープレミアムメタリック、ホワイトレザー内装

 

 

会場に入るとまず目に飛び込んでくるのが、シグネチャースタイルのハッチバック!

 

 

すでに人がたくさん見ていらっしゃたのでちょっと諦めましてw

その手前に用意されていた内装に使われているファブリックの紹介コーナーをじっくりと。

 

 

こちらはハッチバック専用のバーガンディーセレクション(Burgandy Selection)内装で使用されているレザーです。

 

 

しっかりとした厚みとしっとりした触り心地で良い感じでした!

このレザーが使用されたシートも座り心地良かったですよ!

 

 

 

 

こちらがセダンのLパケに採用されるホワイトレザーのドアトリムパーツです。

インナードアハンドルとドアのメッキパーツが連続したデザインは現行アテンザのデザインと共通ですね。

 

 

ホワイトレザーシートに使用されるレザーも質感や厚みは同等でした。

 

 

こちらはファブリックシートのジャージ素材、レザーを見た後ですと少し見劣りしますが、しっかりした生地でシートになった状態が楽しみです!

 

 

MAZDA3はPROACTIVEという中間グレードからBOSEサウンドシステム12スピーカー¥75,600を設定可能です。

このパネルはBOSEオプションを付けるとフロントドアにこのスピーカーカバーが付きます!

ヘアライン調のアルミパネルに細かいパンチングが入った化粧パネルも兼ねていますね。

 

 

裏側はプラスチックパーツと加締めされていました。

こういう裏側が見れるのは有り難いですね(^^♪

 

 

こちらがドアトリムに設置されるとこんな感じです。

見た目の効果もかなり大きいので私がMAZDA3購入するなら必ずつけたいオプションの一つですね!

 

 

内装パーツを見た後、しばらくポリメタルグレーのハッチバックを物色。

純正車高から30㎜下げられているそうで、タイヤハウスの隙間は指2本程w

低かったです(^^)

 

 

会場入ってすぐの左側にセダンの大きなパネル。

 

 

その奥にはハッチバックの同サイズのパネルが設置されていました。

どちらもボディーパネルの抑揚や陰影が分かりやすい描写になっていますね。

 

開発主査プレゼンテーション

 

ポリメタルグレーのハッチバックと、パネル類をしばらく見ていると、開発主査のプレゼンテーションがスタート。

MAZDA3に込めた技術や、思いを聞くことが出来ました。

 

この写真撮るのも苦労したんですw

 

内容としては「当たり前のことを突き詰めよう」というもので、シートに座った時の姿勢が人が直立しているときの姿勢を目指していることや、静粛性や音の聞こえ方を分析して最適な防音処理、スピーカーの取り付け位置などの工夫をしてきた等の内容でした。

 

ソウルレッドの妖艶な感じが伝わりますか?

 

開発主査のプレゼンテーションが30分ほどで終わり、その後は自由に実車に触れる時間として1時間程自由にクルマを見て触ってしました。

 

MAZDA3を見た感想

 

ソウルレッドクリスタルメタリックのMAZDA3の美しさが凄まじかったです!w

正直初めて画像で見た時はこれはマズイ方向にやっちゃったんじゃないか?マツダさん!って思ったんですが、実車見たらゴメンナサイ、マツダさん!ってなりました\(^o^)/

 

 

セダンの方がかっこいいんじゃないか?と思ってたんですが、どっちもすごく良かった。

やはり実車を見ないと分からないものです^_^;

 

約50~70人程の人がいて1時間ではなかなかじっくり見れないですね。

もう少し時間が欲しかった!と思ったら抽選で漏れた人もプレゼンなしで実車を見れる時間が私たちの後にあるとのこと。

そこにも参加させてもらって時間いっぱい触れてきました。

画像はたくさん撮影でき、詳細レビューでもたくさん使いますから是非ご覧ください。

 

 

しかし、少しショッキングなことにMAZDA3の実車が一部店舗に配車され店頭に展示されている模様ww

 

 

せっかく先行内見行ったのに・・・

まぁ、シグネチャースタイルやハッチバックとセダンの並んでいる画はなかなか撮れないので、参加させて頂いて良かったです♪

マツダさんありがとうございました。

また会場設営のスタッフの方にも感謝します。

 

 

そして最後になかなかレアな写真が撮れました。

 

貴重な一枚?

 

 

セダンとハッチバックの画像ですが、上のスクリーンもセダンとハッチバック!!

後で画像確認して感動 )^o^(

撮った時は時間無くて焦ってたので気付きませんでした。

この1枚が撮れたことで岐阜まで来た甲斐があったというものww

 


シグネチャースタイルも色々な角度から撮ってきたので画像整理したらレビューします。

夕方6時までガッツリMAZDA3と触れ合えて大満足でした。

滞在時間約5時間。変態ですね ^_^; 付き合ってくれた嫁さんに感謝。

 

多治見のビジネスホテルトーノーに宿泊

 

 

こちらのホテルに宿泊しました。多治見駅すぐそばで大人2人で朝食付きセミダブル6,000円。

激安です。駐車場¥500も運よく空いていたので良かった。

こちらのホテルは駐車場に制限があるので注意が必要です。

無料の朝食は美味くてしょうがない!ってことは無いですが、バイキング形式で品数も充分。

満足度はありました。

スタッフの方の対応も良くて気持ち良くチェックアウト、お世話になりました(^^)

 

観光もせず速攻新潟へ

 

子供を嫁さんの親に預けていたので、観光などせずチェックアウトして給油しすぐ帰路へ。

途中久しぶりに高速渋滞につかまりました。

レヴォーグはD型からアイサイトツーリングアシストが付いて渋滞時の追従からストップまでの機能が付いていますが、こいつが便利。

 


次のクルマも同等の機能が欲しい所です。

私としては最優先項目ではないですけどね。

 

素敵なNDロードスターと出会う

 

帰路途中の屏風山パーキングエリアでお土産を買ってクルマに戻る途中。

NDロードスターを発見!しかもめちゃかっこいい!!

弄り方が好みだったのでオーナーさんが戻られるのを待って撮影をお願いし、ブログに掲載することもご了承いただけました。

 

 

メタルメッシュのフロントグリルがクラシック感を感じる仕上げになっていて、雰囲気を感じるフロント。

 

 

 

細かくは伺っていませんが、車高調も入ってより低重心なサイドビュー。

エンケイのホイールも良い感じ。

 

 

狙いではないでしょうが、錆さえも味に思えてしまうw

 

 

レッドトップの幌に、純正のオプション装着。

車内は失礼になるので撮影していませんが、ステアリングも変えてありました。

 

 

運転席はBRIDEのものに換装。

 

 

マフラーもチタンに焼きの入ったモノ?だと思いますが、変更されていました。

 

 

なにかロゴが見えますが、何処のか聞いていません。

 

 

トランク部分はカーボンシートでしょうか。

これまたセンスを感じる配色バランスで惚れ惚れです。

 

 

たまにサーキットも走ってらっしゃるそうです。

走ってるとこ見てみたい。

 

 

全体的に良いクラシック感が表現されていて素敵だなと思いました。

 

5分ほどお時間頂き撮影終了。ご迷惑おかけしました。ありがとうございました)^o^(

 

普段全く積極的ではないのですが、やはり好きな事だと頑張れますねww

勇気を出して話しかけて良かったです。

 

まとめ

 

今回はマツダにまみれた(どこかで聞いたような?)弾丸ツアーとなりました。

MAZDA3を堪能して、素敵なNDロードスターとも出会えて楽しかったですね。

 

 

しかし、今回拝見したMAZDA3の質感の高さは驚きでした!

画像の処理が終わり次第、MAZDA3のレビューをしますのでそちらもチェックして頂けると嬉しいです。

当ブログは定期的に更新。

1週間に2・3回の更新を目安にしています。

 

MAZDA3先行情報公式サイトです。

 

 

 

MAZDA3 2019カテゴリの最新記事