新型プリウスは狭い?使い勝手は?後席居住性とラゲッジルームをレポート!

新型プリウス!後席広さと使い勝手、ラゲッジルームをレポート!

2023.1.18更新

どうもUUです!

 

遂にちゃんと実車を拝見出来た新型プリウス!

フェンス越し、動画越しではなく実際見ると予想通り、いや予想を超えてデザイン性の高さを感じる物でした!

デザイン性だけなら今まで見てきた国産車の中で指折りに入ると思います。

 

まさかマツダ以外でここまでの拘りデザインを実現してくるクルマが出てくると思いませんでした。

デザインと前席の内装に関しては前回の記事で報告済みなので良かったらこちらで。

関連記事

新型プリウス!2.0HEV Z プラチナホワイトパール展示車の内外装レポート!2023.1.16更新どうもUUです! 遂にしっかりと新型プリウスが見れました![sitecard subt[…]

今回は後席の居住性やラゲッジルームやその使い勝手についてレポートしたいと思います。

 

新型プリウス後席はなかなか広い!でも気になる所もある!

まずはドアの質感から。

後席のドアは質感が割り切られてました。

ここは他のCセグも同じような感じではありますが、セダンというキャラも考えるとソフトパッドが良かったなぁと思います。

グラディエントブラックですと、トリム上部がグレーですね。

個人的には黒だけのマチュアレッドより良い感じに見えました。

 

こちらがマチュアレッド。

地味に嬉しかったのは後席のウィンドウスイッチにも照明がありました♪

マチュアレッドには赤の挿し色が入ると嬉しかったですね。ブラック一辺倒なのでノッペリ感は否めません。

 

助手席、運転席ともに175センチの私が快適に座れる状態にしてます。

2,750㎜に拡大したホイールベースの恩恵で頭上クリアランスは狭いですが、前後は充分広いです。

 

運転席のシートバックポケットが無いのは残念ですね。

私は小学生の子供がいるので、キックガードを付けますからポケットの代用はありますが、見映えとしても付いてた方が好きです。

 

違う展示車でドラポジ決めてみましたが、再現性はありますねw

充分広いです。

しかしヒップポイントが低いので、膝が少し立つ感じにはなりますね。

あと、運転席を一番下まで下げているとシート下につま先が入りません。ここは大人だとちょっと窮屈に感じそうです。

 

後席のアームレストはGから標準装備ですね。

ドリンクホルダー付はファミリー層は必須じゃないでしょうか。

 

高さや長さも問題ありません。

トランクスルーは出来ないですね。出番は少ないですが、クラウンみたいに付けて欲しかった。

 

ちょっと暗いですが、センタートンネルの主張は3センチ位と低いので、真ん中に座る人もそれなりの時間行けそうです。

 

175センチのオッサンが座ってこんな感じのクリアランス。

最近髪の毛が柔らかくなってきてボリュームが欲しい(何の話?)

 

センターコンソール後端には非常時給電システムが付いてますが、USBが無いのは何とかして欲しかったです。

ここは後付けで何か考えるしかないか。

海外仕様だとメクラの所にあるんですよ。給電の所にはリアシートヒーターのスイッチです。海外仕様と同じが良かったんですけど。

 

後ろから前を見た時の視界は大体こんな感じです。

私は全然暗いと感じませんでしたし、閉塞感も無かったです。

 

後席用のライトはスイッチ式でLEDでした。

明るくしてくれる位置はアームレストの先端辺りですね。

丁度良いんじゃないかと思いますが、足元が暗い可能性あります。

DOPのイルミネーション付けるかと考えてます。

 

あと後席ドアの内側にチャイルドロックついてました!

下に下げると内側から開けれなくなります。

後席に関しては以上です。

 

後ろから見た時のインパネがムーディなので、たまに後ろで乗りたくなりそう♪

新型プリウスのラゲッジ容量は410ℓ

新型プリウスのリアビューはかなりどっしりです。特にブラックは塊感あるのでズッシリ位いってるかもw

個人的にドッシリ系が好きなので問題ないですが、野暮ったく感じる人もおられそうですね。

しかし、一文字テールがキレイに繋がってるのはなかなかに素敵です。

 

バックドアにはワイパーがありません!

見た目と空力重視ですね。

ワイパー無しがどれ位の弊害をもたらすか、納車されてから確認ですね。

 

新型プリウスのZにはパワーバックドアが標準装備されました。

スイッチはエンブレムの下辺りです。

 

ラゲッジ側まわる度にこの造形に見とれて荷物おろすの忘れそうw

 

パワーバックドアは最近コンパクトSUVにも付くようになりましたが、このセグメントのセダン、ハッチバックではまだ珍しいと思います。惜しいのはハンズフリーではない点ですね。

奥さんに「なぜハンズフリーじゃないのか」と文句言われそうだぜw

 

ラゲッジ容量が410リットル(スペアタイヤ無しの場合)あるのは嬉しかった!

カローラツーリングで約390リットル。

マツダCX-30で420リットルですから、そこそこ使えそうです。

あとは、長期連休の時荷物がどれ位行けるか、自転車積めるか?確認したいと思います。

 

開口部の段差は手のひら位でした。

ちょっと段差は大きいので重い物を出すとき大変かも。

 

ラゲッジ床下には殆ど荷物は入らなそうですね。バッテリーコードだけでも入れたかったなぁ。

 

ラゲッジの左側にも非常時給電システムがついてます。この機能は個人的にここだけで良さそうな気がしますが、実際の緊急時は違うかな?

 

右側にライトがついてました。ちゃんとLEDです。

 

セダンタイプなのでさすがにラゲッジに後席可倒レバーはありません。

手を伸ばすとシート肩口のレバーに届きました。

6:4の分割可倒になっています。

 

倒すと少し段差があるので寝転ぶには何か道具が必要ですね。

 

どちらも倒すと結構広いラゲッジスペースになりますね!

これは自転車積めそうだ!(妻から自転車積めないとダメって言われてて(^^;))

 

倒したシートの角度はこれ位です。

 

あと、メーカーオプションの電子インナーミラーをつければ荷物をパンパンに載せても後ろが見れるので積載性はさらに上がります!

今回は以上です。

最後に

新型プリウスのラゲッジスペースは抜群に使いやすいとは言えませんが、スタイリングを考えれば充分な積載性を備えていると感じました!

 

あとは納車されましたら、実際色んな荷物を積んでみてこの記事に追加していきたいと思います!

いやぁ、しかし展示車を見るとカッコいいだけではなく、アングルによってかわいく見えたりもするので飽きないですね!

 

まだ室内でしか、撮影できてないので外ではまた雰囲気変わると思うので楽しみです♪

ではまた!

 

関連記事

新型プリウス!価格・全グレード見積もり・グレード別装備の紹介!2023.1.23更新 PHEVの見積もり装備関係 追記どうもUUです 新型プリウスの見積もりが可能になったので報告します![…]

関連記事

新型プリウス!2.0HEV Z プラチナホワイトパール展示車の内外装レポート!2023.1.16更新どうもUUです! 遂にしっかりと新型プリウスが見れました![sitecard subt[…]

関連記事

新型プリウス!モデリスタ・GRパーツが付いた価格は?見積もり紹介!2023.1.23 エレガントアイスの見積もり追加https://www.trdparts.jp/どうもUUです!&nbs[…]

最新情報をチェックしよう!