20周年記念車の価格は?MAZDA6年次改良後の4パターン見積もり紹介!

20周年記念車の価格は?MAZDA6年次改良後の4パターン見積もり紹介!

2022.11.21更新

どうもUUです。

 

MAZDA6の改良続報の報告です!

関連記事

マツダ6(MAZDA6)2022年マイナーチェンジ!20周年記念車の内容は?2022.11.20更新どうもUUです マツダのフラッグシップ「MAZDA6」の情報が入ったので報告です。[s[…]

先回改良の内容の詳細は報告しているのでこの記事では簡単に紹介します。(詳細は上記リンク記事で確認出来ます)

今回新たに分かった内容も追記です。

 

MAZDA6 2022年次改良(2023年モデル)の主な内容

・20周年記念特別仕様車追加(20thAnniversaryEdition)
・20周年記念車用として新しい赤色の匠塗(アーティザンレッドプレミアムメタリック¥77,000)が登場
20周年記念車の内装はレガーヌを使用したタンカラー
・カラーラインナップ変更(ロジウムホワイトプレミアムメタリック追加等)
・ブラックトーンエディション→スポーツアピアランスに変更
・PROACTIVE廃止→ベースグレードに集約(PRPACTIVE相当の装備はMOP化)
・Lパケのオリエンタルブラウン廃止→ブラックに変更

・ディーゼルエンジン高出力化
6MT廃止
マツダコネクトは新世代にならず
・2.5ℓターボエンジンモデル「25T」廃止
・ジャッキ廃止

以上の様な内容が含まれた改良内容となります。やはりマツコネが旧型のままだったのは残念

 

しかしながら、今MAZDA2で同じマツコネ使ってますが、そこまで不便は感じません。

と言うか、今はSUVが全盛でその流れは続くでしょう。販売の期待出来ないセダン・ワゴンモデルに年次改良を実施するだけでもメーカーの思い入れは充分かもしれません。

 

MAZDA6 2022年次改良後 価格は?

MAZDA6には3つのパワートレーン(2.0NA、2.5NA、2.2D)が用意されており、内容は改良前と同じです。ディーゼルの出力アップが予定されています。

トランスミッションは6ATのみとなりました。マツダの魅力であるMTの設定の多さが減るのは寂しさもありますが、選択比率を聞くと仕方ないとも思います。

MAZDA6はボディータイプに

セダン

ワゴン

とラインナップがありますが、どちらも価格は同じです。

ではガソリンモデルから

ガソリンモデル価格 FFのみ(値上げ金額)

20S
FF:¥2,962,300(+69,300)

25S SPORTS APPEARANCE
FF:¥3,517,800(+234,300)

25S L Package
FF:¥3,858,800(+223,300)

ガソリンモデルはこのようになります。

他のマツダモデルよりもメイングレードでの値上げ幅は大きい模様。

スポーツアピアランスですが、ベースはブラックトーンエディションで、20S→25Sに排気量アップしています。

PROACTIVEという中間グレードが無くなり、ベースグレードに相当のMOPセットが設定できるようになります。

 

続いてディーゼルモデルです。

ディーゼルモデル価格(値上げ金額)

XD 
FF:¥3,382,500(+71,500)
4WD:¥3,622,300

XD SPORTS APPEARANCE 
FF:¥3,898,400(+196,900)
4WD:¥4,138,200

XD L Package
FF:¥4,277,900(+224,400)
4WD:¥4,518,800

20th Anniversary Edition 
FF:¥4,422,000(Lパケ+144,100)
4WD:¥4,662,900

ベースグレード以外は約20万円位値上がりとなっています。

20周年記念車はベースとなるLパケ+約14万円ですね。分かっている範囲で
・内装カラー・シートマテリアル:レガーヌ・タン
・オーナメント:マットブラウンヘアライン
・ヘッドレストエンボス加工
・専用オーナメント
・サンルーフ標準(レス仕様無)

が設定予定。

レガーヌと言えばCX-60のプレミアムスポーツで使用されている内装マテリアルですね!

色味も全く同じになるのか?どのような仕上げになるのか楽しみです)^o^(

 

では見積もりを見ていきましょう。

 

MAZDA6 20周年記念車の見積もり

改良後MAZDA6で一番高額なモデルです。今回の目玉ですね。

XDのみの設定で

20th Anniversary Edition 
FF:¥4,422,000
4WD:¥4,662,900(見積もり作成)

価格はこのようになっています。

ボディーカラーのアーティザンレッドはソウルレッドと同じ¥77,000の有償価格

匠塗りの集大成とマツダが言うその色味が楽しみですね!

マツダ ニュースリリース

-独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」による新色-マツダ株式会社(以下、マツダ)は、独自の塗装技術「匠塗TAKUM…

 

支払い総額(ナビSDカードダブり分マイナスして)
¥5,092,349!!

大台に乗ってきましたね。

見積もりはセダンで作成頂いてます。

メーカーオプションはボディーカラーのみですね。サンルーフは標準でレス出来ません。

ディーラーオプション(ナビSDカードがダブっておりますw)

・ナビゲーション用SDカード ¥49,500
・フロアマットプレミアム20thAnniversary用 ¥47,080
・セレクティブキーシェル(アーティザンレッド) ¥19,800
・ETC車載器/グローブボックス ¥32,136
 ETCセットアップ ¥2,750

合計¥151,266

諸費用はこのようになっています。

 

MAZDA6 25S Lパケの見積もり

続いて2.5ℓNAガソリンのLパケモデルです。

FFモデルのみは改良前と同じで、車両本体価格は

25S L Package
FF:¥3,858,800

となります。ガソリンモデルはサンルーフの設定はありません。

 

また、改良前はオリエンタルブラウンというかなりお洒落なブラウン内装でしたが、20周年記念車の関係かそれが廃止。ブラック内装に変更されています。

 

支払い総額¥4,398,099!!

20周年記念車から一気に価格が下がりますね(^_^;)

個人的にはLパケ本当にお奨めです。

ガソリンモデルの走りも良くて、欧州車ライクな乗り味にシートベンチレーションも付いて、とても豪華。

リアシートの居住性、座り心地も良くまさにフラッグシップですね。CX-60が硬めなので乗り味だけで見ればまだまだMAZDA6がフラッグだと言えると思います。

ブラックのLパケ内装も新鮮で良さそうなので気になる部分です。

 

ディーラーオプション

・ナビゲーション用SDカード ¥49,500
・フロアマットプレミアム ¥43,780
・ETC車載器/グローブボックス ¥32,136
 ETCセットアップ ¥2,750

合計 ¥128,166

ドライブレコーダーが付いてませんが、セダンのLパケにはリアガラスに電動サンシェードが付いている関係で前後ドラレコの設定がありません。フロントのみであれば選択出来るはず。

諸費用です。

MAZDA6 スポーツアピアランスの見積もり

20周年記念車に続いて新設定の注目グレードです。

改良前に設定のあったブラックトーンエディションがベースとなっております。排気量が2.0NA→2.5NAに変更されたのも大きな部分ですね。外装はブラックのガーニッシュやルーフレールが設定され、一番見た目の変化が大きいグレードになる予感。

メーカーオプションの設定はこちらもボディーカラーのみだったはずです(違ったらすみません)

ブラックのスポーツアピアランスにレッド内装もカッコよさそうw

新設定のプラチナクォーツと赤内装もめっちゃお洒落になりそうですよね!

 

支払い総額¥4,552,105!!

XDの4WDですと結構なお値段!

 

ディーラーオプション

・ナビゲーション用SDカード ¥49,500
・フロアマットプレミアム ¥43,780
・ETC車載器/グローブボックス ¥32,136
 ETCセットアップ ¥2,750
・前後ドライブレコーダー ¥74,806

合計 ¥202,972

スポーツアピアランスには電動シェードが無いので前後のドラレコが設定可能。

 

 

MAZDA6 XD 4WDの見積もり

最後にベースグレードのXDですね。

改良前のPROACTIVEもこちらに集約され、相当な装備がMOP設定されてセットオプションとしてセレクト可能。

この見積もりはPROACTIVE相当の装備になっているものです。パワーシートやMRCCと言った今のクルマ(フラッグシップ)なら付いて欲しい機能が付いてますね。現行カタログのPROACTIVEと同等なので詳細はそちらで確認お願いします。

車両価格は

XD 
4WD:¥3,622,300

MOP付きが¥3,911,600なので¥289,300がMOP価格となります。

支払い総額¥4,312,314!!

XDの4WDがコミコミでこの価格ならコスパ抜群ですね。

実はMAZDA6のファブリック内装もかなり質感が高いんです。おそらくですが、これから自動車メーカーはコストカットや再生可能なマテリアルの使用がメインとなり内装の質感は下がっていく傾向だと思っています。実際CX-60もMAZDA6より内装の質感は若干落ちてるんですよね。(シートの質は良いですが)

 

マツダはデザインが巧いので気にならないですが、マテリアル点数等も少なくなっていくのが今後の流れかなと思います。そう考えるとですが、今のクルマを購入して長く乗るのも凄く良いと思うんです。(話長くなってごめんなさい)

 

ディーラーオプション

・ナビゲーション用SDカード ¥49,500
・フロアマットプレミアム ¥43,780
・ETC車載器/グローブボックス ¥26,526
 ETCセットアップ ¥2,750
・前後ドライブレコーダー ¥76,975

合計 ¥202,972

MAZDA6の年次改良続報として価格・見積もりの紹介でした。

マツダ ニュースリリース

マツダ株式会社(以下、マツダ)は本日、中期経営計画のアップデートと2030年に向けた経営の基本方針を発表しました。各国の…

マツダも長中期計画として電動化を加速するとありますし、純内燃モデルとしては最後になる可能性もあるMAZDA6を購入する最後の改良タイミングかもしれませんね。

20周年記念車やスポーツアピアランスも良いんですが、地味にベースグレードも良いという、マツダの良心の塊カーだと思います。

改良後モデルが取材出来ましたら、何かしらの形で報告します。

 

ではまた。

 

最新情報をチェックしよう!