ゴルフ・オールトラックの試乗レポートをアップ!

ハッチバックもとい【新型MAZDA3ファストバック 】見てきました!

ハッチバックもとい【新型MAZDA3ファストバック 】見てきました!

MAZDA3 ちょっと見てきた感想の報告

 

 

ディーラーに入ったばかりの新型MAZDA3を見させてもらいました!

エンジン等もかける事が出来たのでその辺りの簡単な感想を記録します。

たまに日記プラスアルファ位のものの更新も出来る時にやっていこうと思います。

 

 

MAZDA3は19.5.24に発売となりますが、その展示車や試乗車がディーラーに入ってきたという事で営業の方から連絡があり見てきました。

パッと見て気づいた事を書きだして行こうと思います。

 

※写真撮影はNGでしたので、先行内見会で見てきた北米仕様の画像も使いながら報告します。

 

 

MAZDA3 展示車のグレード・カラー

 

今回見てきたのは3台のファストバック(ハッチバック)でした。

15Sツーリング FF 6AT ¥2,273,880

・ソウルレッドクリスタルメタリック
・スノーフレイクホワイトパールマイカ

XD PROACTIVE Touring Selection FF 6AT ¥2,858,800

・ジェットブラックマイカ

この三台でした!

 

ソウルレッドのファストバックは先行内見でも見てきたので、「また見れた」って感じでしたが、スノーフレイクホワイトパールマイカ、ジェットブラックマイカの車両を直に見るのは初めてだったので新鮮でした!

 

ファストバックにネーミングを変更

 

MAZDA3はハッチバックの名前をファストバックとすることで決定したようです。

※ファストバックというと先日レビューしたフォルクスワーゲン・アルテオンやアウディ・A7などのイメージなのでちょっとネーミングに違和感はありますね。

※ファストバックはルーフからなだらかなラインを描いてリアエンドまでつながる形状のこと

 

フォルクスワーゲン・アルテオン

 

これらのクルマとMAZDA3を見るとちょっとイメージと違いますが、言葉の意味としては外れても無いですね。

 

MAZDA3納期は?

 

19.5.18現在で注文すると7月生産になるそうです。

今注文して8月の盆休み前に納車できるかどうか?という感じみたいですね。

 

 

19.5.24金曜日になればカタログも貰えるそうなので、じっくり眺めたいですね。

あと試乗の予約もさせてもらったので、ツイートとブログでレポートもしようと思います)^o^(

 

MAZDA3 国内仕様を見てきた感想

 

エクステリア

 

 

まずエクステリアですが、黒・白・赤と並んでいたのですが、パッと見た感じはやはりソウルレッドの存在感は凄かったです)^o^(

マツダのメインカラーだけの事はあり、パネルの抑揚も良く見えますし、何より美しい!

素敵なボディーカラーだと思います。

スノーフレイクホワイトは膨張色なので隣に並んだジェットブラックに比べると少し大きく見えました。

ホワイトも良かったなぁ。存在感ありましたね!

黒は一番締まって見えるので小さく見えましたね。特にリアは凝縮感があってこれも良かった。

 

 

私が買うならジェットブラックで内装バーガンディーにしたいと思ってましたが、実物みるとかなり悩みますw

 

 

ファストバック専用のボディーカラーが空の下で見てみたかったですね。これは他の店舗の試乗車も確認しに行こうかな。

エクステリアはヘッドライトや、リアコンビネーションランプで違いがあるのでその時に確認して来ようと思います。

 

 

気になってたポリメタルグレーの展示車のマフラーなんですが、あれは本当にただの試作でどの仕向地でも存在しないそうです。

もしかしたらSKY-X専用装備の大型マフラーカッターかな?と思ってたんですがw

 

 

グリルが丈夫

 

 

フロントのメッシュグリルですが、予想以上に丈夫な感じでした。

ちょっと力入れても全然ビクともしませんw

 

インテリア

 

インテリアでも気付いたことを書きだします。

 

ドアロックスイッチ

 

 

北米仕様ではドアロックスイッチが助手席側にも設定してあったので軽く国内仕様も?と期待したのですが無かったです^_^;

ファミリーで使う方には何かと便利なので。

 

アイドリング音はそこそこ聞こえる

 


試乗は出来ませんでしたが、どちらもエンジンをかけることはできました!

まず1,500ccですが、それなりにエンジン音は聞こえてきました。

静粛性に力を入れているという先行内見でのプレゼンだったのでかなり期待したのですがここも残念でした。

 

 

もう一台のディーゼルも確認しましたが、こちらもディーゼルのカラカラとした音も聞こえてきました。

ガソリンが聞こえるので基本的な防音処理が同じですから聞こえて当然なんですが・・

ディーゼルモデルは外でも音を確認しましたがそちらも同じくでした。

人により感じ方はあると思いますので、気になる方は是非試乗で確認してみて下さい。

 

マツコネはかなり使い易くなってる

 

マツコネは現行のマツコネのメモリー1GBから4GBまでスペックアップしてるそうです。

画面への出力もアナログからデジタルになって解像度もアップ、かなりまともな感じになってました!

北米仕様見た時は階層深いかな?と思いましたが、使い易そうです。

 

 

画面は8.8インチになってますが、地図の表記は7インチマツコネのものより小さい表示になっています。

しかし、サクサク動いてましたし、バックカメラの表示も360°ビューの表示もキレイでしたよ!

 

 

画像左上にあるスイッチパネルに360°ビューボタンが設定されていました。

パーキングの状態で360°ビューのボタンを一度押すとフロントカメラと360°ビューの画像が表示されます。

フロントカメラは通常とワイド表示もありました、あとサイドモニター表示の3パターンですね。

動かせてないのでバック時は確認できていませんが、営業さんのお話ではバックは通常とサイドの2パターンじゃないか?とのこと。

ボタン押すごとに表示切り替え可能になってました。

 

ファブリックのシートも質感・着座感ともに良好

 

ディーラー展示車は全てファブリック内装でしたが、シート、ドアトリム質感は良いですね。

 

 

北米仕様のレザーシートは少し張りがあって硬い印象がありましたが、ファブリックの柔らかさもあってすごく良い着座感でした!

これはさらにドラポジ良くなりますね。

ペダルのレイアウトもほぼ完ぺきと言って良い印象でしたよ)^o^(

 

 

ちょっと気になったのはパワーシートの作動音ですね。

ここはあまり求める所ではないかもしれませんが、特に前後スライドの音が大きく感じました^_^;

参考までに。

 

DVDスロットにもメッキ加飾

 

 

北米仕様ではDVDスロットが無かったので分かりませんでしたが、白い四角辺りにDVDのスロットがあり、メッキ加飾してありました。

プラチナサテンメッキと同じトーンにしてあり、質感良かったです。

さりげなく車内を華やかにしてくれそう。

 

エンジンスタートスイッチですが、Lパケからプラチナサテンメッキになるのでディーラー展示車も同じでした。

 

 

エアコンパネルしたとコンソールのUSBスロットは2.1Aの高速充電対応で、どちらも映像や音楽などの読み込みに対応しているそうです)^o^(

これは嬉しいですねー!

 

各種スイッチの操作感が良くなってた

 

 

先行内見の展示車の調整スイッチは結構スコスコな操作感だったので少しがっかりしてましたが、実際の車両のそれはアウディ程カチッとは来ませんが、近しい感触になって節度感のある操作感でした。これは嬉しい。

 

 

これはマツコネのコマンダーの操作感も同じく良くなってました)^o^(

 

ステアリングはやはり最高にかっこいい

 

 

ステアリングはやっぱり良かった!

レザーはかなりサラッとした質感で程よいグリップ感のある形状。

ステアリングスイッチの質感も相変わらず良くて本当に良いステアリングだと思います。

 

 

このボタンの操作感も良かったですね。

割とクリっと動くのですが軽すぎず、誤って押してしまう事も無さそう。

程良い反力のクリック感でデザインも良いのでずっといじってられるww

 

 

1500ccモデルは低速域でのステアリングアシストのクルージングサポートがありませんので上の画像のように下のメッキボタンの左2つは押せない仕様でした。

1.8XDのPROACTIVEには装備されていたので真ん中のスイッチに配置されていました。

 

取りあえずパッと見て触って気付いたのはこれくらいです。

 

では来週試乗したらまた改めて報告します)^o^(

 

最後に

 

この日はポルシェの911も試乗させて頂きました。


こちらのレビューもさせて頂きますのでアップしたらツイッターで連絡します。

良かったら見てみて下さい)^o^(

 

では。

MAZDA3 2019カテゴリの最新記事